区長フォトギャラリー(25年度)

更新日 2019年04月10日

 

令和2年度 令和元年度 平成30年度  平成29年度  平成28年度  平成27年度  平成26年度  平成25年度  平成24年度  平成23年度

写真をクリックすると、別ウィンドウで大きな写真が開きます(一部の写真を除く)。
トップページも同様です。

【平成25年度区政功労者表彰式】

3月15日(土曜日)、文京シビックホール小ホールで行われた「平成25年度区政功労者表彰式」に出席し、区政功労者67名、特別区政功労者3名の方々を表彰しました。
いずれも区政の各方面で、永年にわたり、深いご理解と多大なるご協力をいただいた方々です。
今年度受章された方々の区政へのご貢献に対して、深く敬意を表するともに、今後益々のご活躍に期待しております。

区長挨拶

 

特別区政功労表彰

【大田区と「医工連携強化」の覚書を締結しました】

2月14日、大田区と医療関連産業の振興で連携する覚書を交わしました。
本区には医療系大学が複数あり、医療現場の実態に詳しい医療機器関連企業も多くあります。
高度な加工技術を持つ大田区の中小企業と連携することで、医療現場のニーズにあった優れた機器の開発を後押しすることができます。
医療機器産業は国の成長戦略にも位置付けられている重要分野です。今後、この連携を実効性のあるものとしていきたいと考えます。

松原大田区長と

 

共同記者会見

【東洋大学陸上競技部箱根駅伝優勝報告会】

2月8日(土曜日)、東洋大学白山キャンパスで開催された「箱根駅伝優勝報告会」に出席しました。
当日は、東京都心でも20センチを超える記録的な大雪という天候でしたが、会場内は寒さを吹き飛ばすくらい、皆さんの熱気にあふれていました。
この報告会の場をお借りして、区からスポーツ功労表彰を贈呈させていただきました。
襷という固い絆で結ばれたチームの結束力が生んだ今回の優勝は、観戦する私たちに深い感動を与えてくれました。
監督をはじめ選手の皆さん、素晴らしい走りと感動をありがとうございました。

酒井監督と設楽主将

 

表彰状贈呈

 

表彰状贈呈2

 

総合優勝盾

【青柳小学校に給食視察へ行ってきました】

1月24日(金曜日)、青柳小学校に給食視察へ行ってきました。
同校の松丸栄養士が第8回全国学校給食甲子園で優勝したメニューが本日の献立でした。
子どもたちも楽しみにしていた献立です。
教室をまわると、「美味しい!」「先生の給食はいつも楽しみ!」など、子どもたちの喜ぶ声がたくさん聞こえてきました。
私も校長と共に試食させてもらいましたが、地産地消の考えのもと、江戸の野菜をふんだんに取り入れ、栄養のバランスも良く、大変美味しくいただくことができました。
食はすべての基本です。これからも、給食を通して子どもたちの健康をしっかり守ってもらいたいと思います。

栄養士等と給食視察

 

給食試食

【平成26年文京区年賀会】

平成26年文京区年賀会が、1月7日(火曜日)に開催されました。
「シエナ・ブラス5」の素晴らしいアンサンブル演奏の流れる中、多くのお客様と新年のご挨拶をさせていただきました。
また、会場手前のホワイエでは、観光協会や森鴎外記念館のオリジナルグッズ、「文の京ゆかりの文人銘菓」の販売が行われ、華やかな年賀会となりました。

区長挨拶

 

乾杯

 

アンサンブル演奏

 

御招待者見送り

【湯島地区環境浄化パトロール300回達成記念祝賀会に出席しました】

12月3日(火曜日)、湯島地区環境浄化パトロール300回達成記念祝賀会に出席しました。
湯島地区環境浄化推進委員会は、地域の環境を守ることを目的とした防犯パトロールを、平成12年9月より、長年にわたり継続して行っています。
積極的に地域の安全に寄与されていることに、区としても感謝の意を表し、この席をお借りして感謝状をお贈りしました。
また、先日11月20日(水曜日)、実施回数300回達成の日も、30名を超える方がパトロールに参加しており、私も、パトロール終了後の皆さんをお出迎えさせていただきました。
区としても、平成17年4月に「文京区安全・安心まちづくり条例」を施行し、区民の皆様と協働して、安全で安心して暮らすことができるまちづくりを推進しているところです。
地域による、こうした地道な取組みこそが、安心して住むことができる文京区を創っていくものと考えております。

パトロール隊お出迎え

 

感謝状贈呈

【『家族の日』フォーラムに出席しました】

11月17日(日曜日)、文京シビックホール小ホールにて、内閣府・東京都・文京区の主催で『家族の日』フォーラムを開催しました。
NPO法人ファザーリング・ジャパン副代表理事の安藤哲也さんをコーディネーターとして、ゼクシィ編集長の伊藤綾さん、タレントの中山秀征さん、そして私の3人がパネリストとなり、「働き方を見直そう!みんなで意識を変えてみよう!」とのテーマで、パネルディスカッションを行いました。
大切な家族と過ごす時間を増やすために、ワークライフバランスを考えることはとても大切なことです。
育児と仕事を両立させることは大変ですが、子育ての中で生まれた発想が仕事の役に立ったり、子育てにより、大人である自分自身が成長できたと感じられることも数多くあります。
家族と過ごす時間を増やすため、働き方を見直すことは、働く親にとっても会社にとっても、決してマイナスではないと、私たちは語り合いました。
大切な家族と毎日笑顔で暮らせるように、親である私たち一人ひとりが、働き方を変えるための一歩を踏み出すことが必要ではないかと考えます。

家族の日フォーラムパネリスト

 

家族の日フォーラムパネルディスカッション

【ドイツのベルリン市、カイザースラウテルン市を訪問しました】

10月17日(木曜日)~18日(金曜日)ドイツのベルリン市、10月19日(土曜日)~24日(土曜日)カイザースラウテルン市を訪問しました。
文京区では昨年、森鴎外記念館がオープンしましたが、実はベルリンにも鴎外記念館があります。
ベルリンでは鴎外記念館をはじめ、鴎外ゆかりの地を視察しました。
カイザースラウテルン市とは昭和63年に姉妹都市提携協定を結び、ホームステイ生徒交換事業や少年サッカー交流等、これまでに様々な交流を行ってきました。
今回の訪問では、日本から柔道・合気道の指導者をお連れし、カイザースラウテルン市の愛好者への指導、講習を行いました。
受講者の熱心な姿勢には大いに刺激を受けました。
また、ドイツ人工知能研究センターをはじめ、清掃工場、日本庭園、東日本大震災写真展などを視察しました。
写真展では、被災地が復興していく様子や、人々の悲しみを乗り越えて生きていく姿を伝え、遠く離れたドイツでも大きな反響を呼んでいました。
今回の訪問を通じて、両区市の関係をさらに深めることができ、今後ますますの交流を図っていきたいと考えています。

ベルリン市内視察

 

柔道・合気道講習後、受講者・指導者の皆さんと

 

東日本大震災写真展(テオドール・ツィンク博物館)

 

カイザースラウテルン市庁舎展望台より

【はしまつりの点灯式に出席しました】

「はしまつり」は文京区と千代田区の商店街が合同で行う初のお祭りです。
私も、10月5日(土曜日)に行われたオープニングイベント、神田川にかかる5つの橋とニコライ堂、湯島聖堂をライトアップするための点灯式に出席しました。
会場近くのニコライ堂が、霧雨の中に美しくライトアップされて幻想的でした。
まつりの期間は10月14日(祝・月曜日)までで、さまざまな楽しいイベントが予定されています。
この機会に、文京区と千代田区の商店街に足を運び、見て、食べて、買物をして、ぜひ、まちのお気に入りを見つけてみてはいかがでしょう。

区長挨拶

 

ライトアップされたニコライ堂

【特別養護老人ホーム敬老会に出席しました】

9月15日(日曜日)、特別養護老人ホーム「千駄木の郷」と「白山の郷」で開催された敬老会へ出席しました。
当日は、台風の接近している悪天候でしたが、ホームにいらっしゃる高齢者の皆様の晴れやかな笑顔に元気をいただきました。
ご長寿のお祝いを受けられた方に、心よりお祝いを申し上げるとともに、ホームにいらっしゃる皆様が、安心して、楽しみのある毎日を過ごすことができますように、今後とも努めてまいります。

千駄木の郷でお祝い金をお渡ししました

 

白山の郷挨拶

【豪雨により被害を受けた津和野町を訪問いたしました】

「津和野町と文京区における相互協力及び災害応援に関する協定書」を締結している島根県津和野町が、7月28日の豪雨により甚大な被害を受けました。
皆さまからお預かりした災害救援のための義援金の一部を手渡すとともに、今後、本区としてどのような支援ができるかを確認するために、8月29日(木曜日)30日(金曜日)の2日間、実際に現地の被災状況を視察してきました。
JR津和野駅周辺のいわゆる観光名所への被害はあまりないようでしたが、鉄道や山間の道路の被害は大きく、いまだに復旧が追い付かない状況でした。
私が現地を訪問した日も、台風の影響で強い雨が降っており、先の豪雨による被災地ではいまだに予断を許さない状態が続いています。
「困ったときにこそ助け合う」そんな思いを新たに、『森鴎外ゆかりの地』の縁で結ばれた津和野町に、今後とも出来得る限りの支援をしていきたいと考えております。

義援金をお渡し

 

被害状況1

 

津和野町訪問

 

区長被災地視察

【地域コミュニティの場、銭湯へ行ってきました!】

夏の暑い日、汗をかいた後に広い湯船に入るのは、気持ちの良いものです。
8月27日(火曜日)、区内の数か所の銭湯へ視察に行ってきました。
設備や内装等について、実際に現場を見て説明を受けた後、さっそく私も、インターンシップで体験実習をしている学生と一緒にお風呂に入りました。
文京区の公衆浴場では、これまで菖蒲湯、バラ湯等の特別湯を初め、落語・漫談、親子フラダンス教室等、さまざまな事業を展開されています。
このような場で、普段はあまり話す機会がない方とふれあうことにより、お互いの絆が深まる良い機会になるかもしれません。
ぜひ皆さんも、銭湯へ行ってみてはいかがでしょう。

銭湯で説明を受ける

 

銭湯入浴中

【ようこそ!文京区インターンシップ実習へ】

8月12日(月曜日)より2~3週間の間、区政の体験実習を行うインターンシップ実習生の方々と懇談をしました。
初日ということで、実習生の方々も最初は緊張の面持ちでしたが、実習にあたっての抱負を熱心に語っていただきました。
その後、さまざまな意見交換を行う中で、私からも、現在の区政の課題や、今求められる職員像についてなどを実習生の皆さんにお話ししました。
この実習が、インターンシップ実習生の皆さんにとって有意義なものとなり、また、私たち区の職員にとっても、良い刺激となることを期待しています。

インターンシップ実習生と懇談

 

インターンシップ実習研修

【第28回文京朝顔・ほおずき市】

真夏の青空の下、7月20日(土曜日)、21日(日曜日)に開催された「文京朝顔・ほおずき市」に出席しました。
オープニングイベントには、スポーツ祭東京2013のマスコットキャラクター「ゆりーと」も駆け付けてくれ、夏の風物詩の市を盛り上げてくれました。
市の賑やかな雰囲気の中、様々な色に咲く美しい朝顔の花を見ながらの散策に、ほっと心も和む夏のひとときでした。

朝顔・ほおずき式典朝顔・ほおずき市散策1

 

朝顔ほおずき市朝顔・ほおずき市

【拓殖大学の公開講座で講演を行いました 】

6月27日(木曜日)、拓殖大学公開講座「産業と人間」において講演を行いました。
今回の講演では「自治体経営入門編~子どもたちと高齢者への応援歌~」と題し、区の施策・課題や、今後の大学生へ期待することなどをお話ししました。
学生や地域の方、約300名が教室いっぱいに入り、熱心に聞いていただき、最後には積極的な質問も出て、充実した時間を過ごすことができました。

区長講演

 

多くの学生、地域の方に参加いただきました

【「新たな公共プロジェクト」キックオフイベントに参加しました 】

5月26日(日曜日)、スカイホールで行われた「新たな公共プロジェクト」キックオフイベントに参加しました。
このプロジェクトは区民、地域活動団体、NPOなど様々な人との対話を通じて、地域課題の解決を図る担い手を創出する取り組みです。
イベントでは、私も対話のグループに少し混ぜてもらい、皆さんの熱い想いを聞かせて頂きました。今後の活動に期待しています。

区長挨拶

 

皆さんと参加動機などを話しました

【 文京つつじまつり式典(観躅会) 】

4月19日(金曜日)、根津神社で行われた文京つつじまつりの式典に出席しました。
今年は例年より約1週間開花が早まったこともあり、平日にも関わらず多くの人で賑わっていました。
多くの種類が満開となり、遅咲きのつつじも見ごろを迎えていました。

つつじまつり

 

つつじまつりの根津神社

【 入区式 】

4月1日(月曜日)に入区式が行われ、文京区に93名の新たな職員が加わりました。
全員が緊張した面持ちの中、代表者が区長より辞令交付を受け、文京区職員としてのスタートを切りました。
今後はチーム文京の一員として、大いに活躍を期待しています。

辞令交付

 

区長挨拶

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター16階南側

総務課

電話番号:03-5803-1139

FAX:03-5803-1334

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.