鳥インフルエンザについて

更新日 2018年12月03日

野鳥に関する鳥インフルエンザ情報 

野生の鳥は、エサが採れずに衰弱したり、環境の変化に耐えられず死んでしまうことがあります。野鳥が死んでいても、鳥インフルエンザを直ちに疑う必要はありません。ただし、野生の鳥は、体内や羽毛などに細菌や寄生虫などの病原体が付着していることがありますので、素手で触らないようにしてください。 

現在の対応レベル※

「 対応レベル1(通常時)」
海外で高病原性鳥インフルエンザ等の発生が見られるが、国内では発生していない時期


※対応レベル:鳥インフルエンザの発生状況により環境省が設定する対応レベル 。詳細は環境省ホームページをご覧ください。

注意事項

・ウイルスを大量に含んだ感染鳥の糞便や羽毛等との濃厚な接触がなければ、人に感染することはほとんどありません

・日常の生活において、野鳥から人へ感染した例はありません

・死亡した野鳥などの野生生物には、素手で触ったりせず、万一触った場合は、石鹸などでよく手を洗い、うがいをしてください

・野鳥の糞が靴の裏や車両に付くことにより、鳥インフルエンザウイルスが他の地域へ運ばれる恐れがありますので、野鳥に近づきすぎないでください 

身近な場所で死亡した野鳥を見つけた場合には 

もしも野鳥が死んでいた場合でも、鳥インフルエンザによるものである可能性は極めて低いため、廃棄物として取り扱います。処理方法がわからない場合には、文京清掃事務所(03-3813-6661)までお問い合わせください。
万が一、多数の野鳥が一度に死んでいる状況や連続して同じ場所で死んでいる状況を見つけた場合には、下記のお問い合わせ先までご相談ください。 

参考ホームページ 

環境省ホームページ(高病原性鳥インフルエンザ対策に関する情報)(外部ページにリンク)

東京都環境局ホームページ(野鳥に関する鳥インフルエンザ情報)(外部ページにリンク)

東京都環境局ホームページ(野鳥に関するQ&A)(外部ページにリンク)

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター17階南側

環境政策課指導担当

電話番号:03-5803-1260

FAX:03-5803-1362

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.