報道発表資料(30年4月)

麻しんの感染予防の注意喚起を強化しています

平成30年4月27日

いつ

平成30年4月27日(金曜日)
だれが 保健衛生部予防対策課
内容

平成30年3月20日、沖縄県内で旅行客が麻しんと診断され、当該患者と接触歴のあった者や同じ施設を利用した者を中心に、沖縄県内で麻しん患者の発生が続いています。

大型連休を間近に控え、国内外の往来や人の多い場所に出向く機会の増加に伴う麻しんの流行拡大も懸念されるため、文京区は、区民への注意喚起を強化しています。また、区内及び都内での発症の予防対策として、最も予防効果の高いワクチンの接種機会の増加につながるよう、定期予防接種やワクチン費用助成(任意予防接種)の全額助成制度について、区民へ改めて周知しています。

引き続き、感染症の予防及び蔓延防止となる予防態勢に努めます。

 

【ワクチン費用助成(任意予防接種)の全額助成制度】

文京区では、MR(麻しん風しん)ワクチン定期予防接種の接種機会を逃した2歳から20歳未満の対象者の方で、区内指定医療機関で任意予防接種をする費用を全額助成。

 

 

子どもたちの健やかな成長を願って~「子どもの日」を前に、文京シビックセンターに鯉のぼりを掲揚します~

平成30年4月25日

いつ

平成30年5月1日(火曜日)~11日(金曜日)

どこで

文京区幼児保育課
だれが 文京シビックセンター正面玄関(礫川公園側玄関前)
内容

「子どもの日」を前に、文京シビックセンター(礫川公園側玄関前)に鯉のぼりを掲揚します。これは、5月5日から始まる、子どもや家庭、子どもの健やかな成長について国民全体で考える「児童福祉週間」にあわせ実施しているもので、鯉のぼりは五月晴れの爽やかな風を受け、区旗とともに青空を悠々と泳ぎます。

 

昨年の鯉のぼりの様子  昨年の鯉のぼり掲揚の様子 

「天気もひどく好いから、どこへでも御一しよに行きませう。」森鴎外記念館 平成30年度特別展「鴎外と旅する日本」を開催しています

平成30年4月20日

いつ

平成30年4月7日(土曜日)~7月1日(日曜日)

どこで

文京区立森鴎外記念館(文京区千駄木1-23-4)
内容

文京ゆかりの文人森鴎外は、小説家としてだけではなく、評論家・教育者、軍意図してもきわめて優れた功績を残すなど、多くの側面を持ち合わせる文化人でした。

今回の展示は、鴎外が主に軍医として公務で訪れた地と、森林太郎として家族や友人と訪れた地を、資料や写真などで紹介しています。

「高瀬舟」や「阿部一族」などの作品の舞台となった地を、旅行記や日記等で読み解くほか、家族宛の書簡等から、その行程や立ち寄り先をうかがい知る事が出来ます。

また、鴎外が訪れた地を現在の地図上に表記した「鴎外TRAVEL MAP」は大きな見所の一つです。

近代日本の勃興期であり、鉄道の普及も通信手段も発達途中であった明治と言う時代背景の中、鴎外が歩み、目にした風景を、平成の今、往時に想いを馳せながら辿っていただくことが出来ます。 

 

【展覧会概要】 

文京区立森鴎外記念館特別展「鴎外と旅する日本」

  • 会期:平成30年4月7日(土曜日)~ 7月 1日(日曜日)午前10時~午後6時(最終入館午後5時30分)
  • 会期中の休館日:5月22日(火曜日)/6月26日(火曜日)
  • 観覧料:一般500円(20名以上の団体:400円)

※中学生以下無料、障がい者手帳ご提示の方と同伴者1名まで無料

※その他各種割引がございます。詳細は記念館ホームページをご覧ください。

 

※どのPC環境でもご覧いただけるよう「鴎」を新字で表記しています。

 

森鴎外記念館特別展  森鴎外記念館の展示の様子

 

鴎外と旅する日本の展示の様子 

~東京の民生委員制度発足100周年~成澤区長が一日民生児童委員として、民生委員制度をPRします!!

平成30年4月18日

いつ

平成30年4月28日(土曜日)午前11時~(1時間程度)

どこで

根津神社(文京区根津1-28-9)
だれが

主催:東京都民生児童委員連合会

文京区民生児童委員

文京区長/文京区福祉部/文京区福祉部福祉政策課
内容

東京都民生委員の前身である救済委員制度の発足100年を記念し、成澤文京区長が一日限りの民生児童委員の委嘱を受け、文京区民生児童委員の方々とともに、その活動や意義をPRします。

地域の身近な相談員として、必要な支援や環境づくりなどの役割を担う「民生児童委員」の活動を広く周知し、高齢者や障害者、子どもたちなど、誰もが安心して住み続けることが出来る社会を目指します。

なお、会場となる根津神社では現在、「第49回文京つつじまつり」が開催中で、約100種類3000株のつつじが植えられた「つつじ苑」が公開されています。

 

<民生児童委員>

「民生委員法」「児童福祉法」によって設置され、厚生労働大臣の委嘱を受けて活動している地域の方々に最も身近な相談・支援者です。

主に、地域住民の介護の悩みや子育ての不安、障害者の心配、経済的困窮など福祉に関する様々な相談に応じ、支援を必要とする人と行政機関を繋げるパイプ役を担うほか、敬老金配付等の区の事業への協力や、子育て・高齢者サロン等の運営などの自主活動も行っています。現在、区内には146人の委員が委嘱を受け、活動しています。 

 

 

社会教育団体登録申請書の紛失について

平成30年4月16日

いつ

事故判明日:平成30年4月2日(月曜日)

どこで

文京シビックセンター内
だれが 文京区アカデミー推進課
内容

平成30年4月2日(月曜日)、一団体の社会教育関係団体登録申請書(住所・氏名等記載)の所在が不明であることが判明しました。区では、このような事案が発生し、ご申請者及び関係者の皆様にご迷惑とご心配をおかけしたことを深くお詫び申し上げますとともに、個人情報の管理を徹底し、再発防止に努めてまいります。

 

【社会教育関係団体登録とは】

  • 本事業は、生涯学習の振興と社会教育関係の団体育成を図るため、登録申請を受け付け、要件に該当する団体に対し、登録証を交付するとともに、分野別に団体名簿を作成し、区民に情報提供しているものです。

 

【事故の経緯】

  • 平成30年4月2日(月曜日)申請者様より、平成29年10月中旬に申請書(住所・氏名等記載)を提出した後、区から何の連絡もないがどうなったかとの電話を受ける。受付簿及び団体名簿により当該団体の受付を確認したが見当たらなかったため、保留状態もしくは他の書類等に紛れていないか、確認してご連絡すると回答した。
  • 平成30年4月3日(火曜日)に当時の職員全員に本件について聴取したが判明しなかった。さらに、事務室内の当該事務の書棚等を探したが発見できなかった。同日、申請者様に謝罪するとともに、引き続き探すことについて了承いただいた。
  • 平成30年4月4日(水曜日)~6日(金曜日)に事務室内の書棚等を探したが見当たらなかった。
  • 平成30年4月9日(月曜日)に申請者様に経過をご報告し、再度謝罪のうえ、再申請についてご案内した。

 

【事故の原因】

  • 窓口での申請を受け付けた後、誤ってシュレッダーにより廃棄してしまった可能性がある。

 

【再発防止策】

  • このような事態が発生したことを深く反省し、窓口での申請受付の方法を見直し、個人情報を含む申請書類の取扱いについて、改めて職員に対する指導の徹底を図り、再発防止に努めてまいります。

 

 

ベルリン市ミッテ区代表団が文京区を訪れました

平成30年4月13日

いつ

平成30年4月13日(金曜日)正午より

どこで

文京シビックセンター16階庁議室
だれが 文京区/ベルリン市ミッテ区
内容

本日4月13日(金曜日)、ベルリン市ミッテ区代表団が文京区を訪れ、成澤区長を表敬訪問しました。

成澤区長はエフライム・ゲーテ副区長ら3名の代表団と意見交換を行ったほか、友好の証として、ベルリンで実際に使われている東独時代に生まれた歩行者用信号機で、愛らしいキャラクターが魅力的な「アンペルマン信号機」の贈呈を受け、両代表による点灯式を実施しました。

ミッテ区は文京ゆかりの文人の一人で明治の文豪森鴎外がドイツ留学時に過ごした街で、区内には、文京区と同じく、森鴎外記念館があります。ベルリン市の中央に位置し、首都ベルリンの中枢を担っています。

代表団は4月14日(土曜日)には、区立森鴎外記念館を訪れ、同館で現在開催中の特別展「鴎外と旅する日本」を観覧するほか、午後4時30分より、鴎外記念館のある国内外3自治体による「文京×津和野×ミッテ鴎外が繋ぐ縁の日独自治体交流コンサート」を鑑賞する予定です。

 

【文京区 成澤廣修区長のコメント】

鴎外の生誕地である津和野、留学先であるベルリン・ミッテ区、その後60歳で亡くなるまでの30年を過ごした文京区で交流を深めることができ、嬉しく思います。没後100年には記念事業を企画する予定があり、ミッテ区にもご協力を頂ければと思っています。

また、文京区は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックではドイツのホストタウンの一つとなっており、その面でも今後交流を深めていけたらと思っています。

このたび贈呈されたアンペルマンの信号機は、友好のしるし、平和の象徴としてアンペルマンが持っている歴史を子どもたちに伝えていくことで、平和の大切さや人権意識などの良い教材として使わせていただければと考えております。

 

【ミッテ区エフライムゲーテ 副区長のコメント】

東西ドイツ分断後には、制度や機構の多くが西側のシステムに合わせて統一されましたが、信号機は民衆の運動があり、東側で使われていたアンペルマンが残りました。そのことからアンペルマンの信号機は平和、協力の象徴とも言われています。この信号機を文京区の皆様に贈呈できることはとてもうれしく思います。

 

 

※どのPC環境でもご覧いただけるよう「鴎」を新字で表記しています。

 

アンペルマン信号機の点灯式の様子  アンペルマン信号機贈呈の様子

 

ベルリン市ミッテ区代表団との意見交換の様子 

 

平成30年度重点施策 23区初!!「マンション管理組合設立支援事業」を実施します。

平成30年4月11日

いつ

平成30年4月1日(日曜日)
だれが 文京区都市計画部住環境課
内容

マンション管理の適正化を支援する施策として、23区では初めて、管理組合が未設立のマンションにマンション管理士を派遣し、管理組合の成立等に関する助言を行うことで管理組合の設立を支援し、計画的かつ適正な維持管理を促進します。あわせて、既存の専門家による助言や助成等の支援に加え、新たな支援事業を開始し、良好な住環境の維持・形成を図ります。

 

<事業内容>

  1. 管理組合設立支援(23区初)
    管理組合が未設立の区内分譲マンションの区分所有者の団体が、管理組合を設立し、管理規約を制定しようとする場合、専門家(マンション管理士)を派遣する。
  2. マンション長期修繕計画作成費助成
    区内の分譲マンションの管理組合又は賃貸マンション(社宅や従業員寮を除く。)の所有者が、長期修繕計画を作成した場合、その費用の一部(2分の1かつ上限50万円)を助成する。
  3. マンション劣化診断調査費助成
    区内の分譲マンションの管理組合又は賃貸マンション(社宅や従業員寮を除く。)の所有者が、大規模修繕を施工するために建物及び設備の劣化診断調査を実施した場合、その費用の一部(2分の1かつ上限50万円)を助成する。
  4. マンション共用部分改修費用助成
    区内の分譲マンションの管理組合又は賃貸マンション(社宅や従業員寮を除く。)の所有者が、共用部分の段差の解消、手すりの設置その他のバリアフリー化工事を実施した場合、その費用の一部(10分の1かつ上限100万円)を助成する。

 

 

元気高齢者が活躍!介護施設ワークサポート事業「介護施設就業体験セミナー」を開催します(事前PR)

平成30年4月10日

いつ

年3クール(5月・8月・12月開始)

どこで

シルバーセンター(座学)・区内介護施設(インターン)
だれが 文京区高齢福祉課
内容

元気高齢者がサービスの担い手になることが期待されていることから、区では平成29年度より、『いきがい就業志向』の講座を開設し、元気高齢者の活躍の場のさらなる拡大に取り組んでいます。

区内の社会福祉法人の協力を得て、介護に関する知識等の講義と、インターン(有償)としての現場実習を行うもので、セミナー受講後、社団法人文京シルバー人材センターの「介護施設お助け隊」事業(※注)の担い手として活動します。本セミナーは、昨年度の2クールから3クールへ拡大して実施します。

シルバー人材センターはセミナー受講後の人材と介護施設のマッチングを行うことで、シルバー人材センターの活性化と介護施設の人材不足の側面的支援を行います。 

本セミナーの受講により、新たに活動を始める元気高齢者の増加と、シルバー人材センターの活性化、介護施設の人材不足の側面的支援など、多くの期待が持てる事業です。

(※注)「介護施設お助け隊」…介護施設の正規職員の臨時的もしくは軽易な業務を補助するもので介護施設が年間一定の回数を無償で利用できるよう、区がシルバー人材センターに対し補助を行います。

 

【実施概要:5月開始分】

  • 5月19日(土曜日)シルバーセンターにて講演、車いす実技講習 ほか
  • 5月26日(土曜日)シルバーセンターにて講義 ほか
  • 5月28日(月曜日)~6月1日(金曜日)のいずれか1日(4時間)指定する特別養護老人ホームにて実習の体験
  • 6月4日~8月31日のうち最大120時間指定する特別養護老人ホームにてインターン(有償)見守り・洗濯・清掃等の補助的業務の現場実習

 

【申込概要】

  • 対象:原則60歳以上で区内に住民登録のある方
  • 定員:15人(抽選)
  • 費用:無料(シルバー人材センター会員登録希望者は年会費1,000円)
  • 申込み:4月10日よりはがきまたはFAX・区ホームページで受付

 

区内介護施設でのインターンの様子  シルバーセンターでのセミナーの様子

 

介護施設就業体験セミナーチラシ 

「文京×津和野×ミッテ」鴎外が繋ぐ縁の日独三自治体交流コンサートを開催!

平成30年4月9日

いつ

平成30年4月14日(土曜日)

どこで

区立森鴎外記念館(文京区千駄木1-23-4)
だれが 文京区
内容

森鴎外記念館のあるドイツ市ベルリン市ミッテ区の代表団を歓迎するとともに、同じく森鴎外記念館がある島根県津和野町との交流を深め、区民の皆さんに3つの記念館を知っていただくことを目的に、ベルリン市で活躍する弦楽アーティストをお招きして「日独三自治体交流コンサート」を開催します。

コンサート開催日前日には、ベルリン市ミッテ区代表団が区長を表敬訪問し、鴎外を通じた友好交流の証として、ミッテ区発祥で愛らしいキャラクターが魅力的な、アンペルマンの信号機の贈呈を受けます。

 

【日独三自治体交流コンサート】

  • 日時等:4月14日(土曜日)午後4時30分~午後5時30分。入場無料。定員30名(超えた場合は抽選)
  • タイムスケジュール:
    午後4時30分 開会、各自治体挨拶及び記念館紹介
    午後4時45分 コンサート開始
    午後5時30分 閉会
  • 演奏:高橋徹氏(コントラバス)ほか
  • 曲目:ヴィヴァルディ/トリオソナタほか

 

 当日

【津和野特産品も販売】

  • コンサート開催日には、同館において、津和野町の特産品(ジャム、お茶等の農産加工品)も販売します。

 

【ベルリン市ミッテ区代表団の区長表敬訪問】 

  • 日時:4月13日(金曜日)正午(30分程度)
  • 会場:文京シビックセンター16階区長応接室
  • 訪問団員:副区長エフライムゲーテ氏、区議会議員カルステンシュパレック氏、国際交流担当職員サイエットクラメ氏

 ※詳細は、別途、お知らせします。

 

※どのPC環境でもご覧いただけるよう「鴎」を新字で表記しています。

 

 ベルリン市で活躍する管弦アーティスト  ミッテ区の様子 

区立屋外スポーツ施設を未就学児向けの遊び場として開放します!!まるごと子育て応援事業~あおぞらすくすく広場(施設開放)~

平成30年4月3日

いつ

平成30年4月11日(水曜日)(以降、原則、毎週水曜日)

平成30年4月13日(金曜日)(以降、原則、毎週金曜日)

午前9時~午後1時

どこで

  1. 後楽公園少年野球場(文京区後楽1-6-25)
  2. 六義公園運動場(文京区本駒込6-16-10)
だれが 主催:文京区アカデミー推進部スポーツ振興課施設等担当
内容

小さな子どもが屋外で自由に遊ぶ場所が不足している都心区特有の課題解消のため、未就学児(文京区在住・在勤の保護者)を対象に、区立屋外スポーツ施設を開放します。

区立屋外スポーツ施設の比較的団体利用の少ない時間帯を、施設の有効活用とあわせ、子育て世代から要望の多い外遊びの機会の提供と、園庭を持たない保育園等が利用できることで、未就学児童の健全な発育と成長に寄与しています。

平成28年度の文京区重点施策の一つで、区立スポーツ施設を未就学児童の遊び場として継続的に提供する事業は、他の自治体においてはあまり実施されていない施策です。 

 ※天候等により、中止となる場合があります。

 

昨年度のあおぞらすくすく広場の様子  昨年度の参加者の様子

花とまちの魅力あふれる「第49回文京つつじまつり」根津神社にて開催!

平成30年4月3日

いつ

平成30年4月7日(土曜日)~ 5月6日(日曜日)

どこで

根津神社(文京区根津1-28-9)
だれが 主催:根津神社・文京つつじまつり実行委員会・文京区観光協会後援:文京区ほか
内容

「第49回文京つつじまつり」が、4月7日(土曜日)から5月6日(日曜日)まで、文京区の根津神社にて開催されます。期間中は、約100種類3000株のつつじが植えられた「つつじ苑」が公開されるほか、根津権現太鼓や各種演芸の催し、甘酒茶屋などの出店があります。

文京つつじまつりは「文京花の五大まつり」の一つで、昨年は約45万人(主催者発表)の来場者で賑わいました。まつり期間中早咲きから遅咲きへと多様なつつじが順に彩ります。

 

【主なイベント情報】

  • つつじ苑開苑:まつり期間中のみ公開。午前9時から午後5時30分まで。つつじ苑入苑:寄進料200円
  • 三十六歌仙絵の拝観:4月7日~5月6日(社殿にて各日2回 正午、午後2時各20分間)
  • 神輿渡御:4月8日
  • 根津権現太鼓・演芸:4月29日、30日、5月3日~5日
  • 浦安舞:5月5日
  • かっぽれパレード:4月29日
  • 植木市・骨董市・露店:期間中毎日
  • 甘酒茶屋:4月16日~5月6日
  • 文京区伝統工芸:展示会:4月7日~5月6日(4月16日は休み)、実演4月29日~5月6日(5月1日・5月2日は休み)、体験 5月3日~6日(会場:不忍通りふれあい館・文京区根津2-20-7)

 

【森鴎外記念館で、まつりパンフ提示で2割引サービスを実施】

  • 根津神社周辺は、いわゆる「谷根千」と呼ばれる人気の高いエリアです。このエリアには千駄木に文京区立森鴎外記念館があります。まつり期間中(4月7日~5月6日)、文京つつじまつりのパンフレットまたはマップの提示で、同館の観覧料・同館内のカフェのドリンク2割引サービスを実施します。

 

【つつじまつりガイドツアー】

  • 根津神社から出発し、根津・千駄木を巡り、森鴎外記念館入口まで文京区の観光ガイドがご案内するツアーを実施します。4月14日午前11時、正午、午後1時出発。文京区観光協会テント前で各回の10分前から受付、各回先着8名程度(参加費無料)。

 

【根津神社とつつじ苑の歴史】

  • 根津神社は、宝永3年(1706)まで団子坂上の北側にあり、現在の境内は甲府中納言家徳川綱重(五代将軍綱吉の兄)の屋敷でした。この地のつつじはこの屋敷時代に始まりましたが、現在のつつじは戦後に植えたものです。多様な種類のつつじは咲く時期が異なり、全てを見るには会期中に間をおいて2、3度の来訪がおすすめです。
  • 根津神社は、権現造りの本殿・拝殿・幣殿・唐門・楼門・西門・透塀が国の重要文化財に指定されています。

 

【「第49回文京つつじまつり」に関するお問い合わせ先】

  • 文京つつじまつり実行委員会(根津神社)電話番号 03-3822-0753

 

 

※どのPC環境でもご覧いただけるよう「鴎」を新字で表記しています。

 

昨年のつつじまつりの様子  昨年の根津権現太鼓・演芸の様子

 

昨年の千本鳥居とつつじの様子  昨年の根津神社の様子

~食品を分かち合って、「安心」と「幸せ」を届けます~フードドライブ(未使用食品等の回収)を通年で実施します!!

平成30年4月2日

いつ

平成30年4月より(平日午前9時~午後5時)

どこで

シビックセンター17階リサイクル清掃課 窓口

※引き続き、ステージ・エコ(フリーマーケット)等イベント会場においても実施。
だれが 文京区リサイクル清掃課
内容

ご家庭で眠っている未使用食品を持ち寄り、フードバンクを通して、必要としている寄付するための活動です。

これまでフリーマーケット会場及び、フリーマーケット開催前の約一か月間、文京シビックセンターで回収していましたが、より一層の食品ロスの削減や食品の有効利用、フードドライブの活性と認知度の向上のため、年間を通じて回収することとなりました。

「もったいない」から「ありがとう」へつなげる活動で、資源の有効利用と身近な社会貢献を図ります。

 

 【「フードドライブ」とは】

家庭で余っている未利用・未開封の食品を持ち寄り、広く地域の福祉団体や施設などに寄附するボランティア活動です。文京区でも食品ロスの削減や食品などの有効活用を目的として、セカンドハーベスト・ジャパン(※)と連携して取り組んでいます。

セカンドハーベスト・ジャパン(外部ページへリンクします):日本初のフードバンク団体。

 

【対商品】

  • 缶詰(肉・魚・野菜・果物など)
  • インスタント・レトルト食品(冷凍・冷蔵食品は除く)
  •  調味料(食用油・しょうゆ・味噌・砂糖など)
  • 嗜好品(インスタントコーヒー・お茶など)
  • 乾物(乾麺・海藻など)
  • 飲料(アルコール類は除く)
  • 乳幼児食品(粉ミルク・ベビーフード・離乳食など)
  • 健康食品(栄養補助食品・サプリメントなど)

※その他、次の条件を満たすもの。

  1. 未開封
  2. 賞味期限(要明記)が持参日より2ヶ月(年月表示は翌々月)以降の表示があるもの
  3. 包装や外装が破損していない

 

【回収・利用】

 集まった食品などは、セカンドハーベスト・ジャパンが管理する保管所に一時集荷し、食品などを必要としている地域の福祉団体や施設などへ届けられます。

 

回収された未利用品(例)  窓口での回収(イメージ)

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター14階南側

広報課

電話番号:03-5803-1128

FAX:03-5803-1331

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.