思い出のランドセルギフト

更新日 2021年03月04日

眠っているランドセル、ありませんか?

新型コロナウイルス感染症の感染状況に応じ開催方法等が変更になる場合があります。 
開催日前にこのページ又は下記お問い合わせ先にてご確認ください。 

 

アフガニスタンは、貧困等によって多くの児童が学校教育を受けることが困難な地域です。

そこで暮らす子どもたちの就学に役立てるため、人道支援と国際協力の機会としてランドセルを回収します。(協力:公益財団法人ジョイセフ)

日時

令和3年3月29日(月曜日)
午前9時30分から午後3時まで

場所

区民ひろば(文京区春日1-16-21  文京シビックセンター地下2階)

※新型コロナウイルス感染症対策(手洗いの徹底、マスクの着用等)へのご協力をお願いします。 

方法
  1. 寄贈するランドセルを準備します。 
    新品の学用品(ノート、鉛筆、色鉛筆、消しゴム、鉛筆削り等)を贈る場合はランドセルに入れてください。
  2. ランドセルと、海外輸送費募金(現金1,800円)を回収日に回収場所へご持参ください。 
注意事項 
  • 輸送費1,800円は、つり銭がないようにご準備ください。 
  • 回収日当日以外にお持ちいただいたランドセルはお受け取りできません。 
    当日ご都合がつかない方は、公益財団法人ジョイセフを通じてランドセルを贈ることができますので、公益財団法人ジョイセフのホームページ(外部ページにリンク)をご覧ください。
  • 破損が激しいランドセルは贈れません。
    ベルトや留め具が破損しているもの、劣化状態が著しく激しいものはお受け取りできない場合があります。
  • 宗教上の理由で、アフガニスタンには豚革製のランドセルは贈れません。
    豚革製かどうかは、ランドセルの裏蓋側でご確認ください。写真のような毛穴があるのは豚革製の特徴です。
     
  • 使いかけの学用品は贈ることができません。新品のものをお贈りください。 
  • その他、ご不明な点は公益財団法人ジョイセフのホームページ(外部ページにリンク)をご確認ください。

どうしてランドセル? 

アフガニスタンでは、紛争で多くの学校が破壊されました。
今でも青空教室で勉強している子どもたちがいます。

険しく危ない山道を何時間もかけて学校に通う子どもたちもいます。
ランドセルを背負うと両手が自由に使え、危険な通学路を安心して通うことができます。

アフガニスタンの女の子は男の子より教育を受ける機会が少なく、2人に1人しか学校に通えていません。
女の子と男の子が同じランドセルを背負って一緒に学校に通うことは、教育が男女に等しく重要であることを象徴するメッセージともなり、地域での女子教育の推進に役立っています。 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター14階南側

総務課ダイバーシティ推進担当

電話番号:03-5803-1187

FAX:03-5803-1331

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.