文京ふるさと歴史館
企画展示・イベント情報
ミニ企画展

常設展示 ミニ企画コーナー(2階常設展示室)


「文京のものづくり―御法川直三郎の発明―」

会期:
平成28年1月5日(火)〜4月24日(日)



御法川〔みのりかわ〕直三郎(現 秋田県出身 18561930)は、明治20年代から本郷・小石川の地で機器製造業を経営した実業家・発明家で、蚕糸業関連機器ほか多くの産業機器を発明、また製品化を手がけました。とくに御法川が発明した緩速度多条繰糸機(御法川式多条繰糸機)を用い、片倉製糸紡績会社により生産・商品化された生糸は、「MINORIKAWA RAW SILK」などとして海外でも高い評価を得ることとなりました。
このたびのミニ企画展は、「文京のものづくり」として、蚕糸業および御法川直三郎に関する資料を展示いたします。 

展示資料

御法川直三郎翁伝 昭和8年(1933) 御法川直三郎翁自伝刊行会/編
新案二口取軽便座繰機械広告 明治41年(1908) 御法川工場/発行
子ども錦絵 明治期
小石川区勢総覧 昭和9年(1934) 東京輿論新聞社/発行


御法川直三郎  新案二口取軽便座繰機械広告

   御法川直三郎               新案二口取軽便座繰機械広告           

文京ふるさと歴史館
〒113-0033 東京都文京区本郷4-9-29
TEL 03-3818-7221