産前産後休暇・育児休業

更新日 2022年10月24日

1 育児短時間制度を利用しています(利用予定です)。指数はどのように決まりますか?

A. 以下の(1)、(2)両方に該当する場合は、正規の就労日数・時間に基づき指数を決定します。

(1)短縮後の就労時間が1日6時間以上の場合または正規の就労時間に比べて2時間以内の短縮の場合

(2)週あたりの就労日数が変わらない場合

(例:週5日9時間就労 ⇒ 時短で週5日6時間就労の場合は、週5日8時間の就労条件で指数を決定する)

※直近3カ月の実績についても(1)、(2)を満たしたうえで、育児短時間勤務の時間分の実績があれば、正規の就労日数・時間分の実績がなくても、正規の就労時間で指数決定します。

  

 

2 育児休業中の場合は、直近3カ月の実績がないので、基本指数が減ってしまいますか。

A. 育児休業制度を取得されている場合は、実績を遡り、産前休暇前の実績で点数をつけることができます。

ただし、自営業やパート勤務の方や、出産に伴い一旦退職した方は、自主育休(育児休業制度の取得ではない)のため、お子さまが満2歳を超えてしまうと、産前休暇前の実績を見ることができなくなり、新規就労者としての取り扱いとなります。 

 

 

3 下の子の育児休業中に、上の子の転園を希望する場合は何点になりますか。

A. 下の子の育児休業中に上の子の転園を希望する場合は、育児休業中の方の基本指数が5点になります。

ただし、上の子が認可保育園に在園、下の子が育児休業中の場合で、上の子の転園申請と同時に下の子の入所申請をする場合は、職場復帰の意思があるとし、本来の基本指数で選考します。 

また、下の子が保留通知希望の場合は、職場復帰の意思がないとし、基本指数が5点となります。 

 

 

4 育児休業中に申し込みを行って、入園月に復帰予定でしたが、復帰のタイミングで転職することとなりました。前の職場での復職証明書が提出できなくなるのですが、選考はどうなりますか。

A. 申込後から入園するまでに転職が決まった場合は、以下の条件を満たせば、当初のまま選考または入園することができます。

 ①前職の退職日から転職先の就職日までが、3カ月以内である。

 ②入園月中に前職の勤務日数・勤務時間と同等の就労を開始する。

 

 上記を満たす場合は、速やかに、「変更届」「在職・採用内定証明書」「退職日の分かる書類」をご提出ください。 

 

 条件を満たせない場合は、内定取り消しや求職活動要件への変更になる場合がありますので、幼児保育課入園相談係にご相談ください。

 

5 職場に復帰しましたが、部分育休を取得しています。基本指数は、どのように算定されますか?

A. 完全に復帰していない場合は、育児休業中とみなし、産前休暇前の実績により、基本指数が算定されます。ただし、育児休業中とみなされるので、調整指数の受託や待機は加算されません。

 

 

6 上の子が入園した後、下の子を出産予定です。下の子の育児休業を取得しつつ、上の子を保育園に通わせる場合は、職場で1カ月以上の勤務が必要になりますが、その1カ月はいつから起算されますか。

A.復帰した日から起算し、1カ月以上の就労が必要です。

(例:4月15日復帰→5月14日まで就労が必要)

 

 

 

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.