文京ふるさと歴史館
企画展示・イベント情報
ミニ企画展

常設展示 ミニ企画コーナー(2階常設展示室)


「天高く-文京と馬-」

会期:
平成26年9月25日(木)〜12月23日(火・祝)



今年、平成26年の干支は「午」です。
「午」とは、「つきあたる」ことなどを意味する言葉で、草木の成長が盛りを過ぎてゆく様子などを示しています。
干支を動物で表す場合、現在では一般的に「馬」の字をあてています。都会に住む人々にとって、愛玩用の犬や猫、鳥などの小動物は身近でも、牛や馬などと暮らす人は決して多くはないでしょう。しかし文京区やその周辺地域でも、牛馬は、一昔前までは農耕や牧畜に欠かせない貴重な労働力でした。また、機械が発達していなかった当時は、輸送や交通の手段としても大変に重宝されていました。
今でも、地域に遺された様々な文化財に、馬と人との関わりや、結びつきを見ることができます。
このミニ企画では、7月の職場体験学習に参加した中学生、8月の博物館実習に参加した大学生の協力により、馬と文京区とに関わる資料をご紹介します。


「愛馬」と森林太郎
文京に遺る“馬頭観音”
文京ふるさと歴史館
〒113-0033 東京都文京区本郷4-9-29
TEL 03-3818-7221