里帰り先等で接種した予防接種費用の助成

更新日 2017年11月29日

保護者の里帰り等の理由により、東京23区外の医療機関(国内の医療機関に限る。)で子どもの定期予防接種を接種した場合、申請により接種費用の一部または全額を助成します。

対象者

接種日に文京区に住民登録のある方で、以下の定期予防接種の対象となる方

対象となる定期予防接種

子どもの定期予防接種は全て対象となります。

    

  • B型肝炎 ※
  • Hib(ヒブ)
  • 小児用肺炎球菌(13価結合型)
  • 四種混合(DPT-IPV(ジフテリア・百日せき・破傷風・ポリオ))
  • ポリオ(不活化ワクチン)
  • BCG
  • MR(麻しん・風しん混合)
  • 麻しん
  • 風しん 
  • 水痘(みずぼうそう)
  • 日本脳炎 
  • DT(ジフテリア・破傷風)  
  • 子宮頸がん予防【積極的な接種勧奨を差し控え中】   

   

※平成28年10月1日より、B型肝炎が定期予防接種に追加されました。

B型肝炎も、10月1日以降に接種したものについては、償還払いの対象となります。

(ただし、平成28年4月1日以降に生まれた方に限ります。) 

 

申請期間

接種日から6か月以内にご申請ください。

助成額

一部または全額。 

接種ワクチンによって助成上限額が異なりますので、詳細は予防対策課にお問い合わせください。 

助成方法

接種後6か月以内に、下記のものをご持参の上、予防対策課の窓口でご申請ください。

助成が認められた場合、助成金を申請者ご指定の金融機関口座に振り込みます。

 

  1. 医療機関等が発行した領収書原本 (領収書にて予防接種種類ごとの金額が確認できない場合は、明細書もあわせてお持ちください。) 
  2. 母子健康手帳
  3. 朱肉を使う印鑑(スタンプ印不可) 
  4. 通帳等の金融機関口座番号がわかるもの

 予防接種実施依頼書 

 東京23区外の医療機関(国内の医療機関に限る。)で定期予防接種を接種する場合には、 予防接種健康被害救済制度を適用するために、区が発行する予防接種実施依頼書が必要になります。 

 

 予防接種を受ける前に、下記内容を電子申請または電話にて予防対策課へご連絡ください。

 

  1. お子さんの氏名(フリガナ)
  2. 生年月日
  3. 性別 
  4. 接種を希望するワクチンと回数
  5. 接種予定医療機関 
  6. 東京23区外で接種する理由
  7. 住所
  8. 保護者氏名 
  9. 連絡先電話番号
  10. 里帰り先等住所   

 

接種先自治体へ確認後、予防接種実施依頼書を発行します。

発行には1週間程度かかりますので、余裕を持ってご連絡ください。

電子申請サービスの利用 

利用方法 

下記より、電子申請サービスをご利用ください。(外部ページにリンクします。)

パソコン・スマートフォンの方はこちら

携帯電話の方はこちら

 

電子申請サービスについて詳しくお知りになりたい方は、「電子申請のご案内」をご覧ください。

 

予防接種健康被害救済制度

予防接種法に基づく予防接種(定期予防接種)を受けた方に、万一、健康被害が発生した場合は、予防接種健康被害救済制度の対象となります。

 

詳細はこちら(厚生労働省ホームページ)(外部ページにリンクします)

  

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター8階南側

予防対策課感染症係

電話番号:03-5803-1834

FAX:03-5803-1355

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.