バナー

文京ふるさと歴史館
文の京の歴史・文化ガイド
町並みの移り変わり−定点観測−

中山道(なかせんどう)周辺 「赤門」

123|4|56
江戸名所 本郷の景
江戸名所 本郷の景の画像
歌川広重画 嘉永7年(1854)

※中山道(現・本郷通り)を行き交う人びとを描いた錦絵。道の向こう側には赤門が見える。

東京帝国大学赤門
東京帝国大学赤門の画像
『新撰東京名所図会』より 明治40年(1907)

 東京大学構内の大部分は、江戸時代、加賀藩の上屋敷でした。明治時代以降、加賀藩邸だった頃の建造物はほとんど取り壊されましたが、その中で赤門(重要文化財)だけが残されました。赤門は正式には旧加賀屋敷御守殿門(ごしゅでんもん)と言い、文政(ぶんせい)10年(1827)、第11代将軍徳川家斉(いえなり)の娘溶姫(ようひめ)が加賀藩第13代藩主前田斉泰(なりやす)に嫁入りするに際して建てられました。
 江戸時代、将軍の娘を嫁に迎える時には、奥方御殿(おくがたごてん)を新たに造り、朱塗りの門を構える慣習があり、加賀藩でもそれに基づいて赤門を建てました。江戸時代の赤門で、現在も残っているのは加賀藩のものだけです。


→前のページ
次のページ→