文京区災害協定

更新日 2020年10月27日

「風水害時における相互協力に関する協定」を締結しました

10月27日(火曜日)、区は、学校法人ARC学園ARC東京日本語学校、関口一丁目地区のマンション所有者等、大塚警察署、富坂警察署との間に「風水害時における相互協力に関する協定」を締結しました。

この協定は、神田川沿岸の事業者、複数のマンション所有者等の同意を得て、台風やゲリラ豪雨などの風水害時に、一時的な垂直方向に避難する滞在場所(垂直避難場所)を提供していただくものです。

これにより、垂直避難先を複数用意することが可能となり、区民の安全・安心の確保のほか、避難所の密の回避に繋がり、新型コロナウイルス感染防止も期待されます。

引き続き区では神田川沿岸やその他風水害の危険性のある地域での垂直避難場所の増設や、垂直避難場所に協力いただく事業者やマンションへの備蓄物資の確保に努めていきます。

 

主な協定内容

  • 事業者及びマンション所有者等は、垂直避難場所の提供と、必要に応じて、避難者への備蓄物資の提供を行います。
  • 警察署は、区民等に注意喚起の情報発信、避難行動の支援等による被害の拡大防止を図るとともに、事前に災害対策に必要な助言・指導を行います。
  • 区は、事業者、マンション所有者等、警察署と連携し、風水害の情報収集及び発信を行うとともに、必要に応じて、避難所や垂直避難場所として区有施設を開放します。   

 

風水害時における相互協力に関する協定書(PDFファイル; 681KB)学校法人ARC学園ARC東京日本語学校

  

協定締結式の様子 

協定締結式の様子  締結式の様子 

  

協定締結式の様子  締結式の様子

 

垂直避難場所

  • 区有施設(2か所)文京江戸川橋体育館2階、文京清掃事務所2階
  • 事業者(1か所)学校法人ARC学園ARC東京日本語学校
  • 関口地区のマンション(3か所)※地元町会、警察署の協力により選定 

 

今後の取組 

  • 神田川沿岸やその他風水害の危険性のある地域での垂直避難場所をさらに増やしていきます。 
  • 垂直避難場所にご協力いただく事業者やマンションへの備蓄物資の確保に努めていきます。 

 

「災害時における宿泊施設の提供等に関する協定」を締結しました

令和2年10月1日(木曜日)、文京区は、本郷旅館ホテル組合との間に「災害時における宿泊施設の提供等に関する協定」を締結しました。

 

近年、災害が多発していることに加え、コロナ禍で避難所の3密を防ぐことが求められる中、避難所を数多く確保しなければならないことから、区内の旅館やホテルで、宿泊や食事、入浴などを提供してもらうものです。

 
要配慮者を優先して利用してもらう想定で、避難者の体調に問題がある場合には、区職員を派遣し、健康状態の確認などを行います。

 

主な協定内容

  • 組合に加盟する宿泊施設における宿泊、入浴及び食事の提供
  • 上記に掲げる業務の実施に当たっての空室等の状況把握及び調整
  • 宿泊施設を利用している要配慮者等の体調管理、当該要配慮者等に発熱や咳の症状が出た場合における区への連絡等

 

災害時における宿泊施設の提供等に関する協定書(PDFファイル; 644KB)

 

 

「災害時における電力復旧に係る連携に関する基本協定」を締結しました

令和2年8月28日(金曜日)、文京区は、東京電力パワーグリッド株式会社大塚支社との間に「災害時における電力復旧に係る連携に関する基本協定」を締結しました。

令和元年の台風15号において、大規模停電が長期化したことも踏まえ、災害復旧の支援体制を一層強化するため、東京電力パワーグリッド株式会社大塚支社との連携を進めてきました。

この協定は、文京区と東京電力パワーグリッド株式会社大塚支社が、情報・人材等の相互連携等により地域の防災力を高めるとともに、自然災害大規模停電等が発生した際には、円滑に相互協力をすることで迅速な被害復旧活動にあたります。

 

主な協定内容

  • 電力復旧等に支障となる障害物除去の相互連携
  • 停電復旧や電源車派遣に関する重要施設リストの共有
  • 所有施設や駐車場の相互利用
  • リエゾン派遣など相互連絡体制の確立
  • 相互の持つ災害情報の共有(被害状況、停電の発生・復旧状況、道路状況など)
  • 停電情報周知のための区の広報手段の利用

 

災害時における電力復旧に係る連携に関する基本協定書(PDFファイル; 79KB)

 

 

「災害時における段ボール製品等の調達に関する協定」を締結しました

令和2年8月5日(水曜日)、文京区は、興亜紙業株式会社との間に「災害時における段ボール製品等の調達に関する協定」を締結しました。

この協定は、段ボール製のベッド、シート、間仕切り等を優先供給していただくもので、災害時における避難所での生活環境の向上が図られるとともに、3密を回避するための手段の一つとして、避難者の健康を守る役割が期待されます。

 

主な協定内容

  • 段ボール製品等(簡易ベッド、シート、間仕切りその他興亜紙業株式会社の取扱商品)の調達及び供給
  • 区が指定する場所への段ボール製品等の運搬
  • 区が実施する防災訓練等への協力

 

災害時における段ボール製品等の調達に関する協定書(PDFファイル; 579KB) 

協定締結式の様子 

協定締結式の様子  段ボールベッド組立前

 

段ボールベッド組立中  段ボールベッド組立完成

 

 

「災害時における応急対策業務に関する協定」を締結しました

令和2年5月1日(金曜日)、文京区は、大用工業株式会社との間に「災害時における応急対策業務に関する協定」を締結しました。

この協定は、大用工業株式会社に災害時の道路の応急補修、障害物の除去、災害応急対策業務に必要な施設の応急修理、仮設施設の建設等の業務を一部担ってもらうことにより、迅速な応急対策業務が可能となります。

主な協定内容

  • 道路における応急の補修及び障害物の除去 
  • 災害応急対策業務に必要な施設の応急修理及び仮設施設の建設 

 

災害時における応急対策業務に関する協定(PDFファイル; 205KB)

 

 

文京区災害協定一覧

文京区災害協定一覧(平成31年3月6日現在)(PDFファイル; 244KB)

文京区災害協定の目的

災害時においては、各機関がそれぞれの所管事務又は業務に従って応急対策活動を実施しますが、必要に応じて他の機関の協力を求めるなど災害対策に万全を期さなければなりません。
このため、防災関係機関との連携・協力により、被災していない他区や公共的団体、民間の協力を得て、災害対策を強化・充実していく必要があります。
区では、各機関と協定を結び、災害時に備えています。

文京区災害協定の内容

災害協定の詳細内容については、文京区地域防災計画 (平成30年度修正)【資料編】173ページから302ページをご覧ください。
なお、HP上でも見ることができます。
文京区地域防災計画(平成30年度修正)【資料編】(PDFファイル; 75403KB)

アマチュア無線

文京区アマチュア無線局災害非常通信連絡会との協定については、アマチュア無線のページを参照してください。 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター15階北側

危機管理室防災課

電話番号:03-5803-1179

FAX:03-5803-1344

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.