税制改正

更新日 2016年09月29日

住民税(個人住民税)の税制改正のうち、主なものを記載しています。
税制改正全体は

財務省のホームページ(外部ページにリンク)

総務省のホームページ(外部ページにリンク)をご覧ください。
所得税については、税務署へお問い合わせください。

28年度税制改正

30年度住民税から適用されるもの 

医療費控除の特例創設

現行の医療費控除とは選択制で、年間12,000円を超える一定の医薬品を購入した場合の医療費控除(所得控除)の特例が新設されます。この特例の適用を受ける場合には、現行の医療費控除の適用を受けることはできません。

この制度は、スイッチOTC医薬品によるセルフメディケーション推進の趣旨から設けられる制度です。

医療費控除の特例(スイッチOTC薬控除)
適用期間 平成29年1月1日から平成33年12月31日まで
対象者

健康の維持増進および疾病の予防への取組として一定の取組(注1)を行う個人

(注1)「一定の取組」…医師の関与がある次の検診等または予防接種

・特定健康診査、予防接種、定期健康診断、健康診査、がん検診

対象支出 自己または自己と生計を一にする配偶者やその他親族に係る一定のスイッチOTC医薬品の購入の対価
控除額 

(支払った額 - 保険金等の額) - 12,000円
ただし、控除額は、88,000円が限度 

  •  スイッチOTC(Over the Counter)医薬品…要指導医薬品および一般医薬品のうち、医療用から転用された一般用医薬品。
  • セルフメディケーション…世界保健機構(WHO)において、「自分自身の健康に責任を持ち、軽度な身体の不調は自分で手当てすること」(自主服薬)と定義されている。  

27年度税制改正

28年度住民税から適用されるもの 

地方公共団体への寄附(ふるさと納税)の特例控除額の拡大

都道府県または区市町村へ寄附した場合の寄附金税額控除における特例控除額の限度額を、住民税所得割の2割(現行1割)に引き上げる。

平成27年4月1日から適用されるもの

地方公共団体への寄附制度の変更点

  • 給与所得者などの確定申告の必要のない方は、寄附先団体へ申請(特例申請)することにより、確定申告をしなくても寄附金税額控除を受けられる制度ができました。
  • 特例申請した場合も、確定申告したときと(所得税と住民税あわせて)同じ金額が控除されます。

特例申請については、寄附先の窓口へお問い合わせください。

継続して適用されるもの

住宅ローン控除(住宅借入金等特別税額控除)の延長と控除限度額の引き上げ

平成25年12月31日で終了する予定であった住宅借入金等特別税額控除の対象となる居住開始日を、平成29年12月31日まで延長されました。(27年度改正で平成31年6月30日までに延長。)また、平成26年4月1日以降は、控除額上限を所得税の課税総所得金額等の7%、限度額を136,500円に引き上げられました。 

このページのトップへ 

26年度税制改正 

継続して適用されるもの

優良住宅地の造成等のために土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得に係る課税の特例

優良住宅地の造成等のために土地等を譲渡した場合の長期譲渡所得に係る課税の特例についての適用期限を、「平成26年度まで」から「平成29年度まで」に3年間延長する。

このページのトップへ 

25年度税制改正 

26年1月1日から適用されるもの

公益法人等に係る住民税の課税の特例

公益法人等に財産を譲渡した場合の譲渡所得の課税の特例を、幼稚園又は保育園を設置する公益法人等が同様の目的の公益法人等に対して財産を寄附した場合にも適用します。

延滞金、還付加算金の割合の特例の改正

納税環境の整備のため、延滞金及び還付加算金の算出における特例基準割合が、年7.3%に満たない場合には、その年中においては以下に定める割合とします。

  1. 年14.6%の割合の延滞金は、特例基準割合に年7.3%を加算した割合
  2. 年7.3%の割合の延滞金は、特例基準割合に年1%を加算した割合(その加算した割合が年7.3%を超える場合は、年7.3%)
  3. 還付加算金の割合は、特例基準割合

26年度住民税から適用されるもの

復興特別所得税の開始に伴う寄附金税額控除の特例控除額の改正

都道府県又は区市町村に対する寄附金に係る寄附金税額控除について、平成26年度から平成50年度までに限り、特例控除額の算定に用いる所得税の限界税率に、復興特別所得税の2.1%を乗じた率を加算します。

27年1月1日から適用されるもの

住宅借入金等特別税額控除の対象居住開始日延長と控除限度額の引き上げ

平成25年12月31日で終了する予定であった住宅借入金等特別税額控除の対象となる居住開始日を、平成29年12月31日まで延長します。さらに、平成26年4月1日以降は、控除額上限を所得税の課税総所得金額等の7%、限度額を136,500円に引き上げます。

28年10月1日から適用されるもの

公的年金等からの特別徴収の改正

公的年金等から住民税の特別徴収をされている方が、賦課期日後に区外に転出した場合や、税額変更があった場合でも、一定の要件の下、特別徴収を継続することとします。
さらに、4月から9月までの間に徴収する仮特別徴収税額を、前々年分の年金所得に係る住民税の2分の1に相当する額とします。

29年1月1日から適用されるもの

上場株式等に係る配当所得等に係る住民税の課税の特例

平成28年1月1日以後に支払を受ける特定公社債等の利子等について、上場株式の配当所得の特例の一部として5%の申告分離課税の対象とします。

株式等に係る譲渡所得等の分離課税の改組

株式等に係る譲渡所得等の分離課税について、上場株式等に係る譲渡所得等と、非上場株式等に係る譲渡所得等を別々の分離課税制度とします。さらに、平成28年1月1日以後の特定公社債等及び上場株式等に係る譲渡所得等の分離課税と平成28年1月1日以後の一般公社債等及び非上場株式等に係る譲渡所得等の分離課税とに分けて、5%の申告分離課税の対象とします。

このページのトップへ 

24年度税制改正 

25年1月1日から適用されるもの

役員退職手当等に係る退職所得の課税方法の見直し

役員等としての勤続年数が5年以下の者が支払いを受ける役員退職所得手当等について、退職所得控除額を控除した残額の2分の1とする措置を廃止します。

26年度住民税から適用されるもの

年金所得者の寡婦(寡夫)申告不要制度

公的年金等に係る所得のみの方で、寡婦(寡夫)控除を受けようとする場合、申告は不要となりました。(年金支払者に寡婦(寡夫)の申告をしていることが必要です)

給与所得控除の上限設定(所得税法の改正)

給与等の収入金額が1500万円を超える場合の給与所得控除額については、245万円の上限を設けます。

給与所得者の特定支出控除の見直し(所得税法の改正)

特定支出控除における特定支出に、資格取得費、勤務必要経費(上限65万円)を加えるとともに、適用判定基準額を給与所得控除の2分の1(給与収入1500万円超の場合は125万円)とします。

給与支払報告書等の電子的提出の義務化

所得税の法定調書の提出枚数が、基準年(前前年)に1,000枚以上である支払者は、記載事項を記録した光ディスク又はeLTAXにより給与支払報告書等を提出しなければならないものとします。

このページのトップへ 

23年度税制改正(東日本大震災に伴う税制改正を含む)

26年度住民税から適用されるもの

均等割の税率の特例

東日本大震災からの復興に関し地方公共団体が実施する防災のための施策に必要な財源の確保に係る地方税の臨時特例に関する法律(平成23年法律第118号)を受け、平成26年から平成35年までの間、区民税の均等割の税率に500円を加算します。

税率

 

改正前

改正後

区民税

3,000円

3,500円

都民税

1,000円

1,500円

合計

4,000円

5,000円

24年度住民税から適用されるもの

寄附金税額控除への措置

  1. 控除適用下限を5,000円から2,000円に引き下げます。
  2. 従来の自治体への直接寄付に加えて、東日本大震災の義援金として日本赤十字社や中央共同募金会などの団体へ寄附した場合も、「ふるさと寄附金」の対象になります。

退職所得に係る10%税額控除の見直し(平成25年1月1日より施行)

退職所得に係る個人住民税の10%税額控除を廃止します。

大口株式等の要件の見直し(平成23年10月1日より施行)

上場株式等に係る配当所得の分離課税等の対象外とされる大口株主等の要件について、配当等の支払いを受ける者が保有する株式等の発行済株式等の総数等に占める割合を、100分の5から100分の3へ引き下げます。

上場株式等の配当所得及び譲渡所得等に係る課税の特例の延長

上場株式等の配当所得及び譲渡所得に対する3%軽減税率の特例を2年延長します。

上場株式等の配当等に係る配当割等の特別徴収税率の特例の延長

個人に対して支払う上場株式等の配当等に係る配当割、源泉徴収選択口座における株式等譲渡所得割の3%軽減税率の特例を2年延長します。

非課税口座内上場株式等の譲渡に係る所得計算の特例の施行日の延長

非課税口座内上場株式等の譲渡に係る所得計算の特例について、施行日を2年間延期し、平成27年1月1日にします。

このページのトップへ

22年度税制改正 

25年度住民税から適用されるもの

生命保険料控除の改組

平成24年1月1日以後に締結した保険契約等に関して、一般生命保険料控除の枠を分離し、介護保障・医療保障について新たに介護医療保険料控除を設け、一般生命保険料控除、介護医療保険料控除、個人年金保険料控除のそれぞれの適用限度額を28,000円、合計適用限度額を7万円とします。
なお、平成23年12月31日以前に締結した保険契約等の関しては、従前の一般生命保険料控除及び個人年金保険料控除(それぞれ適用限度額35,000円)が適用されます。

24年度住民税から適用されるもの

扶養控除の見直し

  1. 16歳未満の扶養親族に係る扶養控除(33万円)について、廃止します。
  2. 16歳以上19歳未満の特定扶養親族に係る扶養控除の上乗せ部分(12万円)を廃止し、扶養控除の額を33万円とします。
  3. 同居特別障害者の特例措置について、扶養控除又は配偶者控除の額への加算(23万円)を、特別障害者控除額への加算に変更します。
  4. 給与支払報告書及び公的年金等支払報告書の記載事項及び様式を変更します。

(参考)財務省ホームページ(外部ページにリンクします)

このページのトップへ

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター10階南側

税務課課税第一・第二係

電話番号:03-5803-1154 ~5

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555 東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

窓口開設時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時15分

※一部窓口によって、開設時間が異なりますのでご注意ください。
copyright  Bunkyo City. All rights reserved.