バナー

文京ふるさと歴史館
企画展示・イベント情報

常設展示 ミニ企画コーナー(2階常設展示室)


「見え隠れする纏 ―天井裏の守護神伝―」


会期:
平成21年1月6日(火)〜4月26日(日)
 一部資料については3月までの公開

火事と喧嘩は江戸の華───。

 新年第1回目のミニ企画コーナーでは、地域に伝えられてきた纏(まとい)を展示します。
 この纏は、本駒込の商家の小屋裏に保管されていたもので、出(だし)の部分に江戸の町火消し「つ組」の名が記されています。住人には火除けの神としても信仰されていましたが、その存在は厨子二階(ずしにかい)の天井裏で“見え隠れ”(*)になっていたため、平成13年(2001)に建物が解体されるまで、長らく人目にふれることがありませんでした。
 長い歳月を経て再び表にすがたを見せた纏は、今回が初公開となります。この機会にぜひじっくりとご覧ください。
 *見え隠れ:建築用語で、建物の天井裏や壁裏などに隠されて表からは見えない部分を指します。
■主催
文京ふるさと歴史館

■開館時間
午前10時〜午後5時

■休館日
月曜日、平成21年1月27日(火)、3月24日(火)、4月21日(火)

■入館料
一般100円・団体(20人以上)70円
中学生以下・65歳以上は無料


纏(出、棹)の画像
纏(出、棹)
江戸時代

特別企画      クイズ  「つ組」を探せ!
  ミニ企画コーナーとあわせて、江戸の町火消を描いた版画を展示します。
  絵にはさまざまな纏が描かれていますが、このなかでミニ企画コーナーに展示する「つ組」の
纏はどこに描かれているでしょうか?
  歴史館に来て、探してみましょう。
■期間  平成21年1月6日(火)〜3月22日(日) 予定
江戸町並火消の図の画像
〔江戸町並火消の図〕
嘉永5年(1852)  歌川芳綱/画
   
子供の遊び春の出ぞめ(部分)の画像
子供の遊び春の出ぞめ(部分)
文久3年(1863)  歌川芳虎/画

文京ふるさと歴史館
〒113-0033 東京都文京区本郷4-9-29
TEL 03-3818-7221