中高層共同住宅等エレベーター閉じ込め対策

更新日 2019年04月01日

建築物の高層化によって、エレベーターは上下階の移動手段として不可欠な設備となっています。
もし、地震発生時にエレベーターが緊急停止し、長時間閉じ込められてしまったら。
そのような場合に備え、文京区では区内の中高層共同住宅等に対し、エレベーター閉じ込め対策経費を助成します。

事業案内

事業案内資料(PDFファイル; 339KB)をご覧ください。

対象となる建築物

 区内の中高層共同住宅等(下記表参照)のうち、次の要件2つをいずれも満たすものとします。

  1. 当該年度に防災訓練を実施すること。
  2. エレベーター閉じ込め対策費用の助成金の交付を過去に受けた実績がないこと。
用途地域区分

用途地域

 規模

商業地域

 敷地面積500平方メートル以上又は延べ面積2,000平方メートル以上

近隣商業地域

 敷地面積500平方メートル以上又は延べ面積1,500平方メートル以上

上記以外の地域

 敷地面積400平方メートル以上又は延べ面積1,000平方メートル以上

助成する額

エレベーター閉じ込め対策物資の購入に要する経費のうち、3万円を限度とし区が助成します。

(例)
  文京区助成額 自己負担額

経費が2万円の場合  

 2万円

0円

経費が5万円の場合

 3万円

2万円 

エレベーター閉じ込め対策物資の例

保存食(クラッカー等)、飲料水、簡易トイレ、救急用品、ラジオ付きライト、キャビネット等

手続きの流れ

(1)申請書類の提出

防災課(文京シビックセンター15階北側)にございます所定の書類(下記のとおり)に必要事項をご記入の上、防災課窓口へご提出ください。

  1. 文京区中高層共同住宅等エレベーター閉じ込め対策費用助成金交付申請書(第1号様式)(PDFファイル; 80KB)
  2. 上記申請書の添付書類(※事業計画書兼助成金執行計画書(PDFファイル; 102KB)、見積書の写し)

記入例(申請書及び事業計画書兼助成金執行計画書)(PDFファイル; 206KB) 

(2)助成金交付の決定

区が提出書類を審査し、交付決定通知書を発行します。

(3)物資の購入

交付決定通知書を受け取った後、計画に沿って物資を購入してください。

(4)報告書類の提出

物資購入と防災訓練が完了した時点で、防災課にございます所定の書類(下記のとおり)に必要事項をご記入の上、防災課窓口へご提出ください。

  1. 文京区中高層共同住宅等エレベーター閉じ込め対策費用助成金実績報告書(第4号様式)
    (PDFファイル; 85KB)
  2. 上記申請書の添付書類(※事業報告書兼収支計算書(PDFファイル; 102KB) 領収書の写し、写真その他の実施状況を確認する資料)
  3. 請求書兼口座振替依頼書(PDFファイル; 99KB)
  4. 支払金口座振替依頼書(窓口のみの配付となります)

記入例(報告書及び事業報告書兼収支計算書)(PDFファイル; 210KB)

(5)注意点

  1. 見積書の写しと領収書の写しは、実際に購入内容(品名・数量等)がわかるものを提出してください。
  2. 申請は、必ず物資購入前に行ってください。   
お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター15階北側

危機管理室防災課

電話番号:03-5803-1179

FAX:03-5803-1344

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.