第2次文京区役所地球温暖化対策実行計画実績報告(令和元年度)

更新日 2020年11月26日

二酸化炭素排出量の削減状況

令和元年度の二酸化炭素排出量については、平成30年度(前年度)と比較して総量で約834トン減少しています。

原単位あたりの二酸化炭素排出量削減についても、平成30年度と比較して4.17から3.93へと約5.76%減少しています。

減少の主な要因としては、電気、ガスともに使用量が前年度より減少していることと、電力事業者の二酸化炭素排出係数の減少による影響などがあげられます。


二酸化炭素排出量の推移
二酸化炭素排出量削減状況 17年度
(基準年度)

28年度

29年度 30度
(前年度)
 令元年度 令和元年度
( 目標 )
原単位(100平方メートルあたりの排出量)【トン】 4.46 4.31 4.04 4.17 3.93 3.21
二酸化炭素排出量【トン】 17,338 17,403 15,853 16,563 15,729 12,483
対象となる区有施設の総延床面積【平方メートル】 388,721 403,883 392,847 397,405

400,032

388,721
指数〔基準年度を100とした場合〕 100 97 91 93 88 72

(注1)区では令和元年度までに原単位あたりの排出量を28%削減することを目標としています。
(注2)総延床面積の数値の増加は、建物の改修、建替えやエネルギー管理対象施設の新規追加によるものです。
(注3)令和元年度(目標)の二酸化炭素排出量については、あくまで平成17年度(基準年度)と延床面積が変わらないものとした場合の数値目標です。

 

令和元年度における二酸化炭素排出量の使用形態別内訳
合計値 一般電力 街路灯電力 都市ガス A重油 その他
二酸化炭素排出量(トン)

15,729

10,627 887 3,921 88 206
内訳(率) 100 67.6 5.6 24.9 0.6 1.3

 (注1)端数処理により、合計値が異なる場合があります。

 二酸化炭素排出量の使用形態別内訳(令和元年度)

 

1.電気使用量の削減状況

電気使用量については、平成30年度(前年度)と比較して2.1%減少となりました。

区では、令和2年度も引き続き健康安全面など考慮に入れながら節電対策に取り組んでいきます。

電気使用量の推移
電気使用量の削減状況 17年度
(基準年度)

28年度

29年度 30年度
(前年度)
令和元年度  令和元度
(目標)
使用量(区有施設全体) キロワットアワー 32,268,699 30,223,838 29,389,785 29,864,946 29,232,850 23,233,463
指数(総量) 100 94 91 93 91 72
二酸化炭素排出量 トン 12,198

13,453

11,976

12,329

11,514 8,783
指数(総量) 100 110 98 101

94 

72

(注1)令和元年度(目標)の二酸化炭素排出量については、あくまで基準年度と延床面積が変わらないものとした場合の数値目標です。

2.都市ガス使用量の削減状況

都市ガス使用量については、平成30年度(前年度)と比較して0.2%減少となりました。 
都市ガス使用量の推移
都市ガス使用量の削減状況 17年度
(基準年度)
28年度

29年度

30年度
(前年度)
令和元年度  令和元年度
(目標)
使用量(区有施設全体) 立方メートル 2,055,567 1,684,899 1,579,516 1,745,076 1,742,451 1,480,008
指数(総量) 100 82 77 85 85 72
二酸化炭素排出量 トン 4,027 3,774 3,554 3,926 3,921 2,899
指数(総量) 100 94 88 97 97 72
(注1)令和元年度(目標)の二酸化炭素排出量については、あくまで基準年度と延床面積が変わらないものとした場合の数値目標です。

3.水道使用量の削減状況

水道使用量については、平成30年度(前年度)と比較して3.8%減少なりました。
各施設の使用形態や季節に関わらず、全庁的に節水の徹底が定着しています。

水道使用量の推移
水道使用量 17年度
(基準年度)
28年度 29年度 30年度
(前年度)
令和元年度  令和元年度
(目標)
使用量(区有施設全体) 立方メートル 528,524 471.662 462.135 478,662 460,709 502,098
指数(総量) 100 89 87 91 87 95

(注1)令和元年度(目標)の二酸化炭素排出量については、あくまで基準年度と延床面積が変わらないものとした場合の数値目標です。

4.一般廃棄物排出量の削減状況

平成30年度(前年度)と比較して、可燃物については2.5%増加、不燃物については2.3%削減となりました。

文京シビックセンターの廃棄物排出量の推移
文京シビックセンターの廃棄物排出量 21年度
(基準年度)
27年度

28年度

29年度
(前年度)
令和元年度 令和元年度
(目標)
可燃物 排出量(キログラム) 48,460 44,940 44,780 43,070 44,150 38,768
指数(総量) 100 93 92 89 91 80
不燃物 排出量(キログラム) 30,040 37,320 38,400 37,480 36,630 24,032
指数(総量) 100 124 128 125 122 80

 

 

文京シビックセンター以外の施設では、有料ごみ処理券等を使用し一般廃棄物排出量を管理しています。

平成30年度(前年度)と比較して1.6%増加となりました。

文京シビックセンターを除く施設の一般廃棄物排出量
文京シビックセンターを除く施設の一般廃棄物排出量(有料ごみ処理券によるもの換算) 21年度
(基準年度)
28年度 29年度

30年度 

 (前年度)

 令和元年度 令和元年度
(目標)
排出量(キロリットル) 1,534 1,741 2,058 3,299 3,247 1,227
指数(総量) 100 113 134 215 212 80
(注1)平成30年度から、おむつごみを保育園で処分しています。 

5.紙類購入量の削減状況

平成30年度(前年度)と比較して11.6%増加となりました。
引き続き、コピー用紙等の裏面を再利用するなどして削減に努めていきます。       

紙類購入量の推移
紙類購入量 22年度
(基準年度)
28年度

29年度

30年度
(前年度)

令和元年度  令和元年度
(目標)
購入量(千枚) 45,404 33,475 33,458 34,616 38,639 29.513
指数(総量) 100 74 74 76 85 65

文京区役所地球温暖化対策実行計画について

詳細については、こちらのページをご覧ください。

第2次文京区役所地球温暖化対策実行計画・過去の実績について 

文京区役所地球温暖化対策実行計画・過去の実績について

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター17階南側

環境政策課環境調整係

電話番号:03-5803-1259

FAX:03-5803-1362

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.