子育て支援事業利用者負担軽減 利用料助成制度

更新日 2021年11月19日

本事業の対象は、各種子育て支援サービス利用日時点に前年度の住民税が非課税の世帯または生活保護世帯です。

同じ世帯の方で前年度住民税が課税されている方や生活保護受給者でない方がいらっしゃる場合は対象外となりますので、申請前に今一度ご確認をお願いいたします。   

お知らせ

<令和3年8月1日から新たに対象事業が追加されます令和3年7月21日更新

 

令和3年8月1日から開始する令和3年度ベビーシッター利用料助成制度を利用するにあたって生じた、「入会金」・「年会費」・「交通費」・「キャンセル料」を児童一人当たり年間4万円を上限に助成します。 

詳細は令和3年度ベビーシッター利用料助成制度のページでご確認ください。

<訪問型病児・病後児保育利用料助成制度の助成要件変更について>令和2年12月1日更新

 

子育て支援事業利用者負担軽減利用料助成制度の対象事業の一つである訪問型病児・病後児保育利用料助成制度については、令和2年12月1日以降の病児シッターサービス利用分から、助成要件が一部変更になりました。

 

詳しくは、訪問型病児・病後児保育利用料助成制度のページでご確認ください。 

<助成申請手続きについて>令和2年10月6日更新

 

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、郵送でのお手続きを推奨しております。ご理解、ご協力のほど、よろしくお願いいたします。 

助成申請手続き

各種保育サービスの利用日の3か月後の月末までに、次の書類を提出してください。

(サービス利用前の事前手続きは必要ありません。) 

提出書類 

一時保育事業、病児・病後児保育事業、子育て訪問支援券事業、ファミリー・サポート・センター事業
  1. 前年度の住民税非課税証明書(コピー可。前年1月1日に文京区に住民登録がある場合、省略可)または生活保護受給証明書(原本)
  2. 文京区子育て支援事業利用料助成金交付申請書兼口座振替依頼書(PDFファイル; 323KB) 文京区子育て支援事業利用料助成金交付申請書兼口座振替依頼書(Wordファイル; 71KB)

   ※児童1人につき、1枚ずつ作成をお願いします。
   (申請者以外の口座へ振り込む場合、委任状(PDFファイル; 50KB) 委任状(Wordファイル; 13KB)

 3. 利用日・利用時間等が分かるもの(児童利用票、承認通知書、活動報告書、保育日誌等のコピーなど)

  4. 領収書のコピー

訪問型病児・病後児保育事業
  1. 前年度の住民税非課税証明書(コピー可。前年1月1日に文京区に住民登録がある場合、省略可)または生活保護受給証明書(原本)
  2. 助成金交付申請書兼口座振替依頼書(PDFファイル; 345KB) 助成金交付申請書兼口座振替依頼書(Wordファイル; 88KB)
    (申請者以外の名義の口座へ振り込む場合は委任状(PDFファイル; 50KB) 委任状(Wordファイル; 29KB)
  3. 医療機関に受診したことがわかるもの
    ・診療明細、お薬手帳の写しなど、助成対象となる期間に医療機関を受診したことが分かるものをご提出ください。 
  4. ベビーシッターサービスの利用明細書のコピー(利用日・利用時間等が分かるもの)
    ・利用した児童名、利用日、利用時間等が分かるものをご提出ください。
  5. ベビーシッター事業者の領収書のコピー
  6. 勤務先の福利厚生による助成およびクーポン券等による割引を受けたことが分かるもののコピー
    ・上記に該当がある場合には、対象の利用日および金額等が分かる明細書等をご提出ください。

 ※ 児童扶養手当を受給している方のうち、婚姻によらないひとり親の方は、寡婦(寡夫)控除をみなし適用し、一般の寡婦(寡夫)または特別の寡婦に該当する控除額を所得控除の額に加えて算出した課税総所得金額により非課税に該当する場合は、助成対象になります。この場合、「児童扶養手当証書(コピー)」及び「住民税課税証明書(コピー可)」をご提出ください。

提出方法 

  1. 窓口申請
    文京シビックセンター5階南側子育て支援課までご提出ください。 
  2. 郵送申請

〒112-8555文京区春日1丁目16番21号「文京区子ども家庭部子育て支援課 子育て支援推進担当宛」にご郵送ください。

 申請書類作成時の手引き・記入例

ご提出の際は、申請書類作成の手引き(PDFファイル; 300KB) をご参照ください。

 

記入例は下記をご参照ください。 

事業の概要

  文京区では、住民税非課税の世帯や生活保護を受けている世帯を対象として、各種子育て支援サービスを利用した際の保育利用料の一部を助成し、経済的な負担の軽減を図ります。

 

  ご利用案内(PDFファイル; 901KB) 


 

事業の概要

対象事業

訪問型病児・病後児保育事業

対象児童

文京区に在住で、各種子育て支援サービス利用日時点に前年度の住民税が非課税の世帯(※)又は生活保護を受けている世帯
※婚姻によらないひとり親の方は、寡婦(寡夫)控除をみなし摘要の上判定します。詳細は区へ問い合わせください。 

内容

対象事業の保育サービスの保育利用料が助成対象となります。

生後4か月から小学校3年生までの児童がベビーシッターの派遣による病児・病後児保育サービスを受けた際の保育利用料が助成対象となります。

補助率

〈利用料の半額〉 

一時保育事業(キッズルーム)、子育て訪問支援券事業、ファミリー・サポートセンター事業

〈利用料の全額〉 

病児・病後児保育事業

保育利用料の全額

※勤務先の福利厚生などにより助成を受けている場合や、クーポン券等により支払った場合は、その額を差し引いた金額が助成対象となります。

補助上限額

 児童一人あたり、年間4万円

(4月1日~翌年3月31日) 

助成対象
  • 一時保育事業(キッズルーム)
    キッズルーム目白台、キッズルームシビック、キッズルームかごまちの保育利用料

  • 病児・病後児保育事業
    保坂病児保育ルーム、順天堂病後児ルーム「みつばち」、東京都立駒込病院病児・病後児保育室「ろびん」、ゆうひが丘春日病児保育ルームの利用料

  • 子育て訪問支援券事業(ひとり親家庭子育て訪問支援券は対象外
    文京区の発行する子育て訪問支援券を利用して実施したベビーシッターサービス利用料

  • ファミリー・サポート・センター事業
    文京区社会福祉協議会が実施するファミリー・サポート・センター事業の利用料

次のいずれかに該当する事業者またはNPO法人等のベビーシッター事業者から受けた保育利用料。加盟事業者等の確認は、下記各団体のホームページをご覧ください。 

その他

キャンセル料、入会金、年会費、月会費その他これらに準じる費用は助成の対象になりません。

   

助成金の交付方法

提出いただいた書類を審査し、助成が適当と認めた場合は、「決定通知書」をお送りし、指定された口座に、振り込みにより交付いたします。

審査の結果、助成の対象に該当しない場合は、「不交付決定通知書」によりお知らせいたします。 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター5階南側

子育て支援課子育て支援推進担当

電話番号:03-5803-1256

FAX:03-5803-1345

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.