観潮楼跡

更新日 2014年12月19日

森鴎外が大正11年(1922)に没するまで、『青年』『雁』『高瀬舟』など数々の名作を著した住居跡。
鴎外は、後に夏目漱石が小説『吾輩は猫である』を書いたことで知られる「猫の家」から、明治25年(1892)にここに移った。
2階の書斎から東京湾が遥かに見えたので、観潮楼と名づけた。
明治40年(1907)からは観潮楼歌会も催され、佐佐木信綱、与謝野鉄幹、伊藤左千夫、石川啄木なども参会した。

 平成24年11月1日、森鴎外生誕150年を記念し、この「観潮楼」跡地に文京区立森鴎外記念館が開館。

【所在地】文京区千駄木1-23-4[地図]
【お問い合わせ先】03-3824-5511(文京区立森鴎外記念館)
【交通のご案内】

  • 東京メトロ千代田線「千駄木」駅より徒歩5分
  • 東京メトロ南北線「本駒込」駅より徒歩10分
  • 都営三田線「白山」駅より徒歩15分
  • JR山手線「日暮里」駅より徒歩15分

※文京区コミュニティバス「Bーぐる(千駄木・駒込ルート)」をご利用の場合、「17番:千駄木駅」「18番:特養ホーム千駄木の郷」が便利です。

 

※このページでは、どなたにもご覧いただくため、「鴎」を新字で表記しています。ご了承ください。

 
 
ページの先頭へ戻る
PC版へ

文京区役所

〒112-8555

東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.