保育にあたって特別な配慮を必要とする場合

更新日 2022年11月01日

要配慮とは 

  「心身の発達に遅れがある」等の理由により、保育にあたって特別な配慮を必要とするお子さまを判定会で認定し、要配慮児(※1)として保育します。保育の実施にあたっては、保護者と園による綿密な話し合いを行い、療育施設等の関係機関と連携(※2)しながら、日中の集団生活を通じてお子様の成長を促します。 

 ※1要配慮児として認定されると、保育所が個別に計画を立てます。計画を実施するうえで必要な場合は職員の増配置(以下「加配」という。)、環境整備等を行います。配慮が必要なお子様の状況によって加配されるまで入園をお待ちいただく場合もあります。

※2保育所では専門的な療法による治療や医療行為は行っておりません。

 

 

1. 対象児童 

(1)保育所における保育が可能な児童

(2)医療的ケアの実施を必要としない児童

  

2. 実施および受け入れ園

(1)区内認可保育施設

※入園を希望する施設へ申請前に必ずご相談ください。

   お子さまの状況や施設環境等により、ご希望に添えない場合があります。

 

3.申込み方法

 

 保育所入所申込書一式に加えて、以下の書類をご用意ください。 

 □要配慮児保育相談票・心身状況表(文京区所定の様式)【必須】

 □障害者手帳等の写し(身体障害者手帳、愛の手帳等をお持ちの場合のみ必要)

 □特別児童扶養手当を受給している証明の写し(該当の場合のみ必要)

 □診断書(※)(基礎疾患がある場合のみ必要、障害者手帳等がある場合は不要)

 □療育機関等による発達状態に関する意見書(お持ちの場合のみ必要) 

 

 

 

4.入所選考

入所選考は他の申請者と同様に行い、お子さまが特別な配慮を必要とすることによって、加点や優先順位において有利(または不利)とはなりません。

(身体障害者手帳、愛の手帳の交付を受けている場合は加点対象となります。)

 

5.内定後の観察保育

内定した保育所で観察保育を3日程度実施します(いずれも午前中を予定)。

日程は担当者から内定の連絡時にお知らせします。

 

6.要配慮児判定会

観察保育等を踏まえ、対象となるお子さまの保育に配慮が必要であるかの判断及び

保育方針等について検討いたします。

7.確認書の取り交わし

入園(内定)後、園と保護者が保育に当たっての確認事項について話し合いを行い、

確認書を取り交わします。

 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター12階南側

幼児保育課入園相談係

電話番号:03-5803-1190

FAX:03-5803-1346

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.