報道発表資料(29年4月)

更新日 2017年04月28日

認可外保育施設保護者負担金助成制度を新設しました

平成29年4月25日

いつ

年間を通して実施(平成29年度~平成31年度)
だれが 文京区幼児保育課
内容

文京区では認可保育所入所不承諾による待機で、認証保育所以外の認可外保育施設(要件あり)に預けている保護者への緊急対策として、認可外保育施設保護者負担金助成制度を新設し、経済的な負担軽減を図ります。

 

【助成時期】

平成29年度~平成31年度

※平成29年4月の保育料より対象

 

【助成額】

月額4万円(保育料負担額が4万円未満の場合、保育料が上限)

 

【対象施設】

認可外保育施設指導監督基準を満たす認可外保育施設(事業所内保育施設及び病院内保育施設の従業員枠、グループ保育室、家庭的保育事業(保育ママ)、企業主導型保育事業を除く)(区の内外は問いません。)

 

【助成条件】※すべてに該当することが必要

(1)上記対象施設に、通所している。

(2)認可保育所の入所申込みを行っており、入所承諾を辞退していない。

(3)認可外保育施設と月160時間以上の契約をし、月初日に在籍している。

(4)保護者、保育施設利用児童がともに月の初日に文京区に住民登録をしている。

(5)認可外保育施設に保育料を納入している(滞納していない)。

~「もったいない」を「ありがとう」に~区役所の窓口で、フードドライブを実施します!!

平成29年4月7日

いつ

平成29年4月3日(月曜日)~20日(木曜日)、4月26日(水曜日)~5月26日(金曜日)、7月19日(水曜日)~8月18日(金曜日)、8月24日(木曜日)~9月22日(金曜日)、11月15日(水曜日)~12月14日(木曜日)、平成30年1月10日(水曜日)~2月8日(木曜日)

どこで

シビックセンター17階リサイクル清掃課 窓口

※ステージ・エコ(フリーマーケット)会場においては引続き実施。
だれが 文京区リサイクル清掃課
内容

家のどこかにお歳暮やお中元などの贈答品や、つい買いすぎてしまったものなど、消費しきれない食品はないだろうか。

そんな「もったいない」を「ありがとう」に変えようと、文京区では、食品ロスの削減や食品の有効利用を目的に、ご家庭で余っている食品等を募り、食品を必要としている地域の福祉団体や施設等に寄附する「フードドライブ」を実施しています。

この度、これまでの回収場所であるステージ・エコ(フリーマーケット)会場に加えて、ステージ・エコ開催日の約一か月前から文京シビックセンター17階リサイクル清掃課窓口でも回収を受付けます。資源の有効利用と身近な社会貢献に、ご協力をお願いします。

 

【「フードドライブ」とは】

家庭で余っている未利用・未開封の食品を持ち寄り、広く地域の福祉団体や施設などに寄附するボランティア活動です。文京区でも食品ロスの削減や食品などの有効活用を目的として、セカンドハーベスト・ジャパン(※)と連携して取り組んでいます。

セカンドハーベスト・ジャパン(外部ページへリンク):日本初のフードバンク団体。

 

【対商品】

  • 缶詰(肉・魚・野菜・果物など)
  • インスタント・レトルト食品(冷凍・冷蔵食品は除く)
  • 調味料(食用油・しょうゆ・味噌・砂糖など)
  • 嗜好品(インスタントコーヒー・お茶など)
  • 乾物(乾麺・海藻など)
  • 飲料(アルコール類は除く)
  • 乳幼児食品(粉ミルク・ベビーフード・離乳食など)
  • 健康食品(栄養補助食品・サプリメントなど)

※その他、次の条件を満たすもの。

(1)未開封(2)5月25日以降に賞味期限が切れる食品(要明記)(3)包装や外装が破損していない

 

【回収・利用】

集まった食品などは、セカンドハーベスト・ジャパンが管理する保管所に一時集荷し、食品などを必要としている地域の福祉団体や施設などへ届けられます。

 

文京シビックセンター17階リサイクル清掃課窓口の様子  回収の様子 

花とまちの魅力あふれる「第48回文京つつじまつり」根津神社にて開催!

平成29年4月5日

いつ

平成29年4月8日(土曜日)~ 5月5日(祝・金曜日)
どこで 根津神社(文京区根津1-28-9)
だれが 主催:根津神社・文京つつじまつり実行委員会・文京区観光協会後援:文京区ほか
内容

「第48回文京つつじまつり」が、4月8日(土曜日)から5月5日(祝・金曜日)まで、文京区の根津神社にて開催されます。期間中は、約100種類3000株のつつじが植えられた「つつじ苑」が公開されるほか、根津権現太鼓や各種演芸の催し、甘酒茶屋などの出店があります。

文京つつじまつりは「文京花の五大まつり」の一つで、昨年は約45万人(主催者発表)の来場者で賑わいました。

まつり期間中、早咲きから遅咲きへと多様なつつじが順に彩ります。

 

【主なイベント情報】

  • つつじ苑開苑:まつり期間中のみ公開。午前9時から午後5時30分まで。つつじ苑入苑:寄進料200円
  • 三十六歌仙絵の拝観:4月8日~5月5日(社殿にて各日2回 正午、午後2時 各20分間)
  • 神輿渡御:4月9日
  • 根津権現太鼓・演芸:4月29日、30日、5月3日~5日
  • 浦安舞:5月3日
  • かっぽれパレード:4月30日
  • 植木市・骨董市・露店:期間中毎日
  • 甘酒茶屋:4月15日~5月5日
  • 文京区伝統工芸会:展示会4月8日~5月5日(4月10日は休み)、実演4月29日~5月1日、5月3日~5日、体験 5月2日~5日(会場:不忍通りふれあい館・文京区根津2-20-7)

 

【森鷗外記念館で、まつりパンフ提示で2割引サービスを実施】

  • 根津神社周辺は、いわゆる「谷根千」と呼ばれる人気の高いエリアです。このエリアには千駄木に文京区立森鷗外記念館があります。まつり期間中(4月8日~5月5日)、文京つつじまつりのパンフレットまたはマップの提示で、同館の観覧料・同館内のカフェのドリンク2割引サービスを実施します。

 

【つつじまつりガイドツアー】

  • 根津神社から出発し、根津・谷中と下町を巡り、谷中銀座入口まで文京区の観光ガイドがご案内するツアーを実施します。4月15日午後1時30分出発。文京区観光協会テント前で当日午前10時から午後1時15分まで受付、先着20名(参加費無料)。

 

【根津神社とつつじ苑の歴史】

  • 根津神社は、宝永3年(1706)まで団子坂上の北側にあり、現在の境内は甲府中納言家徳川綱重(五代将軍綱吉の兄)の屋敷でした。この地のつつじはこの屋敷時代に始まりましたが、現在のつつじは戦後に植えたものです。多様な種類のつつじは咲く時期が異なり、全てを見るには会期中に間をおいて2、3度の来訪がおすすめです。
  • 根津神社は、権現造りの本殿・拝殿・幣殿・唐門・楼門・西門・透塀が国の重要文化財に指定されています。

 

【「第48回文京つつじまつり」に関するお問い合わせ先】

  • 文京つつじまつり実行委員会(根津神社)電話番号 03-3822-0753

 

昨年度の文京つつじまつりの様子  昨年度の根津神社の来場者 

 

昨年度のイベントの様子 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター14階南側

広報課

電話番号:03-5803-1128

FAX:03-5803-1331

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.