バナー

文京ふるさと歴史館
企画展示・イベント情報

 開館30周年記念特別展 「完全公開 巻物 八景十境ーぶんきょうの指定文化財−」


会期:令和4年2月5日(土曜日)〜3月21日(月曜日)
■主催
文京ふるさと歴史館

■開館時間
午前10時〜午後5時

■休館日
2月7日(月)・14日(月)・21日(月)・28日(月)、3月7日(月)・14日(月)

■入館料
一般100円・団体(20人以上)70円
中学生以下・65歳以上は無料


特別展チラシ

 「太田備牧駒籠別荘八景十境詩画巻」(おおたびぼくこまごめべっそうはっけいじっきょうしえまき)は、詩巻と画巻からなる二巻の巻物です。江戸時代の大名・太田資宗(一六〇〇〜一六八〇)の駒込屋敷(現 千駄木一丁目)からの眺めを「八景」、そして屋敷内の見どころを「十境」としたもので、詩は、儒学者・林鵞峯(一六一八〜一六八〇)により詠まれ、その子梅洞(一六四三〜一六六六)により墨書されました。詩文をもとに制作されたと考えられる画巻は、絵師・狩野安信(一六一四〜一六八五)により描かれました。

 この作品は、江戸時代初期の大名屋敷や当時の文化などを知る上で、きわめて重要なものです。そして文京区にとっては、区域にあった大名屋敷の様子、そこからの景観を知ることができるとても貴重な作品であり、区の文化財に指定されています。

 開館30周年を記念するこのたびの特別展において、全長約6メートル(詩巻)、約11メートル(画巻)となる長大なこの作品の全体を、初めて完全公開いたします。ぜひご鑑賞ください。ご来館をお待ちしております。


■展示資料の一部
詩巻の序文(冒頭部分)
詩巻の八景(部分)
詩巻の十境(部分)
画巻の士峰積雪(部分)
画巻の十境(冒頭部分)
文京ふるさと歴史館
〒113-0033 東京都文京区本郷4-9-29
TEL 03-3818-7221

Copyright (C) 2005, Bunkyo Museum. All Rights Reserved.
このウィンドウを閉じる