フッ化物とむし歯予防

更新日 2021年07月19日
フッ化物は、適正な量を積極的に利用することにより、むし歯予防に大きな効果があると言われています。 フッ化物を適正に使って、むし歯予防を行いましょう。

 フッ素とは

 フッ素は、自然界に広く分布する必須栄養素の一つで、あらゆる食品中に微量に含まれ、人間が毎日少しずつ摂取している必須栄養素の一つです。

詳細は、下段の関連資料「(1)フッ素 とは?」もしくは関連リンクをご覧ください。

  

フッ化物の安全性 

 フッ化物は、むし歯予防として日常的に適正量で使用する場合は、飲み込んでしまっても体に害はなく、中毒の危険性はないと言われています。下記PDFファイルに、フッ素洗口液・フッ化物入り歯磨剤・フッ化物塗布の急性中毒量の例示をしていますのでご確認ください。

また、その他の詳細については、下段の関連資料「(1)フッ素とは?」及び関連リンクをご覧ください。

過量フッ素経口摂取の例示(PDFファイル; 252KB)  
           

 フッ化物の応用

 フッ化物配合歯磨剤

 日常の歯みがきに組み込むことで、簡単に利用できるフッ化物応用で、生涯にわたって使用できるむし歯予防方法です。むし歯の予防効果は、30%~40%と言われています。

使用上の注意として、6歳未満のお子さんは、フッ素の配合量の合計が、1000㏙ (0.1%)~1500㏙ (0.15%)の使用を控えること・6歳未満のお子さんの手の届かない所に保管するようご注意ください。その他、使用方法については、歯科医院・保健サービスセンター歯科衛生士へご相談ください。

また、詳細については、下段の関連文書「(3)フッ素の歯磨きと洗口」及び関連リンクをご覧ください。

フッ化物洗口 

フッ素入りの洗口剤を用いたむし歯予防方法です。適正に行った場合、むし歯の抑制率は、およそ30%~80%と言われています。世界保健機関(WHO)は、6歳未満の就学前児童を対象としたフッ化物洗口は推奨されないと見解を示しましたが、フッ化物全身応用(フッ化物錠剤、フッ化物への食品添加)が普及している他の国々と状況が異なる日本では、フッ化物の全身応用が行われていないことなどから、4歳以上での使用がすすめられています。

また、フッ化物洗口液を購入し、使用するためには、歯科医師の指導や薬剤師の対面での情報提供及び指導が必要になります。

また、詳細については、下段の関連文書「(3)フッ素の歯磨きと洗口」及び関連リンクをご覧ください。 

フッ化物歯面塗布 

他のフッ化物と異なり、フッ化物濃度が高いため、歯科医院や保健サービスセンターで実施します。保健サービスセンターでは、歯科医師の指示のもと、有料(640円)でおおよそ6か月毎に実施しています(1回の使用量(1ml)のゲル状タイプの薬剤を歯ブラシ又は綿棒で歯面に塗布)。保健サービスセンターなどで行っているフッ化物紙面塗布のむし歯の抑制率は、歯科保健指導などのフッ化物塗布以外の介入を含め、およそ50%~80%という報告があります。

保健サービスセンターでのフッ化物塗布をご希望の方は、保健サービスセンター・保健サービスセンター本郷支所までご連絡ください。

また、実施方法など詳細は、下段の関連文書「(2)フッ素の塗布」及び関連リンクからもご覧いただけます。

 新型コロナウイルス感染拡大防止のため、保健サービスセンターでのフッ化物葉面塗布は当面の間中止としています

  

[参考文献]
  • 日本口腔衛生学会フッ化物応用委員会編
  • う蝕予防の実際フッ化物局所応用実施マニュアル
  • 社会保健研究所,2017

関連資料

保健サービスセンターでのフッ化物塗布方法やご、自宅でのフッ素入り歯みがき粉の使用方法などが、掲載されています。ご参考になさってください。 

(1) フッ素とは?(PDFファイル; 849KB)

(2) フッ素の塗布(PDFファイル; 897KB)

(3) フッ素の歯みがきと洗口 (PDFファイル; 999KB)

 発行:東京都文京区小石川歯科医師会・東京都文京区歯科医師会

 

関連リンク

厚生労働省eヘルスネット>歯と口腔の健康>むし歯(外部ページへリンクします。)

 >お口の予防とケア>フッ化物(外部ページへリンクします。)

お住まいの地域の管轄 

お住まいの地域の保健サービスセンター
施設名  住所 
 保健サービスセンター  後楽1・2丁目、春日1・2丁目、小石川1~5丁目、白山2・3・4丁目、千石1~4丁目、水道1・2丁目、小日向1~4丁目
大塚1~6丁目、関口1~3丁目、目白台1~3丁目、音羽1・2丁目、本郷1・2丁目、本郷4・5・6丁目、西片1丁目
 保健サービスセンター本郷支所  白山1・5丁目、本郷3・7丁目、湯島1~4丁目、西片2丁目、向丘1・2丁目
弥生1・2丁目、根津1・2丁目、千駄木1~5丁目、本駒込1~6丁目

お問い合わせ先

保健サービスセンター

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

シビックセンター3階(健診フロア)、8階(事務室)

電話番号:03-5803-1807

FAX:03-5803-1371

メールフォームへ

 

保健サービスセンター本郷支所

〒113-0022 東京都文京区千駄木5丁目20番18号 (地図

電話番号:03-3821-5106

FAX:03-3822-9174

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.