報道発表資料(30年5月)

Bリーグ   年間王者が文京区へ!!トヨタアルバルク東京が文京区長を表敬訪問に訪れました。

平成30年5月31日

いつ

平成30年5月31日(木曜日)午後1時~

どこで

文京シビックセンター16階庁議室
だれが 文京区スポーツ振興課/アルバルク東京
内容

先般のB.LEAGUE   FINAL2017-18 で見事勝利し、初優勝を決めたアルバルク東京が文京区長を表敬訪問しました。

当日は、アルバルク東京より林代表取締役社長のほか、ルカ・パヴィチェヴィッチヘッドコーチ、正中岳城選手(キャプテン)、菊地祥平選手、竹内譲次選手、マスコットのルークが来庁し、優勝報告を行いました。

区とトヨタアルバルク東京株式会社とは、バスケットボールを中心としたスポーツの振興を図り、地域社会におけるスポーツの発展及び区民の健康増進に寄与することを目的に協定を締結しています。

文京区は、東京2020大会に向けて“観るスポーツの振興”にも力を注ぎ、大会の気運醸成を図ります。

  

【成澤区長のコメント】

昨年度の区民向け応援ツアーでは抽選になるほど区民の注目度は高い。今よりもさらにファンを増やせるように区としても応援していきたい。

 

【アルバルク東京のコメント】

林社長:自分たちのすべき事を徹底した結果が優勝につながった。来シーズンはまたチャレンジャーとして挑みたい。

選手:これからもずっと応援されるような選手、チームとなるため引き続き頑張りたい。

 

アルバルク東京表敬訪問の様子  区長とアルバルク東京ヘッドコーチ

 

区長 

 

Bリーグ   年間王者が文京区へ!!アルバルク東京が文京区長への表敬訪問を行います【事前PR】

平成30年5月30日

いつ

平成30年5月31日(木曜日)午後1時~   記者受付開始:午後0時45分~

どこで

文京シビックセンター16階庁議室
だれが 文京区スポーツ振興課/アルバルク東京
内容

先般のB.LEAGUE   FINAL2017-18 で見事勝利し、初優勝を決めたアルバルク東京が文京区長を表敬訪問します。

当日は、アルバルク東京より林代表取締役社長のほか、ルカ・パヴィチェヴィッチヘッドコーチ、正中岳城選手(キャプテン)、菊地祥平選手、竹内譲次選手、マスコットのルークが来庁し、優勝報告を行います。

区とトヨタアルバルク東京株式会社とは、バスケットボールを中心としたスポーツの振興を図り、地域社会におけるスポーツの発展及び区民の健康増進に寄与することを目的に協定を締結しています。

文京区は、東京2020大会に向けて“観るスポーツの振興”にも力を注ぎ、大会の気運醸成を図ります。 

 

パブリックビューイングの様子  観戦する来場者の様子

 

協定締結式の様子 

 

「肥後六花」の1つ、「肥後花菖蒲」が楽しめる全国でも希少な機会!!区立肥後細川庭園で「花菖蒲ウィーク」を開催します(事前PR)

平成30年5月23日

いつ

平成30年5月26日(土曜日)~6月17日(日曜日)

どこで

肥後細川庭園(文京区目白台1-1-22)
だれが 文京区みどり公園課/肥後細川庭園   松聱閣
内容

平成29年3月18日に名称を変更した肥後細川庭園(旧名称:新江戸川公園)は、肥後熊本藩細川家下屋敷・抱屋敷の庭園の跡地を、そのまま公園にした池泉回遊式庭園です。

四季折々の多くの草花が楽しめ、なかでも、全国でも希少な「肥後六花」のうち「肥後花菖蒲」およそ30品種500株が順次咲き誇るのをご覧いただくことが出来ます。

「肥後花菖蒲」は花弁が大きく大輪であることや、花芯が立っていることが特徴で、江戸時代より細川家が品種改良を重ねた熊本独特の花です。「肥後菊」「肥後椿」「肥後山茶花」「肥後朝顔」「肥後芍薬」とあわせ、「肥後六花」と言われています。

日本庭園の池の縁に沿って新たな肥後花菖蒲の株が追加され、ますます見応えが増しました。期間中は「肥後花菖蒲ガイドツアー」のほか、「庭園のパステル画展」も開催され、ご来園の皆様にお楽しみいただけます。

現在、例年より2週間ほど開花が早まっており、早咲きが見頃を迎えつつあります。

 

肥後細川庭園内の様子  園内で早咲きの吉江紫  

 

~「安全・安心まちづくり」に向けて~~湯島地区環境浄化パトロールが400回を迎えます~【事前PR】

平成30年5月22日

いつ

平成30年5月23日(水曜日)午後8時~   1時間程度   ※雨天中止(ご注意ください。)

どこで

文京区湯島地区

集合場所:天三町会会館(湯島3-33-3)

だれが 湯島地区環境浄化推進委員会
内容

これまで、湯島地区においては、管轄する本富士警察署を始め、安全安心まちづくりを推進する地区(防犯対策を推進する地区)として指定されている湯島坂下地区の湯島地区環境浄化推進委員会が中心となり、環境浄化パトロールが実施されています。

平成12年9月18日より開始以来、400回を迎えるため、激励のため文京区長がパトロールに参加します。

 

【安全・安心まちづくり推進地区の種類】

  • 防犯対策を推進する地区、通学路の安全対策を推進する地区、自転車の安全運転を推進する地区、その他区長が特に必要があると認めた地区

 

 

「まるキャンマーケット~夏の陣~」幽玄の世界へ誘います!区立肥後細川庭園で「薪能」を実施します!!(30年度重点施策)

平成30年5月22日

いつ

平成30年5月25日(金曜日)~ 6月26日(火曜日)募集 、7月21日(土曜日)実施

どこで

肥後細川庭園(文京区目白台1-1-22)
だれが 文京区アカデミー推進課
内容

平成30年7月21日(土曜日)午後6時より、区立肥後細川庭園(文京区目白台1-1-22)において「薪能」を開催します。平成30年度の重点施策のひとつ「まるキャンマーケット~夏の陣~」として今般、初開催となります。

文京区ならではの自然と歴史、伝統文化が調和した、趣きのある特別な時間を提供します。

 

【薪能】

夏場の夜間に、主に屋外のかがり火に照らされた能舞台で演じられるもので、能楽堂で演じられる能とは一味違った幽玄の世界が味わえます。

 

【「まるキャンマーケット~夏の陣~」概要】

平成28年3月に策定したアカデミー推進計画の基本理念(区内まるごとキャンパスにー「文の京」、豊かな学びと交流を生み出すまちー)に基づき、文京区をまるごとキャンパスに見立て、区内各所において家族で楽しめる文化イベントを実施し、文化芸術に触れ合う機会の創出を図るもの。

アカデミー推進計画の文化芸術分野から「だれもが文化芸術に親しむことができる環境づくり」「文化芸術を鑑賞・創造する活動の支援」「『文の京』の文化を守り、伝え、活用する仕組みづくり」を実行するため、区内をまるごとキャンパスに見立て、創造・体験・鑑賞の3つの視点から各種事業を展開する。

 

【実施概要】 

  • 日時:平成30年7月21日(土曜日)午後6時開演
  • 演目:「小鍛治」
  • 協力:公益社団法人宝生会
  • 出演:宝生 和英氏(宝生流二十世宗家)
  • 会場:肥後細川庭園(文京区目白台1-1-22)
  • 対象:区内在住・在学・在勤
  • 定員:150人
  • 申込:往復はがき、またはメールに必要事項を明記のうえアカデミー推進課へ
  • 費用:1人あたり1,000円

 

 

多様化するサイバー攻撃に備えます攻撃への備え文京区中小企業事業者等サイバーセキュリティに関する協定を締結しました

平成30年5月22日

いつ

平成30年5月22日 (火曜日) 午前10時30分

どこで

文京シビックセンター16階庁議室(文京区春日1-16-21)
だれが

文京区経済課/富坂警察署長、大塚警察署長、本富士警察署長、駒込警察署長、東京商工会議所文京支部会長

内容

このたび、文京区は、上記の警察署及び団体と、『文京区中小企業事業者等サイバーセキュリティに関する協定』を締結しました。

締結式は文京シビックセンターで行われ、成澤 廣修(なりさわ ひろのぶ)文京区長と上記の警察署、団体の代表者が出席し、執り行われました。

この協定は、文京区に所在する中小企業事業者におけるサイバーセキュリティ意識の向上及びサイバー犯罪・サイバー攻撃による被害の防止を図ることを目的とするものです。

協定締結後、本協定の実効性が高まるよう、区中小企業事業者等を対象に、東京都警察情報通信部情報技術解析課技官らによるサイバーセキュリティセミナーも実施しました。

今後も各関係機関や公共的団体、民間企業と連携・協力し、サイバーセキュリティ対策の強化・充実を図っていきます。

 

【締結式での区長あいさつ(抜粋)】

オリンピック・パラリンピックを控えて、都市の混乱を狙ったサイバーテロ等が想定される中で、善意の事業活動を行う区内の中小企業者等が攻撃の対象となることも予想されます。それによりそれぞれの企業が保有する顧客情報などの個人情報等が流出し、企業活動に大きな被害を与えることも考えられます。サイバーセキュリティの重要性は、事業者が考えている以上に今後増してくるものと思われます。

サイバーセキュリティについて、区内警察署のご指導をいただきながら、東京商工会議所文京支部とも連携して、企業向けのセミナーや意識啓発事業に積極的に取り組んでまいります。

 

区長と警察署、団体の代表者の様子

 

 文京区中小企業事業者等サイバーセキュリティに関する協定締結の様子  サイバーセキュリティセミナーの様子 

 

 

パパ・ママ・キッズ大集合!「子ども用品とりかえっこ~衣類・おもちゃの無料交換会」を開催します

平成30年5月22日

いつ

平成30年6月2日(土曜日)午前10時~午後3時(最終入場は午後2時30分まで)

どこで

文京シビックセンター4階シルバーホール(文京区春日1-16-21)
だれが 文京区リサイクル清掃課
内容

子どもの成長とともに、必要なものは次々と変化していきます。

想い出が詰まった子供服やおもちゃなど、ご家庭で眠っている子ども用品は、ほかの誰かにとっては必要なものかもしれません。

子どもたちの成長を願い大切に選び使ってきたものを、次の必要としている方へ、そして自分の必要なものを想い出とともに受け取る、お子さんと一緒に楽しみながらリサイクルに貢献できる事業です。

「もったいない」から「ありがとう」へつなげる活動で、資源の有効利用と身近な社会貢献を図ります。

 

【事業概要】

区内在住・在勤者で、交換できる品物を持参できる方を対象に、持参いただいた点数(1家族10点まで)と同数の品物をお持ち帰りいただけます。(ただし、おもちゃ類の持ち帰りは1家族4点まで。)

※交換は行わず、品物の提供のみも受け付けます。

 

【交換できる品物】

  • 靴やバックを含む子どもの衣類(160cmまでの洗濯済みのもの)
  • 30センチ以下のおもちゃ及び、子供向けのCD,DVD,絵本
  • 下着・靴下は新品のもの

 

子ども用品とりかえっこ~衣類・おもちゃの無料交換会チラシ  来場者の様子

 

子ども用品とりかえっこ~衣類・おもちゃの無料交換会の様子  子ども服を手に取る親子の様子 

~ミドル・シニア目線を活かした発信力強化事業 ~「セカンドステージサポートゼミ」を新規開講します【30年度重点事業】

平成30年5月21日

いつ

平成30年6月~平成31年3月
だれが 文京区高齢福祉課
内容

区の重点施策として新たに「セカンドステージサポートゼミ」を開講します。

超高齢社会の到来に向けて、元気高齢者が地域や施設での「サービスの担い手」として活躍することが期待されている今、文京区では、概ね50歳以上のミドル・シニアの皆さんが、長年培ってきた経験や知識を地域活動に活かせるよう様々な講座を開催して、豊かな高齢期を送る機会を提供しています。
本講座では、区が発行するミドル・シニアのための情報誌『セカンドステージ・サポート・ナビ』(※)の編集をミドル・シニアの皆さんの視点での改善や、新たに開設する専用ホームページやミドル・シニアの利用実態に即した情報媒体を活用した積極的な発信などを行い、情報発信を強化します。

 

※セカンドステージ・サポート・ナビ

50、60、70歳代の方に向け、区や関係機関で実施しているミドル・シニア(概ね50歳以上の方)向けのボランティア活動や仕事、学習、趣味の講座などさまざまな情報を掲載。

 

【オープニングセミナー】

  • 日時:平成30年6月30日(土曜日)午後1時~午後5時、7月7日・21日(土曜日)午後1時~午後4時
  • 会場:福祉センター江戸川橋(小日向2丁目16番15号文京総合福祉センター4階)
  • 内容:雑誌編集やボランティア活動に関する講演や講座(オリエンテーション、チームビルディング、プロのカメラワーク、デザイン・ライティング講座ほか)
  • 講師:(社福)武蔵野会リアン文京総合施設長 山内哲也氏ほか

 

【以降の予定】

  • 7~9月 企画会議ワークショップ
  • 9~11月 編集会議ワークショップ
  • 12月 成果報告会
  • 31年1~3月 専用サイト更新検討会

 

【募集概要】

  • 対象:概ね50歳以上の区内在住者 定員:15人(抽選)
  • 申込み:5月25日(金曜日)より、はがき、FAX、区ホームページで受付 

 

【今年度予定しているミドル・シニア向けセミナー】

  • 8月開講:介護施設就業体験セミナー(インターンとして介護補助の実務体験)
  • 9月開講:絵本の読み聞かせ講座(絵本読み聞かせボランティア活動を行うためのスキル習得)
  • 11月開講:高齢者施設ボランティア講座(介護施設でボランティア体験)

 

 

ミドル・シニアのための情報誌『セカンドステージ・サポート・ナビ』 

区・消防・地域住民などが協力して、水害から地域を守ります~文京区合同総合水防訓練を実施しました~

平成30年5月18日

いつ

平成30年5月18日(金曜日)午前9時30分~午前11時00分

どこで

六義公園運動場(文京区本駒込6-16-10)
だれが 文京区/小石川消防署・本郷消防署/小石川消防団・本郷消防団/災害時支援ボランティア/区内町会(自治会)など(約200名)
内容

これからの雨季を前に、台風や近年頻発する局地的な集中豪雨による災害に対し、これまで以上に万全な対策を図るため、区内消防署や消防団などとともに、合同水防訓練を実施しました。文京区では、毎年5月の水防月間に、水防意識の啓発と技術向上を目指して実施しており、本年度は、関東地方に接近した大型台風に伴い区内に記録的な豪雨が続き、神田川の増水による区内低地付近の冠水、家屋の倒壊等による大規模な水害が発生したという想定で行われました。

区内で起こりうる都市型水害に備え、区民との連携により減災・地域防災力の向上に繋がるよう、今後も関係機関と協力して、地域の保全に努めます。

  

【訓練の概要】

  • 内容:付与された設定に基づき、区職員、消防職員、消防団員、地域住民など参加各隊が、それぞれの災害状況に応じ、身近な資材を活用して住宅への浸水を防止する「簡易水防工法」、越水を防ぐ「積み土のう工法」や「改良型積み土のう工法」、大雨で下水が逆流してマンホールの蓋が上がることを防ぐ「マンホール噴出防止工法」などを行いました。今年度は、例年の訓練に加えて、崖地において土砂崩れが発生した想定に基づき、文京区、消防署及び消防団が連携して「倒壊家屋救助活動訓練」を行いました。そのほか、救命ボートや水防資器材の展示を行いました。

 

合同総合水防訓練の様子  簡易水防工法の様子

 

訓練に参加する本郷消防団の様子  訓練に参加する区長の様子 

多様化するサイバー攻撃に備えます攻撃への備え文京区中小企業事業者等サイバーセキュリティに関する協定を締結します。

平成30年5月18日

いつ

平成30年5月22日 (火曜日) 午前10時30分

どこで

文京シビックセンター16階庁議室(文京区春日1-16-21)
だれが

文京区経済課/富坂警察署長、大塚警察署長、本富士警察署長、駒込警察署長、東京商工会議所文京支部会長

内容

このたび、文京区は、上記の警察署及び団体と、『文京区中小企業事業者等サイバーセキュリティに関する協定』を締結することとなりました。

締結式は文京シビックセンターで行われ、成澤 廣修(なりさわ ひろのぶ)文京区長と上記の警察署、団体の代表者が出席します。

この協定は、文京区に所在する中小企業事業者におけるサイバーセキュリティ意識の向上及びサイバー犯罪・サイバー攻撃による被害の防止を図ることを目的とするもので、本協定の実効性が高まるよう、協定締結後、区中小企業事業者等を対象としたサイバーセキュリティセミナーを実施します。

 

【式次第】

  • 開会
  • 出席者紹介
  • 協定概要説明
  • 署名
  • 締結者挨拶
  • 写真撮影
  • 閉会

【サイバーセキュリティセミナー】

  • 日時:平成30年5月22日(火曜日)午前11時から正午
  • 会場:文京シビックセンター21階2103会議室
  • 内容:「サイバー空間の脅威と現状について」

                    講師:サイバーセキュリティ対策本部          

                

                 「標的型メール攻撃のデモンストレーション」

                    講師:東京都警察情報通信部情報技術解析課技官

 

 

~Bリーグ   年間王者決定戦を、文京シビックセンターで観戦しよう!B.LEAGUE CHAMPIONSHIP2017-18   パブリックビューイング【事前PR】

平成30年5月17日

いつ

平成30年5月26日(土曜日)午後2時05分試合開始(開場:午後1時45分)

どこで

文京シビックセンター地下2階区民ひろば(春日1-16-21)
対象 どなたでも 
主催 文京区
内容

5月26日(土曜日)午後2時05分から、文京シビックセンター地下2階区民ひろばで「B.LEAGUE-CHAMPIONSHIP2017-18 」のパブリックビューイングを開催します。

2016年から始まった日本男子プロバスケットボールリーグ(B.LEAGUE)の年間王者を決めるもので、区内にJBA(日本バスケットボール協会)及びB.LEAGUEの本部があることから開催し、これまでも多くのバスケットボールファンが訪れています。

入場無料でどなたでもご参加いただけます。当日、直接会場へお越しください。

日本最高峰のゲームを、138インチの大型モニターで見届けましょう!

文京区は、東京2020大会に向けて“観るスポーツの振興”にも力を注ぎ、大会の気運醸成を図ります。

 

【開催概要】

  • 会場:区民ひろば(文京シビックセンター地下2階)
  • 参加費:無料
  • 対象:どなたでも
  • 座席数:100席
  • 参加方法:当日、直接会場へお越しください。
  • その他:アルコール・危険物の持込み、鳴り物等による応援、録画・録音及び、許可のない撮影等は禁止

 

【スケジュール】

      午後1時45分      開場

      午後2時05分      試合開始

      午後5時00分      試合終了予定

 

過去のパブリックビューイングの様子  138インチの大型モニター

 

パブリックビューイングの来場者の様子 

 

区・消防・地域住民などが協力して、水害から地域を守ります~文京区合同総合水防訓練を実施します~(事前PR)

平成30年5月10日

いつ

平成30年5月18日(金曜日)午前9時30分~午前11時00分

どこで

六義公園運動場(文京区本駒込6-16-10)
だれが 文京区/小石川消防署・本郷消防署/小石川消防団・本郷消防団/災害時支援ボランティア/区内町会(自治会)など(約200名)
内容

これからの雨季を前に、台風や近年頻発する局地的な集中豪雨による災害に対し、これまで以上に万全な対策を図るため、区内消防署や消防団などとともに、合同水防訓練を実施します。 文京区では、毎年5月の水防月間に、水防意識の啓発と技術向上を目指して実施しており、本年度は、関東地方に接近した大型台風に伴い区内に記録的な豪雨が続き、神田川の増水による区内低地付近の冠水、家屋の倒壊等による大規模な水害が発生したという想定で行われます。

 区内で起こりうる都市型水害に備え、区民との連携により減災・地域防災力の向上に繋がるよう、今後も関係機関と協力して、地域の保全に努めます。

 

【訓練の概要】

  •  内容:付与された設定に基づき、区職員、消防職員、消防団員、地域住民など参加各隊が、それぞれの災害状況に応じ、身近な資材を活用して住宅への浸水を防止する「簡易水防工法」、越水を防ぐ「積み土のう工法」や「改良型積み土のう工法」、大雨で下水が逆流してマンホールの蓋が上がることを防ぐ「マンホール噴出防止工法」などを行います。今年度は、例年の訓練に加えて、崖地において土砂崩れが発生した想定に基づき、文京区、消防署及び消防団が連携して「倒壊家屋救助活動訓練」を行います。そのほか、救命ボートや水防資器材の展示を行います。

 

 

 

前回の水防訓練の様子  連結水のう工法の様子

 

はしご車を使った訓練の様子  訓練する消防職員と参加者の様子

 

~区ゆかり将軍家・大名家ご当主が最優秀賞を決定~全国より「文の京」歴史再発見~江戸から明治~レポート募集します。(平成30年度 文京区重点施策)

平成30年5月8日

いつ

平成30年5月10日(木曜日)~9月10日(月曜日)
だれが 文京区アカデミー推進課
内容

江戸から明治へ時代が移り変わって150年の節目を迎える本年、文京区では国内の大学生(大学院生を含む)を対象に江戸時代、現在の文京区域に屋敷を構えていた大名家の歴史や文京区との関わりについて研究し、そこから得られたこれからの文京区政や現代社会に活かせる教訓や展望などについて考察したレポートを募集します。

平成30114日(日曜日)に開催する「殿様サミット」の会場において、一次審査(書類審査)の通過者がプレゼンテーションを行い、区とゆかりの深い御三家や大名家のご当主達が最優秀賞を決定します。最優秀賞受賞者に旅行券10万円分を差し上げます。

歴史が好きな全国の大学生の皆さんからのご応募をお待ちしています。

 

【募集概要】

  • テーマ:江戸から明治へ時代が移り変わって150年となる本年、現在の文京区域に屋敷を構えていた大名家の歴史や文京区との関わりについて研究し、そこから得られたこれからの文京区政や現代社会に活かせる教訓や展望などについて考察したレポート
  • 対象:日本国内の大学(大学院でも可)に在学する個人またはグループ
  • 申込:所定の申込用紙とA4判用紙に印刷したレポート及びデータによる
  • 賞品:最優秀賞1編に旅行券10万円分

     ※詳細は別紙「募集要項」参照/文京区ホームページに申込用紙・要項等を掲載します。

 

【殿様サミット】

  • 日時:平成30114日(日曜日)午後1時開演予定
  • 会場:文京シビックセンター2階小ホール
  • 出演者:御三家より德川斉正氏、
  • 大名家より阿部正絋氏、細川護光氏、前田利祐氏(五十音順)
  • コーディネーターとして、樺山紘一氏(東京大学名誉教授、印刷博物館館長)  
  • 概要:
    (1)「歴史再発見」一次審査通過者の発表及び最優秀賞の決定、表彰
    (2)江戸時代に文京区に屋敷を構えていた将軍家・大名家のご当主等をお招きし、文京区との関わりや当主としてどのように歴史を受け継いできたか等を題材にシンポジウムを開催する。

 ※開催時には招待ご当主の地元自治体の協力により、特産品の販売を行う。

 ※殿様サミットの観覧は事前申込制です。申込についての詳細は、文京区ホームページや区報8月25日号でお知らせします。

 

 

 

 

 

~喫煙マナーの向上と地域の環境美化の向上~文京区歩行喫煙等禁止周知・啓発キャンペーンを実施します!!

平成30年5月1日

いつ

平成30年5月8日(火曜日)午前8時30分~午前9時

どこで

東京メトロ丸ノ内線御茶ノ水駅周辺
だれが 文京区環境政策課
内容

平成21年4月1日に「文京区歩行喫煙等の禁止に関する条例」を施行し、区内全域において歩きたばことポイ捨てを禁止した文京区では、これまで喫煙マナー向上のための啓発活動を継続して行っています。

平成30年5月8日(火曜日)午前8時30分より、地元の町会や大学とともに、区内主要駅の一つであり、重点地区に指定している御茶ノ水駅周辺でポケットティッシュを配布し、喫煙マナーの向上を啓発します。

配付するティッシュは、オリンピック・パラリンピック開催に向けて増加が予想される訪日外国人にもより理解しやすいよう、英語表記のほかイラストを多用した仕立てで、より理解が深まるよう配慮し、喫煙マナーの向上と地域の環境美化の向上に努めます。

 

 

【区内全域で歩きたばことポイ捨て禁止!】

平成21年4月に「文京区歩行喫煙等の禁止に関する条例」を施行し、区内全域で歩きたばことポイ捨てを禁止しています。地域を限定した重点地域では、指定の喫煙場所を除き、路上での一切の喫煙を禁止しています。

 

【キャンペーンの具体的】

29年度は15回、区内の東京メトロ、都営地下鉄の駅周辺を中心に、地元町会、地元企業・大学ボランティア、シルバー人材センターなど、多くの方の協力を得て、啓発用ポケットティッシュの配布を行っています。

 

【今後のスケジュール】

  • 平成30年5月16日(水曜日)春日駅周辺
  • 平成30年5月29日(火曜日)江戸川橋駅周辺

        ※いずれも午前8時30分~午前9時 

 

【その他】

「屋内喫煙所設置費等助成」

喫煙者と非喫煙者の共生を目的として、誰もが無料で利用できる屋内喫煙所の設置をする方に、設置に係る費用と維持管理に係る費用を助成する制度を活用し、現在、1店舗で設置され運営しています。

 

前回の啓発活動の様子  啓発用ポケットティッシュ

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター14階南側

広報課

電話番号:03-5803-1128

FAX:03-5803-1331

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.