里帰り出産等に伴う妊婦健康診査の費用助成(償還払い)について

更新日 2021年04月01日

区内在住の方で、助産所や里帰り出産をするため都外の医療機関等、妊婦健康診査受診票が使用できない国内の医療機関で妊婦健診を受診した方に、その健診費用の一部が助成(償還払い)される制度です。

里帰り出産等による妊婦健康診査費用助成

区で発行した妊婦健康診査受診票の使用ができない助産所や他道府県の医療機関等で受診した妊婦健診費用の一部を助成します。

また、都外や契約医療機関の医療機関で新生児聴覚検査を受けられ、受診票を使用できなかった場合、実費に応じて費用の一部を助成します。  

対象となる健診

妊婦健康診査受診票交付日(=母子健康手帳交付日)以降の妊婦健診(14回分)、超音波検査(3回分)、子宮頸がん検診、新生児聴覚検査です。自費で健診を受診していただき、助成の申請後に指定口座に振込みます。
ただし、妊婦健診1回目、超音波検査及び子宮頸がん検診は医師の「診断」を求めるため、医療機関での受診でないと助成されません。

※医療機関・助産所は日本国内に限ります。 

助成限度額

妊婦健診及び超音波検査に要した実費のうち、健康保険適用外の費用となります。ただし、以下の限度額を超えては助成されません。

(1)妊婦健診1回目

詳細
受診日 助成限度額

平成31年4月1日~

10,850円

(2)妊婦健診2~14回目

詳細
受診日 助成限度額
平成31年4月1日~ 5,070円

(3)超音波検査

 料金

5,300円

(4)妊婦子宮頸がん検診 

 料金

3,400円

(5)新生児聴覚検査 

 料金

3,000円

 

申請について

申請者

妊産婦本人

申請に必要なもの

1.里帰り出産等妊婦健康診査費助成申請書兼請求書(PDFファイル; 159KB)

申請書兼請求書記入例(PDFファイル; 561KB)を参考にご記入ください。健康推進課窓口にもあります。)

2.母子健康手帳と母子健康手帳の「表紙の写し」、「健診記録がわかる記載部分(8~9ページ)の写し」、「新生児聴覚検査の記録(17ページ)の写し」

3.未使用の受診票

4.本人名義の金融機関の預金通帳等振込口座が確認できるもの

5.印鑑(申請書に使用する印鑑で朱肉を使用して押印するもの)

6.領収書(写しでも可)
(次の項目が記載された領収書をご用意ください。受診者の名前、健診年月日、領収金額、医療機関の所在地・名称等)

7.支払金口座振替依頼書(健康推進課窓口にあります)

申請期間

妊婦健診・超音波検査・妊婦子宮頸がん検診は、出産日から起算して1年以内

新生児聴覚検査は、検査日から1年以内 

申請場所

健康推進課に直接お越しください。

申請にあたっての注意点

1.ご申請いただいてから助成決定、お振込みまでは約1か月ほどかかります。確定申告等でお急ぎの方は、なるべく早めにご申請ください。

2.原則健康推進課窓口での申請をお願いしておりますが、来庁が難しい場合は、申請前にお電話にてご相談ください。

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター8階南側

健康推進課健康増進係

電話番号:03-5803-1961

FAX:03-5803-1355

メールフォームへ

公式ホームページ>子育て・教育>出産・乳幼児>妊娠・出産>妊娠にかかわる医療・健康・助成>妊婦健康診査>里帰り出産等に伴う妊婦健康診査の費用助成(償還払い)について
 
 
ページの先頭へ戻る
PC版へ

文京区役所

〒112-8555

東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.