文京WEPs事業

更新日 2017年07月03日

文京区女性のエンパワーメント原則推進事業所登録事業

文京区では女性のエンパワーメントを推進し、地域のステークホルダー(企業、行政、NPO等の利害と行動に直接・間接的な利害関係を有する者)との連携により、あらゆる場面での女性の活躍推進を促し、男女平等参画の実現を目指して取り組みを行う企業を募集しています。

応募対象

区の区域内に本社又は主たる事業所があり、常時雇用する労働者を有して事業活動を行う事業所で以下の取組を行っている事業所

女性のエンパワーメント原則と取組み例

原則1

起用経営者のリーダーシップによるジェンダー平等の促進 

●女性のエンパワーメントを推進するための実務担当者の設置

●女性役員等の積極的な登用 

原則2
機会の均等、インクルージョン、差別の撤廃

●フレックスタイムやテレワーク等多様な働き方の導入

●社員への子育て支援(保育料補助等) 
●出産後の社員に対する復職支援

原則3

健康管理、安全管理、暴力撤廃 

●パートナーの出産休暇や育児休業制度の運用
●社内におけるハラスメント相談体制の提供

原則4
教育と研修

●女性活躍推進法等の趣旨を職員へ周知
●ジェンダーに起因するハラスメント等対策の研修実施

原則5
事業開発、流通、マーケティングビジネス活動

●サプライヤー選定における、男女平等参画推進や女性のエンパワーメントに配慮した指針策定

●女性経営者及び起業家支援 

原則6
地域社会のリーダーシップと参加

●地域ボランティア等参加休暇制度の導入

●女性リーダーシップによる具体的な地域での取組 

原則7
透明性、成果の測定、報告

●男女平等を推進するための企業方針や実施計画の公表

●男女平等推進の進捗状況の公表 

 

登録までの流れ(登録証の交付までに3か月程度)

 申請

 

 訪問調査

 →

 審査会

 →

登録証交付 

 【申請書受付・配付】

総務課ダイバーシティ推進担当

(シビックセンター14階)

・・・・・・・・・・・・・・

【申請書配付のみ】

※11月より

(申請受付はしておりません。)

文京区男女平等センター 

 

 申請書受理後、担当が訪問調査に伺います。取組みの詳細についてお聞かせください。

 

 登録審査を行います。

 

 登録要件を満たした事業所へ登録証を交付します

(登録期間1年)

 

下記の書類を添えて郵送または直接、総務課ダイバーシティ推進担当へご提出ください。

(1)文京区女性のエンパワーメント原則推進事業所登録申請書(PDFファイル; 74KB)
    ワード版(Wordファイル; 42KB)

(2)文京区女性のエンパワーメント原則推進チェックシート(PDFファイル; 74KB)
    ワード版(Wordファイル; 134KB)

(3)女性の活躍推進に関する取り組みが分かる資料
(4)次世代育成支援対策推進法に関する資料(行動計画または計画目標)
(5)女性の就業生活における活躍の推進に関する法律に関する資料(行動計画または計画目標)

※(4)、(5)については事業所規模により行動計画のご提出が必要となります。 
※(1)から(5)以外に独自の推進へのアピールがある場合は合わせまして関連資料をご提出ください。

 

登録事業所になるメリット

  • 事業所の取組について、区のホームページ・情報誌とうで広く紹介します。
  • 中小企業融資あっせんの利率を優遇します。
  • 区の総合評価落札方式で行う工事入札において、加点をします。
  • 希望により、国連機関におけるWEPs登録の支援を行います。 

 

 

女性のエンパワメント原則(WEPs)自己評価ツールの紹介とワークショップを開催します 

~職場、市場、地域を元気に―国連原則をつかって~

社会経済における人権尊重や女性の活躍推進のための国際的な基準を活用し、働きやすい職場、女性の活躍を推進する取引や調達、仕事と生活が調和する地域を実現するための方法を考える研究会を開催します。ワークショップでは、「国連女性のエンパワメント原則(WEPs)」に基づき、女性の活躍推進に関する取り組みを自己評価できるツールを試行します。

 

■日時:7月28日(金曜日)午後2時30分から午後5時まで

※終了後、午後5時30分まで名刺交換会あり

■会場:文京シビックセンター26階スカイホール

 

【報告会】

「グローバル・サプライチェーンの女性たちを誰一人取り残さないために」

講師:菅原絵美氏(グローバル・コンパクト研究センター長、大阪経済法科大学准教授)

「女性の活躍推進の度合いを『見える化』する意義」

講師:大西祥世氏( グローバル・コンパクト研究センター研究員、立命館大学教授)

【ワークショップ】 

「自己評価ツールを用いたシミュレーション」、意見交換

 

セミナーのチラシはこちら(PDFファイル; 6023KB)

 

■対象:ダイバーシティ・女性の活躍推進に取り組んでいるまたは関心のある企業担当者および

自治体の関係者等

■定員:100名(先着)

■費用:無料

■申込み・問い合わせ:申込みフォーム(http://bit.ly/WEPS20170728)に

氏名・所属・メールアドレス・電話番号を明記の上、グローバル・コンパクト研究センターへ

お申し込みください。

■申込締切:7月24日(月曜日)

■持ち物:Wi-Fiが使えるPCやタブレット、スマートフォン

  

■主催:グローバル・コンパクト研究センター、文京区

■後援:内閣府男女共同参画局、外務省、厚生労働省、経済産業省(予定)、

一般社団法人グローバル・コンパクト・ネットワーク・ジャパン、UN Women日本事務所、 

認定特定非営利活動法人国連ウィメン日本協会、特定非営利活動法人日本BPW連合会、

公益財団法人21世紀職業財団、中小企業家同友会全国協議会 、全国社会保険労務士会連合会

 

女性のエンパワメント原則(WEPs=Women's Empowerment Principles) とは・・・

 

7つの原則からなり、企業トップのリーダーシップや職場における差別の撤廃、機会の均等、透明性や成果の測定など、企業活動における国際基準としての活用を期待されています。

 

WEPsの7原則
 原則

原則の概要

 原則1  トップのリーダーシップによるジェンダー平等の促進
 原則2 機会の均等、インクルージョン、差別の撤廃 
 原則3 健康、安全、暴力の撤廃 
 原則4 教育と研修 
 原則5 事業開発、サプライチェーン、マーケティング活動
 原則6 地域におけるリーダーシップと参画 
 原則7 透明性、成果の測定、報告 

 【用語説明】

 インクルージョン:女性が少ない産業や職種に女性を登用したり、男性も巻き込み男女共同参画を推進すること。

 サプライチェーン:生産されてから最終消費者に届くまでのプロセス。 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター14階南側

総務課ダイバーシティ推進担当

電話番号:03-5803-1187

FAX:03-5803-1331

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.