文京ふるさと歴史館
刊行物のご案内
展示図録

「季節のうた-歌人窪田空穂生誕140年・没後50年-」


平成29年度の特別展では、生誕140年・没後50年を迎えた歌人・窪田空穂をご案内します。
窪田空穂(1877-1967)は、50年をこえる年月を文京の地で過ごした、ゆかりの歌人・国文学者です。全集に掲載されるだけでも14,000首以上もの歌を詠み、また古典和歌や作歌について一連の研究を行い、早稲田大学などにおいて教鞭をとりつつ、和歌を研究・愛好する多くの後継者を育てました。
本誌では、文京の季節を詠んだ空穂の歌を中心に、ゆかりの品々、ゆかりの人々も紹介いたします。


平成29年10月発行 A5 判 フルカラー印刷 64P