あんしん居住制度助成

更新日 2023年08月07日

『あんしん居住制度』とは、見守りサービスなどを提供することで、高齢者等の急病・孤立死などへの不安を解消し、住み慣れた地域で安心して居住できるよう支援する制度で、(公財)東京都防災・建築まちづくりセンターが実施しています。

区ではこの制度を利用する方に対して、利用に係る費用の一部を助成しています。 

サービス内容

A  見守りサービス

生活リズムセンサー、緊急通報装置、携帯用ペンダントにより、安否確認や緊急時のサービスを24時間行います。

B  葬儀の実施

契約者が死亡した場合、葬儀(火葬のみ)を手配します。

C  残存家財の片付け

契約者が死亡した場合、住宅内に残された家財の片づけを手配します。

 

利用方法は、契約時に費用を一括して支払う「預かり金タイプ」と、月々のサービス利用料金を支払う「月払いタイプ」があります。 

サービス内容の詳細は、(公財)東京都防災・建築まちづくりセンター「あんしん居住制度」(外部ページにリンクします)をご覧ください。 

利用申込みやお問い合わせは(公財)東京都防災・建築まちづくりセンターあんしん居住担当 03-5989-1784まで(受付時間 平日9~17時まで)

 区の助成の対象となる世帯

  •  高齢者世帯…満60歳以上の方のみで構成する世帯
  •  障害者世帯…身体障害者手帳、愛の手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方がいる世帯
  •  ひとり親世帯…18歳未満のお子さんがいる母子家庭・父子家庭、又は父母の死亡等により18歳未満のお子さんを祖父母等が養育している世帯

区の助成を受けられる要件(全てに該当する必要があります)

  1. 世帯の前年の所得が一定基準以下である
  2. 区内に引き続き1年以上居住している
  3. 緊急連絡先がある 
  4. 住宅に係る他の公的助成を受けていない

助成額

預かり金タイプ

支払った事務手数料(消費税を除く)の3分の1(百円未満切捨て)

月払いタイプ

支払った事務手数料(消費税を除く)全額

(注) 区からの助成は、初めて契約する時に支払う事務手数料のみとなります。契約更新時に支払う事務手数料は、助成対象ではありません。

助成を受けるまでの流れ

⑴(公財)東京都防災・建築まちづくりセンターあんしん居住担当へ契約の申込みを行ってください。

⑵申込み後、以下の必要書類を準備し、文京区福祉住宅サービスへ申請してください。

  • 世帯全員の前年の所得を証明する書類(課税証明書等)
  • あんしん居住制度の利用料領収書
お問い合わせ先

事業内容に関するお問い合わせはこちらへ 

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター11階北側

福祉住宅サービス

電話番号:03-5803-1238

FAX:03-3816-0088

 

その他のお問い合わせはこちらへ 

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター11階北側

福祉政策課福祉住宅係

電話番号:03-5803-1220

FAX:03-5803-1357

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.