特定健康診査・特定保健指導

更新日 2017年06月29日

国民健康保険に加入されている40歳以上の方を対象に「 特定健康診査・特定保健指導(外部ページにリンクします)」を無料で実施しています。年に一度、自分自身の健康状態を確認しましょう。

特定健康診査とは

日本人の死因の約6割を占める生活習慣病の発症や重症化の予防を目的として、メタボリックシンドローム(内蔵脂肪症候群)に着目した健診です。メタボリックシンドロームとは、内蔵脂肪型肥満に加えて、高血糖、高血圧、脂質異常のうち、いずれか2つ以上をあわせもった状態です。それぞれの症状が軽度であっても、重複することによって重症化する可能性が大幅に増加します。しかし、メタボリックシンドロームは食べ過ぎや運動不足などの生活習慣の積み重ねが原因となって起こるため、生活習慣の改善によって、予防・改善ができます。特定健康診査を受診して、生活習慣を見直すきっかけにしてください。

非メタボなお腹


生活習慣の見直し改善をしないままだと
未然に予防・改善!

メタボなお腹

特定健診を受診しましょう

特定健康診査

平成29年4月1日から継続して国民健康保険に加入している方で、平成30年3月31日までに満40歳~74歳になる方へ、特定健康診査の受診券等を平成29年6月6日にお送りしました。受診期間は平成29年6月15日から平成30年1月31日までとなります。期日までに、区内の指定医療機関で受診してください。

  • 施設に入所している方・妊娠中の方等、一部の方は特定健康診査の対象にならない場合があります。 
  • 通院している方も特定健康診査の対象者です。主治医とご相談の上、ぜひ受診してください。
  • 文京区で実施しているがん検診、肝炎ウイルス検査等は、特定健康診査と一緒に受診できる場合もあります。詳細はこちらをご覧ください。
  • 75歳以上の方へは、特定健康診査ではなく後期高齢者を対象とした健康診査が行われます。詳細はこちらをご覧ください。

特定健康診査 (検査項目等はこちらをご覧ください) 

特定保健指導

特定健康診査の結果、メタボリックシンドロームに該当された方、またはその予備群に該当された方には、特定保健指導のご案内をお送りします。

特定保健指導 (対象の基準等はこちらをご覧ください)

年度の途中で保険の切り替えをされた方へ

年度の途中で健康保険の切り替えをされた方は、医療保険者が実施する「特定健康診査・特定保健指導」ではなく、保健衛生部で実施する「健康増進法による健康診査(健康増進健診)」の対象となります。4月2日以降に新たに国民健康保険に加入された方で、受診を希望される方はお申込みが必要となります。

健康増進法による健康診査 (お申込み方法等はこちらをご覧ください)

勤務先の健診や人間ドック等を受診された方へ

文京区が実施する特定健康診査を受診せず、勤務先の健診や個人で人間ドック等を受診されている場合は、健診結果のコピーをご提供ください。結果をご提供いただくと、特定健康診査を受診したことと同様の扱いとなりますので、ご協力をお願いいたします。詳しくは下記担当までお問い合わせください。

個人情報の取扱いについて

保健事業の推進のため、特定健康診査・特定保健指導における個人情報は「文京区個人情報の保護に関する条例」に基づき、一部業務を外部委託しております。委託業務は次のとおりです。 【  通知の印刷及び発送、健診業務、保健指導業務、受診勧奨業務、費用決裁業務  】

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター11階南側

国保年金課管理係

電話番号:03-5803-1191

FAX:03-5803-1347

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555 東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

窓口開設時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時15分

※一部窓口によって、開設時間が異なりますのでご注意ください。
copyright  Bunkyo City. All rights reserved.