企画展

更新日 2020年02月19日

区民の皆様へ優れた芸術に触れる機会を提供し、文化創造への関心の向上、文化活動への一層の参加促進を図るために、毎年度「企画展」を開催しています。

 

過去の企画展

令和元年度企画展「没後1年  洋画家 村田省蔵がみつめた情景ー金沢市友好都市締結記念によせてー」

2018年7月14日に89歳でご逝去された洋画家・村田省蔵氏(1929 - 2018) は、文京区駒込神明町に居を構えられていたご縁から、2006年より「文京区 秋の文化祭絵画展」の主席審査員(2018年度は顧問)に就任され、本区の文化・芸術の振興に多大なるご尽力を頂いてきました。

 

1929年、金沢市に生まれた村田氏は、17歳で金沢美術工芸専門学校(現在の金沢美術工芸大学)の予科で洋画を学び始めます。在学中は、日展をはじめとする美術展において入選を重ね、1950年に同学校を卒業後も引き続き研究科に籍を置きながら制作を継続。新たに洋画主任教授となった小絲源太郎に師事し、情緒豊かな日本の気候風土を表現した油絵作品を数多く生み出しました。

 

1951年、22歳で上京し文京区へ拠点を移したのちも、産業経済新聞社図案課に勤めながら精力的に制作を続け、日展、光風会、新日展にて入選を重ねます。30歳で東京都保谷市のアトリエへ転居するまでの8年間を過ごした文京時代は、氏の画業を通観する上で、重要なベースとして位置づけられると言えるでしょう。

 

1967年、38歳で経験したヨーロッパ周遊では、フランス・スイス・ドイツ・イタリア・イギリス・アメリカなど欧州各国を歴訪し、画風のターニングポイントを迎えます。以降も折に触れてメキシコへ赴くなど積極的に海外へと視点を向け、それまで落ち着いたトーンが中心だった色彩構成に、鮮やかな色調を加えた画風を確立していきました。

 

制作の行き詰まりを海外での取材を通して乗り越え、新たな表現を得た40代に、東京から鎌倉へと拠点を移します。ここで、海外で感じた現地の空気感を作品へと昇華させていきました。また、制作と並行して日展審査員を務めるなど、日本美術界の醸成を担う立場としても活躍の場を広げました。

 

1986年、57歳で鎌倉・浄明寺へアトリエを構えて以降は、日展評議員、金沢学院大学美術文学部教授を務めるなど後進の指導にもあたり、1998年の内閣総理大臣賞、2004年の紺綬褒章、2006年の恩賜賞・日本藝術院賞受賞および日本藝術院会員就任、2011年の旭日中綬章などの受賞歴からうかがえる通り、日本美術界において著名な洋画家のひとりとして画壇に名を残しています。

 

本展では、金沢から出発した村田氏の画業において、文京時代から鎌倉時代、円熟を迎えた晩年の作品まで約21点の絵画を中心に、ご遺族のご協力を頂戴した遺作展を開催いたします。また本展は、2019年8月に村田氏の生誕地である金沢市と本区が友好交流都市協定を締結した記念事業のひとつとして、金沢市所蔵の作品も本区初公開いたします。村田省蔵作品の魅力に触れられる貴重なこの機会を、ぜひ多くの皆さまにご高覧いただけましたら幸いです。

 

  

【会期】令和2年2月15日(土曜日)~ 2月23日(日曜日)

         午前10時~午後6時(最終日は正午まで)

【会場】文京シビックセンター1階ギャラリーシビック(文京区春日1‐16‐21)

【入場料】無料

【主催】文京区

【協力】村田家ご遺族、金沢市、石川県立美術館 

 

【図録販売について】

図録販売価格:320円

2月19日(水曜日)より、窓口購入または郵便購入にてお求めいただけます(ギャラリー会場ではお取り扱いしておりません)。図録購入方法の詳細はこちらから

 

 チラシ表面

チラシ裏面 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター17階北側

アカデミー推進課文化事業係

電話番号:03‐5803‐1120

FAX:03‐5803‐1369

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.