• ホーム
  • 手続き・くらし
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • 文化・観光・スポーツ
  • 保健・福祉
  • 防災・まちづくり・環境
  • 産業振興協働
  • 区政情報
ホーム>保健・福祉>健康・保健>感染症対策>沖縄県における麻しん(はしか)患者の発生について
 
 

沖縄県における麻しん(はしか)患者の発生について

更新日 2018年04月26日

 

 

平成30年3月20日、沖縄県内で旅行客が麻しんと診断され、当該患者と接触歴のあった者や同じ施設を利用した者を中心に、沖縄県内で麻しん患者の発生が続いています。今後の発生動向に注意してください。特に、沖縄県や海外へ旅行等をする予定がある方は、沖縄県や厚生労働省が提供する情報をご確認ください。 

麻しんについては、平成27年3月に日本由来の麻しんが排除状態にあるとWHO(世界保健機関)に認定されたところですが、平成28年以降、海外渡航者を通じた感染が報告されております。 区内での流行はありませんが、流行地域への渡航歴のある方や麻しん患者との接触のあった方は、健康観察を十分に行い、症状が呈するなど感染が疑われる場合は、事前に医療機関にそのことを電話連絡してからマスクを着用の上、早めに受診しましょう。

 

沖縄県へのご旅行・ご出張を予定されている皆様へ (沖縄県) 

海外渡航時の感染予防について 

麻しん(はしか)とは

麻しんウイルスを原因とする感染症です。典型的には、10日から12日間の潜伏期間の後、38度程度の発熱や咳、鼻水といった風邪のような症状が2日から4日続き、その後39度以上の高熱とともに発疹が出現します。合併症がなければ7日から10日で回復します。

感染経路

感染経路は、空気感染、飛まつ感染、接触感染で、免疫を持っていない人が感染すると、90%以上の人が発症します。 

予防

麻しんは、感染力が強いと言われていますが、予防にはワクチン接種が有効とされています。定期接種(1歳児、小学校就学前1年間の計2回)のタイミングで予防接種を受けましょう。流行時や集団感染があった時などは、ワクチンの在庫状況により接種しづらくなる場合があります。

流行地域へ渡航される方は、罹患歴とワクチン接種歴を必ず確認し、罹患歴がなかったり、接種歴が確認できない場合は、麻しん・風しん 混合ワクチン(MRワクチン)の予防接種をお勧めします。また、ワクチン接種の機会を逃した19歳以下の方は、区の任意予防接種制度を利用できる場合がありますので、ご確認ください。 

子どもの定期予防接種について

ワクチン接種の機会を逃した 19歳以下の方は、区の任意予防接種制度を利用できる場合について 

都民向け情報リーフレット(東京都健康安全研究センター) 

 

 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター8階南側

予防対策課感染症係

電話番号:03-5803-1834

FAX:03-5803-1355

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.