更新日:2024年5月24日

ページID:3626

ここから本文です。

保護司

保護司とは

保護司は、保護司法に基づき、法務大臣から委嘱された非常勤の国家公務員です。ただ、ボランティアなので給与は支給されません。保護司になるためには、社会的人望がある等、保護司法に規定された条件を満たす必要があります。

保護司は、民間人としての柔軟性と、地域の実情に通じているという特性を活かしながら、犯罪や非行をした人の立ち直りを支え、地域の犯罪予防活動に取り組んでいます。

例えば、保護観察官と協力しながら、保護観察中の人と月に数回面接をし、生活状況を見守ったり、相談に乗ったり、指導したりします。(保護観察)相談に乗ると言っても、時には就職支援のためハローワークに付き添ったり、家族との折り合いが悪ければその間に入って調整したりと、活動の仕方は様々です。

また、刑務所や少年院に入っている人の家族等(引受人)に会い、矯正施設出所後の生活の見通しについて、話を聞いたりします。(生活環境の調整)

(法務省保護局編集「保護司と学校との連携パンフレット」より)

文京区保護司会とは

保護司は、保護司に委嘱されると同時に保護区に配属され、それぞれに配属された保護区において保護司会に加入します。文京区保護司会は地域におけるネットワークづくりや、保護司研修の実施、「社会を明るくする運動」等の犯罪予防活動等を行っています。

文京区保護司会広報誌『情報』

文京区保護司会の活動を広く周知するために、保護司会が年4回、広報誌『情報』を発行しています。

※令和3年6月より、区HPに掲載を開始しました。

シェア ポスト

お問い合わせ先

福祉部福祉政策課地域福祉係

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号
文京シビックセンター11階北側

電話番号:

ファクス番号:03-5803-1357

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?