石川啄木(いしかわ たくぼく)

更新日 2015年05月07日

1886~1912
歌人・詩人・評論家
本名 石川 一(はじめ)

明治19年2月20日、岩手県南岩手郡日戸村常光寺に生まれる。
盛岡中学校を卒業直前に退学し、文学をもって身を立てるために上京して下宿したのは、現在の音羽一丁目八幡坂上。
2度目の上京は、処女詩集『あこがれ』の刊行が目的であったが、最初に落ち着いたのは向ヶ岡弥生町。
3度目の上京では、北海道での放浪生活から創作活動に専念するため、明治41年に、同郷の先輩金田一京助をたよって、菊坂町の赤心館に下宿した。
家賃の滞納で森川町の蓋平館別荘に移り、家族を迎えて弓町の喜之床(現・新井理髪店の地)に移る。
啄木文学のもっとも燃焼した時代である。

 

 ※このページでは、一部の日本語環境で表示できないため、「啄」を新字で表記しています。本来の表記は「キバ」付の「啄」です。

作品

  • 『一握の砂』(明治43年)
  • 『悲しき玩具』(明治45年)
  • 『呼子と口笛』(大正2年)
  • 『時代閉塞の現状』(大正2年)

文京区とのゆかり

  • 明治35年11月:小石川区小日向台町3丁目93番地(現・音羽1-6-1)大館みつ方 
  • 明治37年10月:本郷区向ヶ岡弥生町3番地(現・弥生2-15)村井方
  • 明治41年5月:本郷区菊坂町82番地(現・本郷5-5-16)赤心館
  • 明治41年9月:本郷区森川町1番地新坂359番地(現・本郷6-10-12)蓋平館別荘
  • 明治42年6月:本郷区弓町2丁目17番地(現・本郷2-38-9)喜之床
  • 明治44年8月:小石川区久堅町74番地46号(現・小石川5-11-7)
  • 明治45年4月13日:同地にて没(終焉の地は都指定旧跡)
お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター17階北側

アカデミー推進課観光担当

電話番号:03-5803-1174

FAX:03-5803-1369

メールフォームへ

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555 東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

窓口開設時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時15分

※一部窓口によって、開設時間が異なりますのでご注意ください。
copyright  Bunkyo City. All rights reserved.