報道発表資料(30年7月)

文京SOGIにじいろ映画会「彼らが本気で編むときは、」&トークライブを開催します【事前PR】

平成30年7月30日

いつ

平成30年8月6日(月曜日)

昼の部:午後1時30分から5時まで(開場:午後1時から)

夜の部:午後6時30分から8時40分まで(開場:午後6時から)

どこで

文京シビックホール小ホール(文京区春日1丁目16番21号)
だれが 文京区(総務課ダイバーシティ推進担当)
内容

文京区では、「文京区男女平等参画推進条例」の施行を機に、性自認及び性的指向に関する対応指針の策定や、文京SOGIにじいろサロン(SOGIに関するミニ講座と語り合いの場)の定期開催など、各方面からの取組みで SOGI(注1)への理解を推進しています。

昨年公開になった映画「彼らが本気で編むときは、」は、トランスジェンダーの女性が主人公の作品で、家族とは何か、幸せとは何かを考えさせられるもので、大変話題となりました。
今回文京区では、映画の上映と、昼の部のみFtMトランスジェンダーで性同一性障害のトータルサポートを行う株式会社G-pit net works 代表取締役の井上健斗氏と、LGBT採用支援を行う株式会社アウト・ジャパン執行役員の屋成和昭氏を迎えトークライブ(注2)を開催し、より多くの方にSOGIへの理解浸透を図ります。これまで関心のなかった人にも見ていただくことで、多様な性や家族について考える機会を提供します。

(注1)SOGIとは Sexual OrientationとGender Identityの頭文字をとったもので、「性的指向」と「性自認」を意味しています。

 

【開催概要】

日時:8月6日(月曜日)

 昼の部:午後1時30分から5時まで

 夜の部:午後6時30分から8時40分まで

 ※各回1時間前より会場前にて整理券配付

会場:文京シビックホール小ホール

定員:各回先着300人(原則区内在住、在勤、在学者)

申込:不要、当日直接会場へ

(注2)【トークライブ】昼の部の上映後のみ

(ゲスト)

井上健斗 氏(株式会社G-pit net works代表取締役社長) 

屋成和昭 氏(株式会社アウト・ジャパン 執行役員)

※手話通訳あり

※昼の部のみ、保育あり(事前予約、定員あり)

 

  彼らが本気で編むときはのポスター

戸籍証明等請求書の誤廃棄について

平成30年7月26日

いつ

事故発生日:平成30年6月18日(月曜日)

どこで

文京区
だれが 文京区戸籍住民課
内容

戸籍証明等請求書について、誤って保存期間経過前に廃棄した事案が発生しました。

本区では、このような事案が発生したことについて、区民の皆様に深くお詫び申し上げますとともに、再発防止の徹底に努めてまいります。

 

【概要】

  • 戸籍住民課において、外部に保管していた戸籍証明等請求書を取り寄せ、これを返却しようとしたところ、文書保存箱に「平成30年6月廃棄」と表記していたため、担当者は、保存年限が経過していると認識し、6月18日に廃棄した。その後、7月18日に、外部保管文書の管理状況について確認していたところ、暦年管理で保存年限延長対象の文書が1箱存在しないことが判明し、誤って6月18日に廃棄したことを認識したものです。

 

【誤って廃棄した文書】

  • 平成27年1月26日から平成27年2月24日までの本庁窓口での戸籍証明等請求書(4,250枚)

 

【事故発生の原因】

  • 誤って廃棄した文書は、戸籍法に関係する文書のため、「暦年」で管理するものであり、3年保存であったことから、平成31年1月以降に廃棄するものであった。しかし、「年度」で管理する他の文書と同様の取扱いで文書保存箱に廃棄年月を表記していたことから、文書の廃棄年月と表記が一致していなかった。

 

【再発防止策】

  • 本区では、今後このようなことが発生しないよう保存箱ラベルと文書の廃棄年月を再点検し、適正な廃棄年月を表記するとともに、課内の職員に対し、文書を保管する際の保存年限のルールを職員が再確認し、文書廃棄年月とラベルの整合性を複数人で確認することを指導し、再発防止に努めてまいります。

 

 

あなたの写真で文京区をアピール!「第57回文京区観光写真コンクール」の作品を募集します!!

平成30年7月26日

いつ

募集期間:平成30年8月1日(水曜日)~9月18日(火曜日)
だれが 主催:文京区観光協会  共催:文京区
内容

歴史ある建造物や大名庭園、名所・旧跡、緑豊かな景観など、魅力ある被写体が豊富な文京区では、今年度も「文京区観光写真コンクール」を実施します。

第57回を迎える今回より、テーマを設けず、観光名所や史跡、花の五大まつりで賑わう様子など、自由な視点で区内の見所を撮影した写真をご応募いただきます。見た人が文京区に足を運びたくなるような作品を期待しています。また、小・中学生対象のジュニア賞を設けており、子どもたちの視点で捉えた写真もお待ちしています。

 

【応募概要】

  • 内容  平成29年4月以降に文京区内を撮影した写真(アマチュアに限る)。募集部門(1)一般部門(2)ジュニア部門(小・中学生対象)
  • 応募規定  カラープリント四切りまたはA4サイズ。 ※小・中学生対象のジュニア賞に限り2Lサイズ可。デジタル写真可。銀塩印画紙にプリントしたもの、インクジェットプリント印刷可。
  • 募集期間  平成30年8月1日(水曜日)~9月18日(火曜日)必着。応募点数は1人5点まで。
  • 応募方法  募集チラシ裏面又は文京区観光協会及び区ホームページに掲載の応募票に作品を貼付し、【〒112-0003文京区春日1-16-21文京シビックセンター1階文京区観光協会】へ持参または郵送。
  • 各賞  推薦1点、特選1点、準特選10点、審査員特別賞 若干点、ジュニア賞4点、入選・佳作各10点(受賞者には賞状・賞品等を授与)

 

入賞作品は区の観光振興に活用

入賞作品等は、写真展(11月9日~11月11日:文京シビックセンター1階ギャラリーシビックにて開催)にて展示されるほか、区ホームページにも掲載されます。また、受賞作を活用した区の観光PRポスターが作成され、観光振興に活用されます。

 

  文京区観光写真コンクールのチラシ  観光写真ジュニア部門のチラシ

カラーリボンのメッセージを呼びかけます!~「カラーリボンフェスタ」を開催します!【事前PR】~

平成30年7月23日

いつ

平成30年7月31日(火曜日)午前10時~午後5時
8月1日(水曜日)午前10時~午後3時

どこで

文京区(総務課ダイバーシティ推進担当)
だれが 文京シビックセンター1階 ギャラリーシビック(展示室1)
内容

国内や世界で広がりを見せているカラーリボン運動は、それぞれの色によりメッセージがあり、例えば、パープルリボンは「女性への暴力根絶」のシンボルとして、オレンジリボンは「児童虐待防止」の意味が込められています。

文京区では、 リボン運動に取り組む各関係団体の協力により、多くのカラーリボンを一堂に介し紹介する「カラーリボンフェスタ」を開催し、例年多くの方にご来場いただき広い啓発につながっています。

また、今回は会期が夏休み中であることから、会場で子ども向けイベント(※)も開催します。

お子さんから大人まで、年代を超えた区民の方々にご来場いただき、各取り組みに関心を持っていただく機会となることを期待して、リボン活動を横断的に周知します。

 

【事業概要】

パネル展示…11色のカラーリボンについてパネル等で紹介

DVD上映…参加団体の紹介や人権に関する映像を上映

チャリティー物販…各団体がグッズ(各種リボンバッジ、キーホルダー、書籍等)を販売
※ご来場いただいた方には、カラーリボン啓発グッズを差し上げます(なくなり次第終了)。

 

チャリティー物販(日時等の予定)

7月31日(火曜日)

  午前10時~午後5時30分  NPO法人全国女性シェルターネット(パープル)

  午前10時~午後1時  公益財団法人がんの子どもを守る会(ゴールド)

  午後1時~5時  日本障害フォーラム(JDF)(イエロー)

8月1日(水曜日)

  午前10時~午後2時30分  NPO法人全国女性シェルターネット(パープル)

  午前10時~午後2時30分  認定NPO法人児童虐待防止全国ネットワーク(オレンジ)

  午前10時~午後1時  日本障害フォーラム(JDF)(イエロー)

  午後0時~3時  公益財団法人ジョイセフ(ホワイト)

  午後0時~1時  公益財団法人がんの子どもを守る会(ゴールド)

 

【夏休み企画】参加自由

7月31日(火曜日)午後1時~3時30分  お茶の水おりがみ会館講師による折り紙教室

8月1日(水曜日)午前10時30分~11時、午後1時30分~2時 図書館職員による大型絵本読み聞かせ

 

  カラーリボンフェスタのチラシ

文京区議会副議長が決まりました

平成30年7月18日

いつ

平成30年7月18日(水曜日)
だれが 文京区議会
内容

本日開催されました、7月臨時議会本会議におきまして、

副議長に田中 和子氏(読み たなか かずこ 70歳 市民の広場・文京)が選任されました。

 

  • 新しい副議長

        副議長:田中和子 

 

 

災害時における相互協力協定を締結します!!

平成30年7月18日

いつ

平成30年7月19日(木曜日)午前11時

どこで

文京シビックセンター16階応接室
だれが 文京区防災課/学校法人郁文館夢学園(理事長 渡邊美樹)
内容

このたび、文京区は、学校法人郁文館夢学園との間に「災害時における相互協力協定」を締結することとなりました。

調印式は文京シビックセンターで行われ、学校法人郁文館夢学園渡邊美樹理事長にも出席いただきます。

この協定は災害時に避難所の定員を超えた場合に、一時的に郁文館夢学園の施設を区民等の避難施設として、区が借り受けるもので、大学をはじめとする各種学校が集積する本区の、地域特性を活かしたものです

引き続き、様々な主体との協働により、区民の安心・安全を守ります。

 

【新たな協定の内容】

  1. 郁文館夢学園は、災害時に区民、区の区域内を訪れた者や学園の生徒、教職員、来訪者などの安全確保のため、施設の一部を一時避難施設として提供する。
  2. 郁文館夢学園は、避難施設の開設、管理及び運営について、区に協力するよう努める。
  3. 区は、郁文館夢学園内に戸別受信機を設置し、災害時に情報を提供する。
  4. 区は、郁文館夢学園が提供した避難施設に収容した者に対し、区の所有する応急医療資材及び備蓄物資を提供する。

 

【次第(予定)】

  • 開式挨拶、出席者紹介、協定書説明
  • 調印
  • 記念撮影
  • 区長挨拶
  • 理事長挨拶
  • 懇談
  • 閉会

 

 

~文の京ゆかりの文化人顕彰事業~朗読コンテスト出場者募集

平成30年7月13日

いつ

応募期間:平成30年8月22日(水曜日)~8月31日(金曜日)(200人:先着順)

本選:平成30年10月28日(日曜日)午後1時~午後4時

どこで

跡見学園女子大学ブロッサムホール(文京区大塚1-5-2)
だれが 文京区アカデミー推進部 文京ふるさと歴史館
内容

文京区に足跡を残した様々な分野の代表的文化人を顕彰し、多様な文学的資源の継承、発掘及び情報発信を進めるため「文の京ゆかりの文化人顕彰事業」の一環として、平成24年から毎年、文京区にゆかりの深い作家の作品を題材にした「朗読コンテスト」を実施しています。

昨年度は、旧駒込千駄木町に暮らし、この地で処女作「吾輩は猫である」や「坊ちゃん」「草枕」など、数々の名作を執筆した夏目漱石の作品を課題作とし、北海道から沖縄まで幅広い地域から定員(200人)を超える応募がありました。

本年度は、同じく近代文学の礎を築いた、文京ゆかりの文豪森鷗外を始めとする6名の作家の名作を課題作としています。

本コンテストは、事前の録音審査により本選出場者を決定し、本選にて最優秀賞などを決定するものです。多くの皆様の参加をお待ちしています。

 

【事前録音審査】

録音審査により、本選出場者を「青少年の部」・「一般の部」合計16人程度に決定。

※審査結果は、応募者全員に9月中旬に通知。

 

 【応募資格】

  1. 年齢、性別の制限はなし。ただし、青年の部は23歳以下(平成30年10月28日現在)の方。
  2. 本選当日、会場に来場可能な方。
  3. 応募にかかる諸費用、本選の際の交通費等を負担できる方

上記全てを満たしていない場合は無効。

 

【応募方法】

課題作から1作品を選び、応募者本人による朗読を録音したカセットテープまたはCDを、応募用紙とともに郵送

※提出したカセットテープまたはCDは返却しない。 

 

【 応募用紙配架施設】

アカデミー推進課、アカデミー文京、各区立図書館、ふるさと歴史館、森鴎外記念館 、跡見学園女子大学

 

【応募提出先】

〒112-8687文京区大塚1-5-2

跡見学園女子大学文京キャンパス事務室 朗読コンテスト係電話(3941)7420 

 

【審査】

  1. 事前録音審査(一財)NHK放送研修センター日本語センター
  2. 本選審査委員長:広瀬 修子(元跡見学園女子大学教授)ほか

 

【課題作】  

森鴎外「最後の一句」

有島武郎「一房の葡萄」

芥川龍之介「蜜柑」

中勘助「銀の匙」

宮沢賢治「よだかの星」

山本有三「路傍の石」

のうち1作品を選択

 

【本選】

日時:平成30年10月28日(日曜日)午後1時から

会場:跡見学園女子大学ブロッサムホール(東京都文京区大塚1-5-2)

内容:ステージ上において、1人3分以上4分以内で、課題作の中から一作品を選びの朗読を行う。(日本語に限る)  

 

【表彰及び賞品】

  • 最優秀賞 部門ごとに1人(記念盾、図書カード1万円分)
  • 優秀賞 部門ごとに2人(記念盾、図書カード5千円分) 
  • がんばったで賞 1人(賞状)

 ※最優秀賞、優秀賞以外の本選出場者にも記念品を贈呈。

 ※本選出場者全員に、コンテスト当日の模様を記録したDVD1枚を贈呈。 

 

【本選観覧者募集】

対象:どなたでも

定員:300人(※定員を超えた場合は抽選)

費用: 無料

申込:応募用紙に付いている葉書やFAX又はEメールで「朗読コンテスト観覧者希望」・住所・氏名・希望人数を明記し、跡見学園女子大学文京キャンパス事務室朗読コンテスト係へ。 

締切:平成30年10月5日(金曜日)必着 

抽選:招待券の発送は10月初旬を予定

 

※どのPC環境でもご覧いただけるよう「鴎」を新字で表記しています。 

 

 

受刑者手作りの逸品が勢揃い!刑務所作業製品の展示即売会「文京矯正展」を開催【事前PR】

平成30年7月12日

いつ

平成30年7月19日(木曜日)~21日(土曜日)午前9時30分~午後4時(最終日は午後3時まで)

どこで

文京シビックセンター地下2階 区民ひろば
だれが

文京区社会を明るくする運動推進委員会・府中刑務所

公益財団法人矯正協会刑務作業協力事業部
内容

“社会を明るくする運動”の一環として、府中刑務所の協力のもと、9回目となる刑務所作業製品の展示即売会「文京矯正展」を開催します。文京区更生保護女性会による古代米の販売、社会福祉法人啓佑会によるパンや加工品等の販売など盛りだくさんの内容となっています。製品の一つひとつが手作りで質が良く、毎年3,000人を超える来場者で賑わっています。

 

【刑務所作業製品を販売…矯正展】

  • 刑務所施設が果たす社会的役割について、多くの方に周知することを目的としています。
  • 刑務所のミニチュア模型や刑務所作業のパネル展示、刑務所作業製品(食料品・木工家具・木工小物・革製品・陶芸品・洋裁品等)の展示即売があります。
  • 売上は刑務作業の原材料費として使用されるほか、犯罪被害者支援団体の活動支援として使用されます。

 

【社会を明るくする運動とは】

  • すべての国民が犯罪・非行の防止と罪を犯した人たちの更生について理解を深め、各々の立場において力を合わせ、犯罪や非行のない明るい社会を築くため、法務省が主唱する全国的な運動です。

 

【文京区における“社会を明るくする運動”活動内容】

  • 文京区保護司会を中心とする30団体で構成する「文京区社会を明るくする運動推進委員会」が、毎年7月の運動強調月間に合わせて様々な活動を実施しています。 

 

  商品を見ている女性  パンを選んでいる親子

 

  展示即売会全体の様子  商品を手にとって選ぶ女性

~夏休みは「文京ふるさと歴史館」でクイズに挑戦~小中学生のための歴史教室「この字がよめる?わがはい君文字クイズ!」を開催します!!

平成30年7月11日

いつ

平成30年7月15日(日曜日)~9月2日(日曜日)

どこで

文京ふるさと歴史館(文京区本郷4-9-29)
内容

歴史への時間飛行(タイムトリップ)「台地と坂と水、そして暮らしの舞台」をテーマに、郷土の歴史や文化財を展示し、地域の博物館として親しまれている「文京ふるさと歴史館」。

夏休み期間中、小中学生を対象にした企画「この字がよめる?わがはい君文字クイズ!」(参加費無料)を実施します。

文京ふるさと歴史館は、区の歴史や文化に関連する資料を多数収蔵、展示しています。謎ときの答えを探すために、展示された資料をじっくり見ることで、区の歴史や文化を学ぶことが出来ます。

節目の10回目となる今回は、昔の文字をヒントにして、館内に展示された様々な資料のなかから、文京区の歴史や資料に関するクイズの答えを探すもので、例年、多くの小中学生が訪れる人気イベントです。

クイズの正解者には“歴史館特製グッズ”をプレゼントします。

江戸時代の地図「切絵図」と、その読み方を紹介する「切絵図の読み方‐昔の文字を読んでみよう!2‐」も同時開催します

自ら調べる、一味違う夏休みの自由研究としても好評です。

 

【実施概要】

  • 期間:平成30年7月15日(日曜日)~9月2日(日曜日)午前10時~午後5時(受付は4時30分まで)
  • 対象:小・中学生
  • 参加:直接、ふるさと歴史館1階受付へ(参加費無料)

【施設案内】

  • 休館日:毎週月曜日(注)7月16日(月曜・祝日)は開館し、翌17日(火曜日)休館
  • 入館料 :幼児・小中学生無料、一般100円・団体(20人以上)70円(65歳以上は無料)
  • 相互割引:文京区立森鴎外記念館

 

※どのPC環境でもご覧いただけるよう「鴎」を新字で表記しています。

 

  親子で展示物の見学中

「まるキャンマーケット~夏の陣~」幽玄の世界へ!区立肥後細川庭園で「薪能」を初開催!!(30年度重点施策)

平成30年7月10日

いつ

平成30年7月21日(土曜日)午後6時より

どこで

肥後細川庭園(文京区目白台1-1-22)
だれが 文京区アカデミー推進課
内容

平成30年7月21日(土曜日)午後6時より、区立肥後細川庭園(文京区目白台1-1-22)において、平成30年度の重点施策の「まるキャンマーケット~夏の陣~」のひとつ、「薪能」を開催します。

区内の公益社団法人宝生会の協力により開催するもので、宝生 和英氏(宝生流二十世宗家)にも特別にご出演いただきます。

当日は800人を越えるお申込の中から当選された方々が参加し、肥後細川家ゆかりの庭園で、かがり火に照らされた能舞台で演じられる、能楽堂とは一味違った幽玄の世界を味わいます。

文京区ならではの自然と歴史、伝統文化が調和した、趣きのある特別な時間です。

 

【「まるキャンマーケット~夏の陣~」概要】

 

平成28年3月に策定したアカデミー推進計画の基本理念(区内まるごとキャンパスにー「文の京」、豊かな学びと交流を生み出すまちー)に基づき、文京区をまるごとキャンパスに見立て、区内各所において家族で楽しめる文化イベントを実施し、文化芸術に触れ合う機会の創出を図るもの。

アカデミー推進計画の文化芸術分野から「だれもが文化芸術に親しむことができる環境づくり」「文化芸術を鑑賞・創造する活動の支援」「『文の京』の文化を守り、伝え、活用する仕組みづくり」を実行するため、区内をまるごとキャンパスに見立て、創造・体験・鑑賞の3つの視点から各種事業を展開する。

 

薪能のチラシ

~ぶんきょうの夏の風物詩~第33回 文京朝顔・ほおずき市【事前PR】

平成30年7月9日

いつ

平成30年7月21日(土曜日)午前8時~午後7時、22日(日曜日)午前8時~午後3時

どこで

傳通院、源覚寺、澤蔵司稲荷(たくぞうすいなり)、善光寺、牛天神北野神社ほか
だれが 主催:文京朝顔・ほおずき市実行委員会、文京区観光協会  後援:文京区ほか
内容

「文京朝顔・ほおずき市」が、7月21日・22日の2日間、文京区小石川で開催されます。「朝顔市」は徳川家ゆかりの傳通院、「ほおずき市」は“こんにゃくえんま”で知られる源覚寺が会場となり、両会場での鉢植え販売のほか、各会場でパフォーマンスやコンサートなどのさまざまなイベントが催されます。今年も傳通院から牛天神北野神社までミニシャトルを随時運行、より気軽にイベント等をお楽しみいただけます。

また、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会を控え、文京区のオリンピック・パラリンピック気運醸成事業として、パラスポーツPRブース(ボッチャ体験)を開設するほか、オリンピック2年前を記念し傳通院では、東京大会より実施されるサーフィン競技発祥の地とされるタイの文化であるタヒチアンダンスをTe A Ohraにより紹介いたします。

会場では、学生ボランティアが皆さんをお待ちしております。区ボランティア情報や区内で活躍している学生の皆さんを紹介するWEBサイト「文京バックアッパーズ」(外部ページにリンクします)もぜひご覧ください。

 

【歴史が息づく風情あふれる地域全体で盛り上がる2日間】

  • 傳通院や源覚寺、澤蔵司稲荷など歴史を感じさせるお寺や趣のある坂など、情緒ある礫川地域一体で文京朝顔・ほおずき市」が開催されます。江戸太神楽やヘブンアーティストによるジャグリングなどの大道芸が地域一体をつなぎ、尚美ミュージックカレッジ専門学校のミュージシャンによる様々な演奏や、縁日・模擬店などでこのエリアを熱くします。今年度は350年続いた金魚の卸問屋が開設した隠れがカフェ「金魚坂」が始めて参加するほか、傳通院本殿前でタヒチアンダンス等も披露されます。

 

【涼を感じる・・・ 朝顔・ほおずきの販売】

  • 朝顔市会場は、傳通院。販売(1鉢1,800円)は売り切れ次第終了となります。
  • ほおずき市会場は、源覚寺境内。販売(1鉢2,000円)は売り切れ次第終了です。また、“鉢植え”の食用ほおずきを100鉢限定で販売します。
  • 各会場内では様々な縁日や模擬店が出店し、華を添えます。

 

  あさがおの写真  朝顔・ほおずき市の様子

 

 ほおずきを見ている親子  ほおずきの写真

文京区の新教育長が就任しました

平成30年7月9日

いつ

平成30年7月8日(日曜日)
内容

平成30年6月25日(月曜日)開催の平成30年文京区議会6月定例議会本会議において、教育長の任命同意がされ、7月8日付けで、区長より任命されました。

 

  • 新しい教育長は、以下のとおり

教育長:佐藤正子(さとうまさこ)

就任:平成30年7月8日

任期:平成30年7月8日~平成33年7月7日

 

 

文京区と盛岡市が友好都市に!!文の京文化発信プロジェクト「啄木学級」を開催しました

平成30年7月6日

いつ

平成30年7月6日(金曜日)午後2時~午後4時30分

どこで

文京シビックホール小ホール(文京区春日1-16-21)
だれが 文京区・盛岡市(共催)
内容

本日、文京シビックホール小ホールで文の京講座「啄木学級」が開催されました。この事業は、石川啄木生誕の地・盛岡市と終焉の地・文京区が文化・観光における相互交流を図ることを目的に平成19年度から実施され、今年度も抽選により選ばれた約300人の方にご参加いただきました。

例年、著名人をお招きした講演会及び啄木研究者との対談を行い、今なお親しまれる啄木の不朽の功績や人物像に触れ、多くの方の文学創造や文化活動への参加機会を提供しています。講演の最後には受講者に修了証書が手渡されるなど、文京区と盛岡市ならではの大変に趣きのある事業となっています。

今年度は芥川賞を受賞した小説家の平野啓一郎氏を講師にお迎えし、「日本文学における啄木」と題した講演のほか、石川啄木記念館の森義真館長との「心をつかむ啄木の表現」と題した対談が行われました。ロビーでは啄木関連の書籍や絵はがきのほか、盛岡市の特産品が販売されるなど、文京区と盛岡市ならでは趣向を凝らした内容で、国内交流・市民間交流の推進に大きく寄与しました。

また、来年2月20日の啄木の誕生日に、盛岡市との間に文京区としては初となる友好都市協定締結について、初めて公の場で発表され、今後益々の幅広いと交流に向けた確かな一歩を踏み出しました。

 

【これまでに締結した協定】

  • 「石川啄木ゆかりの地」災害時における相互応援に関する協定   平成23年11月10日締結
  • 「石川啄木ゆかりの地」地域文化交流に関する協定  平成24年7月5日締結

友好都市協定

【区長コメント】

「盛岡市とは「災害時における相互応援に関する協定」や「地域文化交流に関する協定」で交流を深めてきた。さらに盛岡市との交流を深めるために、友好都市の提携を結ぶこととしたい。」

【盛岡市長コメント】

「文京区との啄木がつないだこのご縁を大切にし、議会の理解も得ながら末永い友好関係を構築していきたい。ついては、平成31年2月20日の啄木の誕生日に盛岡市で友好都市提携の場を設けたい。」

 

※石川啄木「啄」の表記について、「啄」の字はキバ付きが正しい表記ですが、環境依存文字のため「啄」と表記しています。

 

  盛岡市長と文京区長の握手

「まるキャンマーケット~夏の陣~」夏休みに「和」の世界をまるごと体験!!「華道・茶道・書道体験会」を実施します!!(30年度重点施策)

平成30年7月5日

いつ

平成30年8月26日(日曜日)第一部:午後2時~ 第二部:午後3時30分~

どこで

定泉寺(文京区本駒込1-7-12)
だれが

主催:文京区アカデミー推進課

協力:文京区華道茶道連盟/文京区書道連盟/駒込青少年健全育成会
内容

平成30年8月26日(日曜日)平成30年度の重点施策のひとつ「まるキャンマーケット~夏の陣~」として、大好評の「薪能」に引き続き、「華道・茶道・書道体験会」を開催します。

様々な流派・マナーがあり、一見難しく思われがちな日本の伝統文化ですが、文京区華道茶道連盟と書道連盟の専門の先生方が、優しく丁寧に指導してくれますので、経験者はもちろん、初心者でも安心して体験できます。

通常、和室や茶室で行われますが、元和7年(1621年)に開山した、歴史ある寺院を会場にするなど、文京区ならではの伝統文化を体験でき特別な機会です。また、寺院ならではの体験として、香道体験もご用意しています。

 

【「まるキャンマーケット~夏の陣~」概要】

平成28年3月に策定したアカデミー推進計画の基本理念(区内まるごとキャンパスにー「文の京」、豊かな学びと交流を生み出すまちー)に基づき、文京区をまるごとキャンパスに見立て、区内各所において家族で楽しめる文化イベントを実施し、文化芸術に触れ合う機会の創出を図るもの。

アカデミー推進計画の文化芸術分野から「だれもが文化芸術に親しむことができる環境づくり」「文化芸術を鑑賞・創造する活動の支援」「『文の京』の文化を守り、伝え、活用する仕組みづくり」を実行するため、区内をまるごとキャンパスに見立て、創造・体験・鑑賞の3つの視点から各種事業を展開する。 

 

【実施概要】

締切:平成30年8月2日(木曜日)必着

対象:区内在住・在学の小中高生と保護者

定員:60人(30人×2回実施・抽選)

申込:申往復はがきに必要事項を明記のうえアカデミー推進課へ(ホームページから申込も可)

費用:1人あたり400円 

 

  まるキャンマーケットのチラシ表  まるキャンマーケットのチラシ裏

お買物は文京区内で!東日本大震災等復興協力にもつながります!~文京区商店街連合会が「プレミアム付きお買物券」を発行します~

平成30年7月4日

いつ

応募期間:平成30年7月10日(火曜日)~31日(火曜日)まで

(使用期間:平成30年9月3日(月曜日)~31年1月31日(木曜日)) 

だれが 文京区商店街連合会
内容

文京区商店街連合会では、10%のプレミアムが付いた、区内約800店舗でお得なお買い物ができる「プレミアム付きお買い物券」を発行します。

区内の消費を拡大し地域経済の活性化を目的とするとともに、売上の1%を東日本大震災等被災地へ寄付することで、復興支援につなげます。

本事業は、毎年、大変好評をいただいており、昨年度は6,388人の応募がありました。また、平成28年度分の売上の一部である約329万円を福島県浪江町と南相馬市の商店会及び宮城県気仙沼の大谷こども未来基金に寄付しました。ぜひこの機会に区内の商店街でご利用ください。

 

【概要】

  • 発行総額:3億3千万円
  • 発行内容:1セット1万1千円分(500円券22枚つづり)を1万円で販売
  • 応募方法:専用はがき(1人5セットまで申込可)/インターネット(1人4セットまで申込可

 

 プレミアムお買物券  浪江町商店街へ寄付の様子

 

          プレミアムお買い物券のチラシ           南相馬市商店街へ寄付の様子

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター14階南側

広報課

電話番号:03-5803-1128

FAX:03-5803-1331

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.