軽自動車税

更新日 2017年03月09日

区制70周年記念原動機付自転車オリジナルナンバープレートはこちらから

よくある質問(FAQ)

 

ガソリンや電気などの動力で走る車には、税金がかかります。車の排気量、車種などによって、自動車税(都税)と軽自動車税(特別区税)に分かれています。軽自動車税は原動機付自転車、小型特殊自動車、二輪の小型自動車、軽自動車(これらを軽自動車等といいます。)にかかります。

納税義務者と税額

納税義務者

軽自動車税は4月1日現在、文京区内に定置場(使用の本拠地)がある車の所有者(法人を含む)にかかる税金です。
軽自動車税は、月割課税制度がありませんので、4月2日以降に所有された方は、その年度は課税されませんが、4月2日以降に他の人に譲ったり、廃車手続をされてもその年度の税金は、全額納めていただくことになります。

税額

納税通知書は、毎年5月10日頃にその年の4月1日現在の所有者に送付します。
この通知書で、5月31日(ただし、31日が土・日曜日の場合は翌月月曜日)までに、お近くの銀行、信用金庫、ゆうちょ銀行、郵便局などの金融機関やコンビニエンスストア(バーコード付きの納付書に限る)で納めてください。

インターネットバンキング、モバイルバンキングやATMで支払うこともできます。

 

【注意】Pay-easy(ぺイジー)で納付期限内に納付し未納の税金が無い場合、車検のある車両については、6月中旬頃に、「継続検査用の軽自動車税納税証明書」(はがき形式)を郵送いたします。

6月中旬より前に納税証明書が必要な場合は、Pay-easy(ぺイジー)を利用せずに、窓口(ゆうちょ銀行・郵便局または金融機関、コンビニエンスストア)でお納めください。

ぺイジーマークぺイジー、コンビニエンスストアでの納付については、こちらもご覧ください。

原動機付自転車・二輪車・小型特殊自動車

原動機付自転車・二輪車・小型特殊自動車の税額
車種区分 税額
原動機付自転車 50cc以下
0.6kw以下
2,000円
50cc超~90cc以下
0.6kw超~0.8kw以下
2,000円
90cc超~125cc以下
0.8kw超~1.0kw以下
2,400円

ミニカー

20cc超~50cc以下
0.25kw超~0.6kw以下

3,700円
二輪の軽自動車 125cc超~250cc以下 3,600円
二輪の小型自動車 250ccを超えるもの 6,000円
小型特殊自動車 

農耕作業用自動車

(トラクターなど)

2,400円
その他のもの

(フォークリフトなど)

5,900円

 

三輪及び四輪以上の軽自動車  

三輪及び四輪以上の軽自動車の税額
 車種区分

平成27年3月31日までに
新規検査した車両
(旧税率)

平成27年4月1日以降
新規検査した車両
(新税率)

新規検査から
13年を経過した車両 

(重課税率)

三輪

3,100円 3,900円 4,600円

四輪以上

乗用営業用

5,500円 6,900円 8,200円

乗用自家用

7,200円 10,800円 12,900円

貨物営業用

3,000円 3,800円 4,500円

貨物自家用

4,000円 5,000円 6,000円

 ※新規検査年月は、自動車車検証に記載されている「初度検査年月」です。

 

【重課税の対象から除外される車両】

  • 電気軽自動車 、天然ガス軽自動車、メタノール軽自動車、混合メタノール軽自動車、ガソリンを内燃機関の燃料として用いる電力併用軽自動車(ハイブリット車)、被けん引車

重課税率の適用早見表はこちらをクリックしてください(PDFファイル; 35KB)

 

このページのトップへ

グリーン化特例(軽課)  

環境性能の優れた軽四輪車等の普及を促進するため、平成28年4月1日から平成29年3月31日までに新規取得した三輪及び四輪以上の軽自動車(新車)で、排出ガス性能及び燃費性能の優れた環境負荷の小さいものについて、軽自動車税の税率を軽減する措置「軽自動車税のグリーン化特例(軽課)」を行います。(新規取得の翌年度分1年限り。)

 

軽乗用車

対象車

内容

電気自動車等 税率を概ね75%軽減
平成32年度燃費基準+20%達成車 税率を概ね50%軽減
平成32年度燃費基準達成車 税率を概ね25%軽減

 

軽貨物車
対象車

内容

電気自動車等 税率を概ね75%軽減
平成27年度燃費基準+35%達成車 税率を概ね50%軽減
平成27年度燃費基準+15%達成車 税率を概ね25%軽減

 

・「電気自動車等」は電気自動車及び天然ガス自動車(ポスト新長期規制からNO×10%低減)とする。

・ガソリン車・ハイブリット車は、いずれも平成17年排出ガス基準75%低減達成車(★★★★)に限る。 

軽課税率表はこちらをクリックしてください(PDFファイル; 33KB)

 

このページのトップへ

申告(登録・廃車・名義変更等)

申告が必要なとき 

軽自動車等を取得したり、所有しなくなったり、また転居などした場合は申告が必要です。

  • 車を所有したとき
  • 車を他の人に譲渡(売買)するとき
  • 車が盗難に遭ったとき(警察への盗難届出は必ずしてください)
  • 標識(ナンバープレート)を破損・紛失したとき
  • 車の排気量に変更があったとき
  • 住所・氏名・定置場などに変更があったとき
  • 車を処分するとき
  • 所有者の方が亡くなったとき

申告窓口 

 車種により、申告場所が異なります。

 

申告窓口
車種 申告窓口
原動機付自転車 文京区税務課税務係
文京区春日1-16-21
電話03-5803-1152
小型特殊自動車
軽自動車 四輪以上

軽自動車検査協会東京主管事務所練馬支所(外部ページにリンクします)
板橋区新河岸1-12-24
電話050-3816-3101

三輪
二輪の軽自動車(250cc以下)

練馬自動車検査登録事務所(外部ページにリンクします)
練馬区北町2-8-6
電話050-5540-2032

二輪の小型自動車(250ccを超えるもの)

 

このページのトップへ

 原動機付自転車・小型特殊自動車の申告(区役所へ申告)

原動機付自転車・小型特殊自動車は、区役所で標識(ナンバープレート)の交付・返納手続きをします。

申告に必要なもの
申告の内容 申告に必要なもの

登録

新規購入

販売証明書、印鑑、窓口に来る方の本人確認できるもの(免許証、健康保険証など)

転入

廃車手続き済

廃車証明書、印鑑、窓口に来る方の本人確認できるもの(免許証、健康保険証など)

未廃車

標識交付証明書、標識(ナンバープレート)、印鑑、窓口に来る方の本人確認できるもの(免許証、健康保険証など)

譲渡

廃車手続き済

廃車証明書、譲渡証明書、印鑑、窓口に来る方の本人確認できるもの(免許証、健康保険証など)

未廃車

標識交付証明書、標識(ナンバープレート)、譲渡証明書、印鑑、窓口に来る方の本人確認できるもの(免許証、健康保険証など)

廃車(注)

標識交付証明書、標識(ナンバープレート)、印鑑

(注) 文京区から23区内へ転出する場合は転出先の区でナンバー変更の手続きができます。あらかじめ必要な書類等を転出先の区へお問い合わせください。ただし、廃車証明書が必要な場合は、文京区で廃車手続きをした後、転出先の区で登録手続きとなります。また、23区外へ転出される場合は、あらかじめ転出先の市町村へお問い合わせください。 

その他注意事項

■法人名義の場合

文京区で初めて登録するときは、法人登記簿の写しが必要です。
また、事業所の所在地と定置場が異なる場合、区内に定置場があることを証明できる到着郵便物、公共料金の領収書も必要となります。
印鑑は「社印」及び「代表者印」を押印してください。

■区に住民登録がない方が登録する場合 

区内に定置場があることを証明できる賃貸契約書、到着郵便物、公共料金の領収書のいずれか一つが必要です。
また、運転免許証などで住民登録地の確認もさせていただきます。 

■廃車の際、ナンバープレートを紛失等で返却できない場合

弁償金として200円を納めていただきます。

■盗難で廃車する場合

警察で「盗難届の受理番号」を確認してください。
(廃車申告書に、受理年月日・受理番号・届出警察署名を記入していただきます。)

■本人が申請できず、代理の方が窓口で手続きされる場合

委任状が必要となります。  

軽自動車税申告書、申請書(原動機付自転車・小型特殊自動車用)各種様式 

軽自動車税申告書、申請書等各種様式のダウンロードはこちらから

 

  • 「軽自動車税申告(報告)兼標識交付証明書」 (登録用)
  • 「軽自動車税廃車申告書兼標識返納書」 (廃車用)
  • 「委任状」
  • 「譲渡証明書」
  • 「標識交付証明書再交付申請書 」

 

軽自動車(四輪・三輪)、オートバイ(125ccを超えるもの)の申告

上記の申告窓口へお問い合わせの上、手続きをしてください。

 

このページのトップへ

盗難にあった方

もよりの警察署に盗難届(被害届)を出されるとともに、廃車の手続きをしてください。
盗難届を出しただけでは廃車になりませんので引き続き課税されます。

※警察署に届け出られた日付、警察署名、受理番号が必要になります。必ず控えてください。

 

このページのトップへ

減免制度について

減免の対象 

次のような場合には、軽自動車税が減免されることがあります。減免は普通車を含めて1台に限ります。

■障害者の方(身体障害者手帳・戦傷病者手帳・療育手帳・愛の手帳・精神障害者保健福祉手帳の交付を受けている方)が利用される軽自動車等で次のいずれかのもの
  • 障害者の方または同一世帯の方(生計を一にする方)が所有し、身体障害者手帳・戦傷病者手帳の交付を受けている方本人が運転する場合
  • 障害者の方または同一世帯の方(生計を一にする方)が所有し、障害者の方の通学、通院、通所などのため、その世帯のどなたかが運転する場合
  • 障害者のみの世帯で、障害者の方が所有し、障害者の方の通学、通院、通所などのため、障害者の方を常時介護する方が運転する場合
■構造が専ら身体障害者等の利用に供するための軽自動車等
■災害により被災された方
■生活保護法の規定により保護を受けている方

減免の申請 

減免を受けようとする方は、納期限の7日前までに申請を行ってください。
申請方法など詳しくは、税務課税務係軽自動車税担当(電話03-3812-7111内線2272)までおたずねください

このページのトップへ

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター10階南側

税務課税務係

電話番号:03-5803-1152

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555 東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

窓口開設時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時15分

※一部窓口によって、開設時間が異なりますのでご注意ください。
copyright  Bunkyo City. All rights reserved.