デング熱

更新日 2017年10月13日

デング熱とは

デング熱は、デングウイルスを持った蚊(ネッタイシマカ・ヒトスジシマカ)に刺されることによって生じる感染症です。ヒトからヒトではなく、ウイルスに感染した患者を蚊が吸血すると、蚊の体内でウイルスが増殖し、その蚊が他者を吸血することでウイルスが感染します。

デングウイルスを媒介する蚊が生息する地域は、熱帯・亜熱帯を中心に100か所以上あり、全世界で年間約1億人の患者が発生しているとも言われています。国内でも2014年に約70年ぶりの国内感染が報告されました。 

 

症状

 蚊に刺されてから2~15日(多くは3~7日)が潜伏期間です。

 発熱・頭痛・眼窩痛・関節痛・筋肉痛・皮膚の発疹が主な症状で、多くは1週間程度で回復します。

 

感染予防のポイント

デング熱に有効なワクチンはありません。そのため、予防は蚊との接触を避けることが主になります。
(1)デングウイルスを媒介するヒトスジシマカは日中に活動し、ヤブや木陰などでよく刺します。その時間帯に屋外で活動する場合は、長そで・長ズボンの着用に留意し、素足でのサンダル履きは避けましょう。
(2)虫よけ剤の使用等によって、屋外だけではなく、屋内でも蚊に刺されないように注意しましょう。
(3)室内の蚊の駆除を心がけましょう。
(4)水たまり等、蚊幼虫の発生源を作らないように注意しましょう。

    文京区生活衛生課「蚊の対策について」

 

海外へ渡航される方へ 

 発生地域へ渡航する場合は、長袖・長ズボンを着用したり、蚊の忌避剤(虫よけスプレー等)を使用したりして、蚊に刺されないように注意してください。
また、海外からの帰国者は、発熱等体調に異常がある場合は、到着した空港等の検疫ブースで検疫官に申し出てください。帰国後に症状が認められた場合は、速やかに医療機関を受診し、海外への渡航歴を告げてください。

 

海外渡航時の感染症予防について

 

ジカウイルス感染症に関してはこちら

 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター8階南側

予防対策課感染症係

電話番号:03-5803-1834

FAX:03-5803-1986

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.