• ホーム
  • 手続き・くらし
  • 施設案内
  • 子育て・教育
  • 文化・観光・スポーツ
  • 保健・福祉
  • 防災・まちづくり・環境
  • 観光・産業 地域活動
  • 区政情報
ホーム>防災・まちづくり・環境>環境・公害>環境情報>文の京生きもの写真館(写真の募集は終了しました)
 
 

文の京生きもの写真館(写真の募集は終了しました)

更新日 2022年04月21日

 文京区では、身近な自然や地球上の自然資源を未来に引き継ぐため、生物多様性と都市の発展・再生のバランスを取ることにより、自然と共生した持続可能な社会を実現することを目的として、「文京区生物多様性地域戦略」を平成31年3月に策定しました。生物多様性を身近なものとして理解し、浸透・定着を図るため、「文の京生きもの写真館」をホームページ上に開館し、区内動植物の写真(静止画像)を募集します。

 

※動植物の写真の募集は終了しました。ご協力どうもありがとうございました。 

  

 季節の生きものアルバム

 【2019年度版】

 

【2020年度版】 

    ※更新版は、動植物の解説文を追加し、重要種指定状況の記号(*1と*2)を修正しています。 

 

【2021年度版】 

 ピックアップ生きものフォト! 

 区の生きもの写真から、季節のいきものをご紹介!

 

季節の生きものフォト
   

オオタカ

オオタカ(Sillagoさん)

エナガ

エナガ(Sillagoさん) 

 ササグモ

ササグモ(かっちゃんさん) 

 ドクダミ

 ドクダミ(かっちゃんさん) 

シオカラトンボ シオカラトンボ(ゼファーななはんさん)

ムラサキシジミ

ムラサキシジミ(ゼファーななはんさん) 

            

1. 募集する写真(写真の募集は終了しました)

文京区内に生息・生育する動植物(人為的に持ち込まれたものでない)の写真(静止画像)で下記の要件を満たすもの

 

  1. 撮影場所が区内の公園・道路など公共の場所であること。私有地の場合には、その土地や施設の管理者の同意の下に撮影したものであること
  2. 撮影日が、概ね過去2年以内であること

  3. 生体(生きている状態の生きもの)、脱皮殻、葉、花、果実等を主とするものであること(標本は不可)

  4. 生きものを捕まえたり傷付けたり、別の場所に移動させたりして撮影したものでないこと 

  5. 撮影対象が、文京区の豊かな自然を実感できるようなものであること 

      ( 例  ヘビ、サワガニ、トカゲ、モグラ(穴でも可)、野鳥、セミ、チョウ、トンボ、野草など)

   6.  ペットや園芸植物など人為的に持ち込まれた動植物でないこと

   7.  個人が特定できる状態で人物が写り込んでいないこと

   8.  本人が撮影したものであること 

 

 募集チラシ(令和3年度版)はこちら(PDFファイル; 2572KB)

 

 ※投稿いただいた写真画像は、区内動植物の観察記録データとして活用するとともに、

「春・夏の生きもの」「秋・冬の生きもの」としてとりまとめ、今後HP等で紹介させていただく場合があります。 

 

2. 募集要項(必ずご確認ください。) 写真の募集は終了しました。

募集要項はこちら(PDFファイル; 880KB)※要項が一部変更になり、投稿写真の著作権は投稿者に帰属することとなりました。

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター17階南側

環境政策課地域環境係

電話番号:03-5803-1276

FAX:03-5803-1362

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.