文京区プロテクトベイビーコンソーシアムを設立しました

文京区は、赤ちゃんを災害から守る社会の実現に向けて、大学や事業者などの様々なセクターと集結・協力して、平成30年11月19日に「文京区プロテクトベイビーコンソーシアム」を設立することとしました。 

【コンソーシアムの概要】

 ビジョン

赤ちゃんを災害から守る社会の実現

構成員

文京区、跡見学園女子大学、貞静学園短期大学、日本女子大学、東洋学園大学、江崎グリコ株式会社、株式会社フレーベル館

スキーム 

スキーム

 

活動骨子

1.災害時の赤ちゃんの栄養支援ノウハウの習得と活用

日本栄養士会「赤ちゃん防災プロジェクト」と連携して作成する災害時に重要な赤ちゃんの「栄養」と「保護」に関するハンドブックを配布し、基礎知識の普及・啓発を行ってまいります。

2.妊産婦・乳児救護所の備蓄物資の充実

区内に設置する妊産婦・乳児救護所において、赤ちゃんに特化した備蓄品を充実してまいります。具体的には、十分な水が用意できない時などを想定し、国内製造が解禁されたばかりの「液体ミルク」を全国の自治体に先駆けて備蓄することをはじめ、授乳クッションやスタイ、絵本など備蓄品の充実を図ってまいります。

3.液体ミルクの正しい使い方の習得

様々な機会を捉え、液体ミルクの正しい使用方法を普及・啓発し、誰もが正しく使える環境づくりを行ってまいります。

4.使用経験の構築

赤ちゃんが飲み慣れていないために災害時に活用できないということを防ぐため、一定期間備蓄した液体ミルクを子育て支援機関や防災訓練などの場で配布し、実際に活用していただくなどローリングストック(※)により使用経験を構築してまいります。

※ローリングストック・・・買い置きしてある備蓄用の食品・加工品を普段から活用し、使ったらその分だけ買い足す方法。日頃から自宅等で利用しているものを少し多めに備えることで、災害時に当面生活することが可能となる。  

印刷用配布資料 

文京区プロテクトベイビーコンソシアムを設立(PDFファイル; 628KB)
お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター15階北側

危機管理室防災課

電話番号:03-5803-1179

FAX:03-5803-1344

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.