2050年「ゼロカーボンシティ」を目指すことを表明しました

更新日 2022年03月03日

文京区は、令和4年2月文京区議会定例議会区長施政方針において、2050(令和32)年までに二酸化炭素排出量を実質ゼロにする「ゼロカーボンシティ」を目指すことを表明しました。 

文京区長施政方針(抜粋)

近年、これまで体験したことのない豪雨による災害や、猛暑等の異常気象による被害が、世界各地で発生しております。

国際的な枠組みで取り組んでいる地球温暖化対策に区としても積極的に取り組むとともに、災害対策の充実・強化を図るほか、だれもが快適で、安全・安心な暮らしを送ることができる、都市基盤の整備を進めてまいります。

まず、環境保全については、区の二酸化炭素排出量の削減目標の速やかな達成を目指すとともに、文京シビックセンターにおいて、二酸化炭素を排出しない、再生可能エネルギー100%の電力を導入いたします。

さらに、地球温暖化対策には、区民や事業者の協力が不可欠であることから、区と契約する事業者へ省エネルギー等の環境に配慮した取り組みを促すなど、脱炭素社会に向けた機運を醸成するとともに、必要な支援を実施いたします。

加えて、区内大学間の協力体制づくりを促し、取り組みの中で得られた知見等を区民へ還元することで、施策の実効性を高め、2050 年までに、二酸化炭素排出量を実質ゼロとする「ゼロカーボンシティ」を目指してまいります。

ゼロカーボンシティの実現に向けた取組

 文京区は、「文京区地球温暖化対策地域推進計画」に基づき、区民・団体、事業者、区が共通の目標に向かって5つの分野別の行動計画(アクションプラン)を推進し、「脱炭素社会」の実現を目指します。

令和4年度の重点施策として新たに次の事業に取り組みます

(1) 脱炭素社会を目指す「クールアース文京都市ビジョン」実現への地域全体での取組による推進

 令和2年3月に改定した「文京区地球温暖化対策地域推進計画」に掲げた区が目指すべき将来の社会の姿である、脱炭素のまちを目標とした「クールアース文京都市ビジョン」を実現するためには、

 区の二酸化炭素排出量の半分以上を占める民生(業務)部門の取組が必要不可欠です。

そのため、脱炭素社会を目指すことに賛同する事業者の皆様とともに、気候変動対策に関する取組を一層推進していきます。

 

 (1) 「文京区地球温暖化対策地域推進計画」に掲げた「クールアース文京都市ビジョン」や脱炭素社会を目指すことについて賛同する事業者等を募り、事業者が実施する取組や効果等を協議会で共有、発信等を行います。賛同を得た事業者の具体的な取組を「見える化」し発信することで、他の区内事業者への啓発、取組を促進します。

 

(2)区と契約する事業者へ、省エネルギー対策等につながるチェックリストを提供し、環境に配慮した取組を促します。

あわせて、東京都の「中小規模事業所向け省エネルギー診断」等の活用を勧奨します。チェックリストで省エネ対策を確認することで、事業者が効果的な省エネ手法と経費削減効果についての認識を促し、自発的かつ継続的な取組のきっかけづくりとしていきます。 

 (2)シビックセンターにおける再生可能エネルギー電力の導入

区のすべての事務事業で発生する二酸化炭素のおよそ30%を占める、文京シビックセンターの電力について、今後、地球温暖化対策への取組を更に進めるため、二酸化炭素を排出しない再生可能エネルギー100%の電力への切り替えを行います。 

文京区地球温暖化対策地域推進計画 

文京区地球温暖化対策地域推進計画

文京区役所地球温暖化対策実行計画 

第3次_文京区役所地球温暖化対策実行計画 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター17階南側

環境政策課地域環境係

電話番号:03-5803-1276

FAX:03-5803-1362

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.