バナー

文京ふるさと歴史館
文の京の歴史・文化ガイド
町並みの移り変わり−定点観測−

中山道(なかせんどう)周辺 「本郷通り」

12345|6
森川町

本郷通り

昭和32年頃の本郷通り
森川町の画像
(『新撰東京名所図会』より)
明治40年(1907)

本郷通りの画像
昭和20年代?
※東大の前から北の方を撮影したものか。

昭和32年頃の本郷通りの画像
昭和32年(1957)
※本郷通りの東大正門前辺りから北を見たもの。

昭和43年の本郷通り 昭和43年(1968)
本郷通りの画像1

本郷通りの画像2

本郷通りの画像3
※言問通りとの交差点手前から駒込追分まで、南から北に3枚に分けて撮影した。
 本郷通りは、千代田区の神田橋から北区の飛鳥山公園を結ぶ道路で、本郷はちょうど中間に位置します。江戸時代は日光御成道の一部でした。日光御成道は日本橋を起点とし、駒込追分で中山道と分かれ、王子・赤羽・川口などを経て日光へ通じていました。主に、将軍が徳川家康を祀(まつ)る日光東照宮へ参拝するために使ったため、この名が付けられました。また、通り沿いには多くの武家が屋敷を構えました。
 明治10年(1877)に東京大学ができると、学生を目当てにした書店や飲食店が立ち並ぶようになります。また、東大構内に病院があったことから、医療器械の店舗も集まり、やがて本郷地域を代表する地場産業へと発展していきました。比較的古い建物が多く残っていたこの通り沿いも、近年はオフィスビルやマンションが目立つようになり、街並みは大きく変化しています。


→前のページ