文京ふるさと歴史館
企画展示・イベント情報
特別展
洪庵、知安、そして鴎外-近代医学のヒポクラテスたち-
会期:
平成24年10月27日(土)〜12月9日(日)
■開館時間
午前10時〜午後5時

■休館日
月曜日

■入館料
一般300円・団体(20人以上)210円
中学生以下・65歳以上は無料
11月3日(土・祝)は無料公開日


日本の医療は、世界的に高度な技術水準にあり、世界一の長寿を誇っています。
小説「赤ひげ診療譚」の舞台となった小石川養生所をはじめとして、ここ文京の地には、近代医学史にゆかりの人物に関わる足跡や、史跡などが少なくありません。
明治政府が、江戸時代まで主流であった漢方医学から西洋医学への転換を図る過程で、それまで交流のあったオランダやイギリスではなく、ドイツの医学知識や技術を導入するようになったのは、文京ゆかりの医学者が
深く関わっています。そしてお玉が池種痘所に端を発する東京医学校(現・東京大学医学部)や済生学舎(現・日本医科大学)そして順天堂医院(現・順天堂大学)などから、数多くの医学者が輩出してきました。
こうしたことから現在、文京区は、医療機器会社や製薬会社、医学系の出版社なども数多く所在する医のまち文京となっています。
本年度の特別展では、生誕150年を迎えた森鴎外の記念事業の一環として、文豪・鴎外ではなく、衛生学者としての森林太郎の足跡をはじめ、近代医学発展の歴史をご紹介します。
医のまち文京と、医療・福祉の向上に尽力した若き医学者たちの活躍にふれて頂く機会となれば幸いです。

展示概要


第1章
人と病の歴史

東西の医学に関する歴史などを写真や解説パネルで紹介。                 

神農(斯文会提供) ヒポクラテス像
(東京大学医学図書館蔵)
ヒポクラテスの木(プラタナス)
   
第2章
近世の医学史と文京

漢方医学から西洋医学への移行の前段階を支えた、近世の医学者の足跡を紹介。
江戸の小川笙船と小石川養生所、適塾を主宰した緒方洪庵、佐藤家と順天堂など。


小石川養生所井戸跡
(小石川植物園内)
緒方洪庵
(大阪大学適塾記念センター提供)
佐藤泰然
(順天堂大学医学史研究室提供)
 
第3章
近代医学ことはじめ
ドイツ医学導入と、文京ゆかりの医学者たちの軌跡などを紹介。相良知安、松本良順、佐藤尚中、長谷川泰、北里柴三郎、森林太郎など。



相良知安
(相良隆弘氏提供)
北里柴三郎
(北里研究所提供)
森林太郎(鴎外)
(文京区立鴎外記念館提供)
   
第4章
公衆衛生制度と医師

森鴎外、後藤新平、渋沢栄一らの足跡を紹介。 



後藤新平
(後藤新平記念館提供)
渋沢栄一
(渋沢資料館提供)
「大日本私立衛生会雑誌」
(館蔵)


展示風景

外観


展示室入口
鴎外の隣で記念写真をどうぞ







展示解説の様子

付帯事業

 記念講演会 

「闘病と文学-書くこと、表現するとと生きる力」
日時/平成24年11月25日(日)午後2時から
講師/柳田邦男氏(ノンフィクション作家)
会場/文京区立男女平等センター(文京区本郷4−8−3)
※会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
参加費/無料
定員/100人(要申込、超えた場合抽選)
詳しくは、記念講演会をご覧ください。
終了しました。 

展示解説

日時/平成24年11月1日(木)、11月14日(水)、11月29日(木)
午後1時30分から30分程度
解説/担当学芸員
申込/不要、直接展示会場へ

■展示概要書(図録)

「平成24年度特別展 洪庵、知安、そして鴎外-近代医学のヒポクラテスたち」
価格520円
(10月27日頒布開始)


文京ふるさと歴史館
〒113-0033 東京都文京区本郷4-9-29
TEL 03-3818-7221

Copyright (C) 2005, Bunkyo Museum. All Rights Reserved.
このウィンドウを閉じる