入院時の食費・居住費

更新日 2018年04月02日

入院された際にかかる食事療養費(食費)生活療養費(居住費)については、下表のとおりです。

療養病床以外への入院時の食費(1食につき)

【表1】食費の自己負担額

所得区分

 食費(1食につき)

 現役並み所得・一般

 460円※1

住民税非課税等  区分Ⅱ

過去12か月の入院日数が90日以内    

 210円

過去12か月の入院日数が90日超

(長期入院該当※2)

 160円

 区分Ⅰ

 100円

 

療養病床への入院時の食費(1食につき)・居住費(1日につき)

 ※指定難病患者の方は、表1の食費となり、居住費は0円です。 

【表2】食費・居住費の自己負担額

所得区分

 食費(1食につき)  居住費(1日につき)

入院医療の

必要性が低い方 

入院医療の

必要性が高い方 

 現役並み所得・一般

 460円※3

460円※3 

 370円

 

 

住民税

非課税等

 区分Ⅱ

210円

    210円

(長期入院該当で

160円※2) 

 区分Ⅰ

 130円

        100円

老齢福祉年金受給者

 100円

    100円 

 0円

※1①指定難病患者の方は1食につき260円に据え置かれます。

   ②精神病床へ平成27年4月1日以前から継続して入院した患者の方は、1食につき260円に、当分の間、据え置かれます。

※2過去12か月で入院日数が90日(他の健康保険加入期間も区分Ⅱ相当の減額認定証が交付されていれば通算できます)を超える場合は、入院日数のわかる医療機関の領収書などを添えて申請してください。すでにお持ちの減額認定証に長期入院該当年月日が記載されている 方は、改めての申請は不要です。

  なお、長期入院該当日は申請日の翌月1日となり、申請日から月末までは差額支給の対象となります。 

※3保健医療機関の施設基準などにより420円の場合もあります。

区分Ⅰ・Ⅱ(住民税非課税世帯)の方は、減額認定証の申請および提示が必要です

区分Ⅰ・Ⅱに該当する住民税非課税世帯の方は、減額認定証の提示をすることにより、食費・居住費の減額が適用されます。

詳しくは、限度額適用・標準負担額減額認定証のページをご覧ください。

注意事項

提示がなければ、現役並み所得・一般の方と同じ金額となります。

区分Ⅱで90日を超える長期入院をされる方は、申請が必要です

区分Ⅱに該当する減額認定証の交付を受けていた期間内過去12か月で入院日数が90日を超える場合は、入院日数のわかる医療機関の領収書等を添えて、窓口で申請の手続きをし、認定を受けてください。

詳しくは、限度額適用・標準負担額減額認定証・長期入院該当の申請方法のページをご覧ください。

注意事項

  • 区分Ⅱの長期入院の食費が適用される開始日は、申請された日の翌月1日からとなります。
  • 申請された日から当月末までの差額については、別途、療養費として申請することにより支給されます。
  • 申請日より前の期間については、90日を超えていた期間であっても適用されませんので、90日を超える前に事前に申請をしてください。
お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター11階南側

国保年金課高齢者医療係

電話番号:03-5803-1205

FAX:03-5803-1347

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.