ホーム > 防災・安全 > 防災 > その他関連情報 > 都が木造住宅密集地域の木造住宅に「感震ブレーカー」を配布

更新日:2024年3月11日

ページID:189

ここから本文です。

都が木造住宅密集地域の木造住宅に「感震ブレーカー」を配布

地震を感知すると電気を自動的に遮断する「感震ブレーカー」は、停電復旧後の通電による火災を防ぐなど、防火対策に効果的です。

東京都が木造住宅密集地域の木造住宅を対象に、コンセントタイプの「感震ブレーカー」を配布します。詳しくは東京都の特設サイトをご確認いただくか東京都の特設コールセンターにお問い合わせください。

今後、対象世帯の方へ向けた出火防止対策の取り組みを促進するため、戸別訪問を実施します。時期は2024年2月下旬頃からを予定しています。

※なお、東京都では、10月中旬に本件に関するご案内文書を対象地域のご自宅に委託業者が直接ポスティングいたしました。

東京都特設サイト

東京都出火防止対策促進事業 特設ホームページ(外部リンク)

東京都特設コールセンター

東京都出火防止対策促進事業コールセンター
電話番号:0120-888-289
※平日および土曜日の9時から18時まで
(日祝日及び令和5年12月29日から令和6年1月3日までを除く)

文京区対象地域・対象

大塚6丁目、根津2丁目、千駄木2丁目、千駄木5丁目

木造住宅密集地域の木造住宅にお住まいの方

戸別訪問について

  • 対象地域 大塚6丁目、根津2丁目、千駄木5丁目
  • 訪問時期 2024年2月下旬~3月下旬(悪天候等の状況により延長)
  • 戸別訪問の流れ
    • 受託事業者が配布員として訪問します(土日・祝日を含む9時~17時)。
    • 配布員は、都の受託事業者であることが分かる帽子・ビブス・名札を着用しています。
    • 配布員は、普及啓発用リーフレットをもとに出火防止対策について説明するとともに、感震ブレーカーを配布します。
    • 1回目の訪問時に不在の際は、リーフレットを投函。不在の場合は2回目の訪問を実施し、再度不在の際は訪問終了となります。

その他

  • 区では不燃化対象地域の新規の避難行動要支援者に限定して、無料で簡易型(ブレーカー遮断型)の感震ブレーカーを配布しております。
  • 簡易型(ブレーカー遮断型)の感震ブレーカーを、区内在住・在勤の方対象にあっせんする事業を行っております。
    詳しくは「防災用品あっせん事業」のページをご確認ください。
シェア ポスト

お問い合わせ先

総務部防災課 

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号
文京シビックセンター15階北側

電話番号:

ファクス番号:03-5803-1344

お問い合わせフォーム

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください。

このページの情報は役に立ちましたか?

このページの情報は見つけやすかったですか?