文字サイズ
拡大
標準
縮小
色合い
標準
青地に黄色
黄色地に黒
黒地に黄色

みどころ満載!!文京の観光案内はこちら

  • ホーム
  • 手続き・くらし
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • 文化・観光・スポーツ
  • 保健・福祉
  • 防災・まちづくり・環境
  • 産業振興協働
  • 区政情報
ホーム>文化・観光・スポーツ>文京の観光案内>文京ゆかりの文人>森 鴎外 (もり おうがい)
 
 

森 鴎外 (もり おうがい)

更新日 2014年12月16日

1862~1922
小説家・戯曲家・翻訳家・評論家・軍医
本名 森 林太郎

明治6年、11歳で東京医学校予科に入学。
学校が下谷和泉橋から本郷の加賀屋敷跡に移り、その寄宿舎に入る。
東京大学卒業後、軍医となる。
明治17年から約4年間ドイツに留学。
明治23年に駒込千駄木町57番地に住む。後にこの家には夏目漱石が入る。
明治25年1月、駒込千駄木町21番地に住まい、その後2階を増築し「観潮楼」と名づける。
ここが鴎外の文学活動の中心であり、生涯を送った土地である。
観潮楼は、昭和12年の失火と昭和20年の戦災で2度焼けたが、表門跡の礎石や敷石、銀杏の大木、“三人冗語の石”はそのまま残っている。
墓は三鷹市にある禅林寺。

主な作品

  • 『舞姫』
  • 『阿部一族』
  • 『青年』
  • 『山椒大夫』
  • 『雁』
  • 『高瀬舟』

文京区とのゆかり

  • 明治9年:本郷本富士町(現・本郷7丁目) 東京医学校寄宿舎
  • 明治13年:龍岡町(現・湯島4丁目)上条
  • 明治23年:駒込千駄木町57番地(現・向丘2-20-7)
  • 明治25年:駒込千駄木町21番地(現・千駄木1-23-4)
  • 大正11年7月9日:同地にて没

 

※このページでは、どなたにもご覧いただくため、「鴎」を新字で表記しています。ご了承ください。

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター17階北側

アカデミー推進課観光担当

電話番号:03-5803-1174

FAX:03-5803-1369

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.