認知症の方とご家族への支援

「認PAKU~認知症に寄り添う機器展」を開催します

 「認PAKU」は、認知症による生活機能障害の軽減を目的とした機器を紹介し、認知症になっても住み慣れた地域で暮らし続けることが出来る地域社会の実現につながる機会を作るための展示会です。

 

自宅での生活をしやすくする機器や、安全な外出を助ける機器、見守る家族をサポートする機器、

おだやかな気持で生活するための機器など、日常生活を送る上で、ためになるさまざまな用品を展示しています。 どなたでもお気軽にご来場ください。 

 

開催日時:平成29年9月14日(木曜日)午前10時~午後5時

開催場所:文京シビックセンター1階ギャラリーシビック

費用:無料

 

ポスターはこちらから(PDFファイル; 544KB)

リーフレットはこちらから (PDFファイル; 1890KB)

ただいま!支援登録

認知症の症状により行方不明になるおそれのある方の事前登録事業です。高齢福祉課・高齢者あんしん相談センター・警察で登録情報を共有し、早期の身元判明につなげます。

靴用ステッカー・衣服用アイロンシールの配付 

認知症の症状による行方不明が心配な方へ、靴用反射板ステッカーと衣服に接着するアイロンシールを配付しています。 それぞれ文京区の表示があり、特に、遠隔地で保護された場合の身元判明に有効です。 

徘徊探索サービス 

区が協定を交わした事業者が運営する徘徊探索サービスの利用に対して、その費用の一部(申し込みにかかわる経費の全額)を助成します。

もの忘れ医療相談

認知症について気になっている方、ご家族等からのご相談を認知症サポート医と認知症コーディネーターがお受けします(予約制) 。

『ぶんにこ』(文京認知症コミュニティ) 

『ぶんにこ』は、だれもが集い話せる場です。認知症のある方はもちろん、ご家族、地域の方、介護保険の事業者や専門職の方など、『ぶんにこ』でゆっくりお話しませんか。 

 認知症講演会・家族交流会

  認知症を正しく理解し対応することや、地域で生活する認知症の方やご家族を温かく見守ることを目的として開催しています。

認知症サポーター養成講座 

認知症サポーターは、認知症を正しく理解し、認知症の方とその家族をあたたかく見守る応援者です。

ただいま!支援SOSメールご協力のお願い 

認知症の症状により行方不明になった方を出来る限り早く発見・保護するためのメール配信システムへのご協力をお願いします。

認知症高齢者等の行方不明・身元不明について

  行方不明となった認知症高齢者や、身元不明で保護された認知症高齢者の情報が確認できます。

東京都のホームページとうきょう認知症ナビ(外部ページにリンク)をご覧ください。

  

認知症ケアパス検討専門部会

  文京区では、認知症になっても自分らしく暮らせるまちづくりをめざして、認知症の方とその家族を地域で支えるための認知症ケアパス(認知症の人の状態に応じた適切なサービス提供の流れ)を作成するために認知症ケアパス検討専門部会を設置しています。 

認知症ケアパス検討専門部会認知症普及啓発検討分科会

  平成27年度第3回認知症ケアパス検討専門部会の決定により、平成28年1月31日までの期限で認知症普及啓発検討分科会を設置し、認知症ケアパスパンフレットの内容等の普及啓発について検討しました。

認知症ケアパス検討専門部会認知症入口支援検討分科会 

平成27年度第3回認知症ケアパス検討専門部会の決定により、平成28年1月31日までの期限で認知症入口支援検討分科会を設置し、適切なタイミングで適切な支援につなげる入口支援の仕組みと効果的な展開等について検討しました。 

ログインしてください。
メールアドレス
パスワード
お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター9階南側

高齢福祉課認知症・地域包括ケア係

電話番号:03-5803-1821

FAX:03-5803-1350

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?


質問:このページの情報は見つけやすかったですか?


ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555 東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

窓口開設時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時15分

※一部窓口によって、開設時間が異なりますのでご注意ください。
copyright  Bunkyo City. All rights reserved.