近隣公害について

更新日 2015年07月24日

区には、公害に関する様々な苦情、相談が寄せられます。住環境の密集化、家庭用機器の普及、価値観・生活様式の多様化によりその内容も多種多様にわたっています。

中でも、工場や建設現場などに属さない作業場、飲食店、商店、一般家庭に起因するいわゆる「近隣公害」といわれています。

日常生活に伴って発生する近隣公害は、ちょっとした注意や配慮により解決することがよくあります。日頃から近隣関係を良好に保てば、問題が起きるのを未然に防ぐこともできます。

相手の立場になって考え、近隣への思いやりの心を持ちましょう。

苦情は早めに直接相手へ

相手を知っていても知らなくても、苦情を言うには勇気がいります。しかし、黙っていては何も解決しません。もしかしたら、相手は迷惑をかけていることに気づいてないかもしれません。

苦情を言うときは、冷静に、問題点を相手に分かりやすく伝えるようにしましょう。

苦情は早めに直接相手へ伝えましょう

相手のことも考えて

「これくらいならだいじょうぶ…」と思っていたのに苦情を言われることもあります。「そんなはずないのに…」とあなたは思っていても、相手の人は困っているから苦情を言ってきたのでしょう。

苦情を言われたら、相手の話を謙虚に聞き、よく話し合って改善できることがあればすぐ実行しましょう。

また、近所に迷惑をかけるような作業などを行う場合、必ず事前に一言ことわりましょう。

相手のことも考えましょう

苦情が発生しないために

日常生活をする上で下記に該当する機器や作業は騒音、ばい煙・悪臭による相談、苦情が多く寄せられています。

騒音

ばい煙・悪臭

近隣公害の騒音と振動の規制基準について

日常生活で発生する騒音・振動を規制するため東京都では「都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(東京都環境確保条例)」で基準を定めています。

基準値は以下の表の通りになります。

(1) 騒音規制基準一覧(都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(環境確保条例)第136条、別表第13の1による。)

騒音規制基準一覧(都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(環境確保条例)第136条、別表第13の1による。)

区域の区分

用途区域

時間の区分


6時~8時


8時~19時


19時~23時

深夜
23時~6時

第1種区域

第1種低層住居専用区域
第1種文教地区

40

45

40

40

第2種区域

第1種中高層住居専用区域
第2種中高層住居専用区域
第1種住居地域
第2種住居地域

45

50

45

45

第3種区域

近隣商業地域
商業地域
準工業地域

6時~8時

8時~20時

20時~23時

23時~6時

55

60

55

50

(注)測定地点:騒音源の存する敷地と隣地との境界線(単位:デシベル)

 

(2) 振動規制基準一覧(都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(環境確保条例)第136条、別表第13の2による。)

振動規制基準一覧(都民の健康と安全を確保する環境に関する条例(環境確保条例)第136条、別表第13の2による。)

区域の区分

用途区域

時間の区分

昼間
8時~19時

夜間
19時~8時

第1種区域

第1種低層住居専用区域
第1種中高層住居専用区域
第2種中高層住居専用区域
第1種住居地域
第2種住居地域

60

55

第2種区域

近隣商業地域
商業地域
準工業地域

8時~20時

20時~8時

65

60

(注)測定地点:振動源の存する敷地と隣地との境界線(単位:デシベル)

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター17階南側

環境政策課指導担当

電話番号:03-5803-1260

FAX:03-5803-1362

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.