報道発表資料(28年12月)

歌手の奥華子さんのステージなど、新成人の門出をお祝いします!~平成29年成人の日記念「はたちのつどい」を開催します~【事前PR】

平成28年12月28日

いつ

平成29年1月9日(祝・月)午前11時~正午(開場:午前10時)

どこで

文京シビックホール大ホール(文京区春日1-16-21)
だれが 文京区区民課
内容

1月9日の成人の日に、文京シビックホール大ホールで、平成29年成人の日記念「はたちのつどい」を開催します。今年の「はたちのつどい」の対象者は、平成8年4月2日~平成9年4月1日生まれの文京区在住者、(1,848)人(平成28年12月1日現在)です。

「はたちのつどい」は、新成人と文京区による実行委員会「はたちのつどいを考える会」が、時間をかけて、その内容を検討してきました。文京区長などからの祝辞をはじめ、湯島天神太鼓保存会による祝い太鼓や、歌手の奥華子さんの成人の日記念ライブが行われます。

 

【新成人自らが「はたちのつどい」をプロデュース】

  • 文京区では、「はたちのつどい」に多くの新成人が参加するとともに、参加者から喜ばれ、会を意義深いものとするために、その事業内容を検討する「はたちのつどいを考える会」を平成13年度から設置しています。
  • 「はたちのつどいを考える会」には新成人5名と区の若手職員2名が参加し、6月から検討を行ってきました。

【新成人を祝福する様々なコーナーを設置】

  • 先生からのメッセージコーナー/午前10時~午後1時
    新成人の区立小学校卒業時の担任の先生から、祝福のメッセージが贈られます。
  • 記念撮影コーナーなど/午前10時~午後1時
    記念写真の個人撮影用のスペースをロビーや終了後の舞台上に設けます。
  • 熊本コーナー/午前10時~午後1時
    文京区とゆかりのある熊本県に関するブースを設けます。くまモンと新成人の座談会パネルや熊本県のパネルを設置し、平成28年4月に起こった熊本地震災害による義援金の受付も行います。

【成人の日記念ライブ「奥華子in文京」を開催!】

  • 式典後のアトラクションでは、歌手の奥華子さんによる記念ライブが行われ、新成人に熱いエールを贈ります。(午前11時30分~)

【区制70周年記念事業パネル展「成人式のいま・むかし」を開催

文京区の過去の成人式の様子や、新聞記事から成人式の歴史を読み解くパネル展示を開催します(パネル設置場所は、文京シビックセンター地下2階区民ひろばです)。

 

 

都内複数のサイクルポートで、いつでも使えるシェアサイクル文京区自転車シェアリング事業~実証実験開始~

平成28年12月21日

いつ

平成29年1月23日(月曜日)午前10時から

(平成29年1月17日から22日の期間(午前10時~午後4時)文京区内でプレオープン)

どこで

文京区内のサイクルポート及び千代田・中央・港・新宿・江東区のサイクルポートとの相互乗入れ
だれが 実施主体:文京区運営主体:ドコモ・バイクシェア
内容

文京区では、地域・観光の活性化、環境負荷軽減、放置自転車対策など幅広い効果が見込まれる自転車シェアリング事業の実証実験を平成29年1月23日から開始します。

また、実証実験開始前にプレオープンとして、文京区内のサイクルポートで無料試乗会と会員登録会を実施します。

※自転車シェアリング・・・地域内に複数のサイクルポートを設置し、どこでも自転車を借りたり返却することができるシステム

 

【事業概要】

  • 実証実験の目的

自転車シェアリング事業は、ヨーロッパなどで交通体系の一つに位置づけられ、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会においても、新たな交通需要対策のひとつとして期待されています。このため、文京区では、利用状況、交通行動の変化等を調査し、自転車シェアリング事業が公共的な交通手段として定着する可能性等を検証するために実証実験を行います。

  • 実施規模

実証実験開始当初は、電動アシスト付自転車200台、サイクルポート22カ所で運営し、開始後、順次拡大を図ります。

  • 開始日時

1月23日(月曜日)から文京区内全てのサイクルポートにて運用を開始します。(1月17日(火曜日)~22(日曜日)の期間(午前10時~午後4時)文京区内の一部のサイクルポートで無料試乗会及び会員登録会を実施)

実証実験は、平成29年1月から31年3月を予定しています。

  • 利用可能区域

1月23日(月曜日)から千代田区・中央区・港区・新宿区・江東区が実施している広域相互乗り入れ自転車シェアリングに参加し、文京区を含む6区のどこのサイクルポートでも利用可能になります。

(1月17日(火曜日)~22(日曜日)までは文京区内で開設された一部のサイクルポートのみで無料利用が可能)

  • 利用方法例

会員登録(パソコン・携帯電話・スマートフォンで専用のWEBサイトへアクセス)。

借りる(WEBサイトで自転車を予約すると4桁のパスコードを取得。自転車操作パネルにパスコードを入力で開錠)・一時駐輪(手動で施錠、取得したパスコードで開錠)・返す(手動で施錠、自転車操作パネルの「ENTER」キーで返却完了)

  • 利用時間

原則24時間(施設によっては利用不可時間帯があります)

  • 利用料金(千代田・中央・港・新宿・江東区と同額)
    • 1回会員/150円(30分以内)以降30分毎に100円
    • 月額会員/2,000円(1回あたり最初の30分は無料。以降30分毎に100円)
    • 1日パス/1,500円

 

~自治体として初実施!!~!区職員・教職員のための性自認及び性的指向に関する対応指針について意見を募集

平成28年12月21日

いつ

平成28年12月15日(木曜日) ~平成29年1月13日(金曜日)

どこで

文京シビックセンター14階(文京区春日1-16-21)
だれが 総務部ダイバーシティ推進担当
内容

文京区では本年度より総務部内にダイバーシティ推進担当を新設し、男女平等参画社会の実現や人権尊重についての周知・啓発に努めています。

文京区は、暴力の根絶と男女平等の人権尊重を基本理念とした「文京区男女平等参画推進条例」を平成25年11月1日に制定し、同条例第7条では、性別に起因する差別的な取り扱いや人権侵害の禁止について、性自認および性的指向に起因するものを含むことを明記しています。

民間の調査では、自らの性別に違和がある人や同性に恋愛感情を持つという人が8%にも及んだとあり、職員がこうした方々に配慮ができるように知識を持つこと、またこれまでにも窓口や行政サービスを行ううえで、参考となるものがほしいという声があったことから、今般、自治体初となる、区職員・教職員のための性自認及び性的指向に関する対応指針案を策定しました。広く意見を求めるため、平成29年1月13日(金曜日)までパブリックコメントを実施しています。

【その他の活動】

今年は、男女平等と人権尊重に加え、様々なアウェアネスカラーリボンの活動を紹介する「カラーリボンフェスタ」、文京シビックセンター内に事務所を構えるUN Women日本事務所(ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関)や区内警察署、各団体と連携して、女性に対する暴力防止を訴える「文京オレンジデーキャンペーン」の実施、姉妹都市のドイツ国カイザースラウテルン市が受け入れた難民の若者への支援のための寄附金募集など、先進的な取り組みを行っています。

 

  • 具体的な内容

「性的指向および性自認等により困難を抱えている当事者等に対する法整備のための全国連合会」監修の「性自認および性的指向の困難解決に向けた支援マニュアルガイドライン」をもとに、5つの項目で構成している。「1基礎知識」で性自認と性的指向に関する基本的な情報、「2区民への対応」、「3子どもを取り巻く環境」、「4職場内の対応」でそれぞれの場面での対応や注意、配慮すべき点を、「5関連情報」で相談窓口等の案内を記載した。

 

【瀬尾かおりダイバーシティ推進担当課長のコメント】

  • パートナシップ証明書などを発行する自治体もあり、近年は性的マイノリティやLGBTと言う言葉に社会的な周知がなされてきている。しかしながら、これまでの行政サービスの視点に入っていたとはいえない。

区職員・教職員が正しく理解し、窓口や電話、職場内において、例え無意識であっても差別につながる言動をしないために職員・教職員が知っておくべきこと、また具体的な支援や、配慮・検討すべき点についてまとめた。区役所職員・教職員向けに作成するものであるが、パブリックコメントによる皆様からの意見を踏まえ、また今後も、必要に応じて見直していくことを考えている。

 

 

東大総合研究博物館が展示室をまるごと火星に変身させた!!文京区教育センターで「火星探査展」を開催しています!

平成28年12月21日

いつ

平成28年12月17日(土曜日)~平成29年3月31日(金曜日)(日曜・祝日を除く)

午前9時~午後5時

どこで

文京区教育センター2階大学連携事業室(文京区湯島4-7-10)
内容

文京区教育センターでは、区内の東京大学総合研究博物館と連携し、最先端の学術研究成果や、貴重な資料等を広く区民に公開しています。

今回は、スクール・モバイルミュージアム(移動博物館)「火星探査」を開催しています。火星探査でまさに今わかりつつあることを、最先端の火星探査データと共に紹介しつつ、日本が目指す火星衛星計画について、その背景や目的などを解説します。宮本英昭教授(東京大学大学院教授)をはじめ、火星探査に関わる先生方による探査の解説なども行います。

 

【教育センターの一室がまるごと火星に!?】

3Dメガネをかけて、12m×8mの床一面に広がる3D火星画像の上を歩くと、火星を飛んでいるような気分が味わえます。また、壁一面には火星の様子がよくわかる3Dパノラマ画像を展示しています。

【ギャラリートーク】各日 午後1時30分~

日にち

テーマ

講師

12月26日(月曜日)

火星探査・火星衛星探査計画

宮本 英昭氏(東京大学大学院教授)

1月21日(土曜日)

火星探査

逸見 良道氏(東京大学総合研究博物館学術支援専門職員)

2月18日(土曜日)

火星隕石

新原 隆史氏(東京大学総合研究博物館特任助教)

3月29日(水曜日)

火星探査・火星衛星探査計画

宮本 英昭氏(東京大学大学院教授)

  • 定員:90名
  • 申込み:不要(当日直接会場へ)
  • 入場無料

【宮本英昭氏(東京大学大学院教授)のコメント】

いまこの瞬間も8機の探査機が火星を調査しているのをご存知ですか?6機は火星周回軌道から火星全体の探査を行い、残りの2機は火星の表面で丹念に岩石や大気の調査をしています。日本も負けていません。JAXAが発表した火星衛星探査計画(MMX)は、世界の注目を集める「火星圏からのサンプルリターン計画」です。人類はなぜこれほど熱心に火星を調べているのでしょうか?火星の何がそれほど科学者を引き付けるのでしょうか?火星探査で今わかりつつあることを解説します。

 

 火星のクレーターを調査中の探査車 火星を飛んでいるような気分が味わえます

 

チラシ画像 

~文の京の走る広告塔~区制70周年記念オリジナルナンバープレートの交付が始まります!

平成28年12月20日

いつ

平成29年1月6日(金曜日)午前8時30分から

どこで

文京シビックセンター10階税務課
だれが 原付1種(50cc以下)と原付2種(51~125cc以下)の車両所有者のうち、希望する方
内容

平成29年3月に迎える区制70周年を記念して作製した、原動機付自転車のオリジナルナンバープレートの交付が始まります。

各種とも数量限定で、「文の京」文京区への愛着が深まるとともに、歴史と文化と緑のまち「文の京」をイメージさせる想像力豊かでオリジナリティに富んだもので、文京区の走る広告塔となります。

 

【概要】

平成29年に区制70周年を迎えることから、記念事業の一環として原動機付自転車用のオリジナルナンバープレートのデザインを募集。

24点の応募のなかから最優秀賞と優秀賞が選ばれ(採用は最優秀賞のみ)、数多くの文豪とゆかりがあり、「文化の香り高いまち」である文京区をイメージして本の形にし、区にゆかりのある夏目漱石の「吾輩は猫である」に因んで、作品に登場する猫と作品本文をプレートにあしらったデザイン。

原付1種(50cc以下)と原付2種(51~125cc以下)の購入や名義変更に伴う登録等のほか、無地のナンバープレートとの交換の際にも、無料で交付。(交換は、1台につき1回限り)

原付1種は600枚、原付2種400枚(乙50枚、甲350枚)の限定交付(無くなり次第終了)

※番号の指定不可

【デザインの評価項目】

・文京区らしさが表現されており、文京区をPRするのにふさわしいデザインか

(歴史と文化と緑に育まれた、みんなが主役まち「文の京」のイメージに合っているか)

・ナンバープレートとしてのデザイン性に優れているか(視認性が確保されているか)

【税務課長コメント】

「「文の京」の魅力を発信するとともに、区民の皆様に区への愛着と誇りを更に深めていただけると期待しています。」

【申請に必要なもの】

新規登録の場合…通常のナンバープレートの申請時と同じ。

交換の場合………使用中のナンバープレート、標識交付証明書、免許証、印鑑を持参して、税務課の窓口へ

(代理の場合は委任状が必要です。)

【手数料】無料

【その他】反射式プレートを採用しているため、暗闇でヘッドライトなどの光があたると、反射してナンバープレートがはっきり浮かび上がり事故予防にも効果的です。

 

 

文京スポーツボランティア養成講座「Rio to Tokyo~最多メダリストが見たパラリンピック」を開催しました

平成28年12月20日

いつ

平成28年12月19日(月曜日)

午後7時~9時(開場:午後6時30分)

どこで

文京シビックセンタースカイホール 
だれが 主催:文京区
内容

第7回スポボラ特別講座「Rio to Tokyo~最多メダリストが見たパラリンピック」

講師:木村 敬一氏(リオ2016パラリンピック水泳メダリスト)

この度文京区は、文京スポーツボランティア養成講座「Rio to Tokyo~最多メダリストが見たパラリンピック」を開催しました。講師には、リオ2016パラリンピック競技大会障害者水泳で銀メダル2つ、銅メダル2つを獲得した木村敬一選手をお迎えいたしました。5日間で5種目の競技に参加した時の体験談や、北京、ロンドンを経てリオでの3回目のパラリンピックの経験談や、東京2020パラリンピック競技大会へ向けてボランティアとの協働などをお話していただきました。

 

【文京スポーツボランティアについて】

昨年4月より、文京スポーツボランティア事業を開始し、200名以上が登録し活動しております。

【文京スポーツボランティア養成講座について】

この講座は7つのテーマを扱い、各分野に専門的な知識を有する講師が講義を行いました。また、第3回・5回・7回については、東京2020大会にむけた特別講座として3回全て受けた方には、東京2020大会エンブレムバッジをお渡ししました。当日、受講者の方には、様々なイベントに従事する際に、ボランティアとして必要な基本的なことを学んでいただきました。

文京スポーツボランティアや養成講座の詳細については文京区ホームページをご確認ください。 

 

講座の様子  スライドで紹介する講師の様子 

 

会場のスカイホールの様子 

文の京ハートフル工房(障害者施設商品販売会)× やまどりノエルズ(障害者通所施設音楽隊)~障害のある人とない人が共に奏でるクリスマスハンドベルコンサート ~ 【事前PR】

平成28年12月15日

いつ

平成28年12月22日(木曜日)午前10時~午後3時30分

※ハンドベルコンサートは、午後0時15分~0時45分

どこで

文京シビックセンター地下2階「区民ひろば」
だれが 文京区福祉部障害福祉課(運営:文京区障害者就労支援センター)
内容

4月の「障害者差別解消法」の施行を受け、区では、多くの方々に障害のことを知ってもらい、障害のある方もない方も共に安心して生活できる共生社会の実現を図るため、様々な取り組みを行っています。

「文の京ハートフル工房(障害者施設商品販売会)」は、障害の有無に関係なく「楽しむ」(買う・見る・聴く)ことができる場を創出するため、様々なコラボイベントを開催しています。

今回は、クリスマスを目前に、障害者通所施設「ワークショップやまどり」の利用者が新宿区のハンドベルグループ「Wasedaノエルズ」と一緒に来場者に向けたハンドベルコンサートを開催します。

「ジングルベル」や「きよしこの夜」などの演奏のほか、来場者たちもハンドベルを手にとり、会場一体となったハンドベルの演奏を行います。

 

【内容】文の京ハートフル工房(障害者施設商品販売会)

  • 日時  平成28年12月22日(木曜日)午前10時~午後3時30分

※ハンドベルコンサートは、ランチタイム(午後0時15分から午後0時45分)に行います。

        ※午前11時30分~午後1時までの時間帯が来場者の多い時間帯となります。

  • 販売会出店  区内障害者施設(身体・知的・精神)11事業所
  • 出演  やまどりノエルズ with Wasedaノエルズ

2005年、早稲田小学校の保護者を中心に誕生したミュージックベル・チーム「Wasedaノエルズ」が、その一音一音に平和の祈りを込め、児童館・幼稚園・小学校・高齢者センター等でボランティアの演奏活動をしています。

2008年に初めてワークショップやまどりで演奏し、2011年9月からは、ワークショップやまどりの利用者にベルの指導をしています。

やまどりの利用者により結成した「やまどりノエルズ」と「Wasedaノエルズ」のコラボ演奏をお届けします。

  • 担当者 
    • 社会福祉法人山鳥の会ワークショップやまどり理事長 横尾 瑩子  電話番号03(3812)3700
    • Wasedaノエルズ  山村 美鈴  電話番号 080(5912)0342
  • 演奏曲  ジングルベル、きよしこの夜、よろこびのうた ほか
  • 今までのコラボ実績 
    [27年度]

6月23日      尚美ミュージックカレッジ専門学校学生電子オルガンコンサート

11月24日    跡見学園女子大学ウィンドオーケストラ部コンサート

12月22日    「ワークショップやまどり」利用者ハンドベルコンサート

3月22日      視覚障害のある演奏者エレクトーンコンサート

       [28年度]

6月28日    尚美ミュージックカレッジ専門学校・パイオニア(株)連携企画~ 身体で感じる音楽 体験 コンサート ~

        7月26日     全盲の高校生三線演奏コンサート

        9月27日     自閉症のヴァイオリン&フルートデュオグループ「ノブタク」コンサート

       10月25日   尚美ミュージックカレッジ専門学校学生電子オルガンハロウィンコンサート

  • ハートフル工房今後の開催予定
     平成29年1月18日(水曜日)おかめひょっとこ踊り

                     2月28日(火曜日)-

                     3月21日(火曜日)視覚障害のある演奏者エレクトーンコンサート

  • コラボイベントの効果
    販売会の売上が「障害者」の工賃として還元される。コラボ企画の実施により、来場者数も増えており、結果として、販売会全体の売上が、前年比約3倍となっている。
文の京ハートフル工房開催回数・売上実績

年度

開催回数

年間売上

26年度

29回

1,009,220円

27年度

14回

2,965,575円

 

 

昨年の開催の様子   昨年開催時の会場の様子

~東京2020大会に向けて~文京区がドイツのホストタウンに登録されました

平成28年12月12日

いつ

平成28年12月9日(金曜日)
だれが 文京区アカデミー推進部オリンピック・パラリンピック推進担当
内容

平成28年12月9日付けで、文京区はドイツ連邦共和国に対するホストタウンとして登録されました。

文京区では、1988年(昭和63年)にカイザースラウテルン市と姉妹都市提携をしており、その縁を基盤として、ドイツ連邦共和国のホストタウン登録に申請しました。

今後、区では、ホストタウンとして、スポーツや文化等を通じた相互交流の取り組みを進めつつ、オリンピック・パラリンピック競技種目においては、柔道を中心としたパラリンピック競技等の選手との交流を目指します。

さらに、2018年(平成30年)3月に、カイザースラウテルン市との姉妹都市提携30周年を迎えることもあり、記念事業と連携しながらドイツ連邦共和国との交流を進めてまいります。

 

【ホストタウン】

国が推進する事業で、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催に向け、スポーツ立国・グローバル化の推進、地域の活性化、観光振興等に資する視点から、参加国・地域との人的・経済的・文化的な相互交流を図る地方公共団体をホストタウンとして全国各地に広げることを目的としています。

【交流計画概要】

  • ドイツ連邦共和国カイザースラウテルン市交流事業
  • スポーツ交流事業
  • 相互文化の理解
  • こども新聞事業
  • 大学連携
  • 商業・産業における交流支援等

 

 

文京区には個性的で魅力的な博物館・美術館・庭園がいっぱい!~「文京ミューズフェスタ2016」を開催します~

平成28年12月7日

いつ

平成28年12月15日(木曜日)午前10時~午後6時

どこで

ギャラリーシビック(文京シビックセンター1階)
だれが 文の京ミュージアムネットワーク(通称:文京ミューズネット)/事務局:文京区アカデミー推進課
内容

文京区内には、美術館、博物館、庭園などの文化資産が数多く点在し、歴史と文化に身近に触れることができる街としての魅力に満ち溢れています。

「文京ミュージアムネットワーク(文京ミューズネット)」は、その地域特性を活かし、各施設の連携による文化発信・PRを目的に平成18年に結成され、現在、37施設が加盟しています。

今年で10回目を迎える「文京ミューズフェスタ」は、加盟施設がシビックセンターに集結し、展示や体験コーナー等による、施設紹介・PRを行うイベントです。

会場では、野球日本代表のユニフォーム等、各施設の貴重な所蔵資料展示のほか、活版印刷のクリスマスカード、おりがみ等の体験コーナーや、オリジナルグッズが当たる抽選会などが行われます。また、加盟施設を紹介する「文京ミューズネットマップ」の最新版も配布され、文京区の文化施設をまるごと楽しめる機会として、例年多くの来場者で賑わう、区内最大の文化イベントです(入場無料)。   

 

【内容(一部)】

  • 体験コーナー

活版印刷でクリスマスカードをつくろう!(印刷博物館)/おりがみを折ってみよう!(お茶の水 おりがみ会館)/ロープワークに挑戦しよう!(スカウトミュージアム・スカウトライブラリー)/むかしのおもちゃで遊ぼう!(文京ふるさと歴史館)

  • 展示コーナー

施設紹介展示の他、オリジナルグッズがもらえる抽選会(宇宙ミュージアムTeNQ)

安田家の書棚から昭和前期の装幀本(旧安田楠雄邸庭園)

鴎外作品の紹介ほか、施設・展覧会の紹介(文京区立森鴎外記念館)

野球日本代表関連のユニフォーム実物資料(野球殿堂博物館)など

【文の京ミューズネットワーク加入施設】

  • 区ホームページを参照ください。

    ※森鴎外記念館は、どのPC環境でもご覧いただけるよう「鴎」を新字で表記しています。

 

昨年度の展示の様子  昨年度の体験コーナーの様子

 

ミューズマップを会場で配付 

~「ともに街の未来を考えよう!」~文京ソーシャル・イノベーション・フォーラムを開催します

平成28年12月6日

いつ

平成28年12月11日(日曜日)午前10時~午後4時30分

どこで

文京区民センター3階3-A会議室(文京区本郷4-15-14)
だれが 文京区区民部区民課
内容

「新たな公共プロジェクト」の取組みを踏まえて、これからの地域づくりに求められる考え方や活動の広げ方を考える「シンポジウム」と、地域に役立つ活動を実践している団体や個人の活動紹介を通して、地域での取組みを知り、それをヒントに、ワークショップ形式で、参加者の皆様と一緒に、これからの地域に必要な新しいイベントを考える「活動紹介&交流ワークショップ」を開催します。

 

【事業概要】

  • 対象
    • 地域での活動や社会起業に興味のある方、地域で何かやってみたいと思っている方など、どなたでもご参加いただけます。
    • 事前申し込み、文京区区民部区民課協働推進担当へ(入場無料)

【プログラム】

【第一部/午前10時~正午/シンポジウム】

「住む・働くだけの街から、ともに暮らす街へ」

  「新たな公共プロジェクト」3年間の取組みに対する成果検証会議報告

  • ゲスト
    • 佐藤真久氏(東京都市大学環境学部)
    • 井上英之氏(慶應義塾大学特別招聘准教授、INNO lab International共同代表)
    • 加藤良彦氏(丸山町会副会長、NPO法人風のやすみば)

【第二部/午後1時~4時30分/活動団体紹介&交流ワークショップ】

「文京区での活動を知り、地域に必要な新しいイベントをともに考えよう!」

  • 活動紹介(ポスター展示とプレゼンテーション)
  • ワークショップ「これからの地域に必要な新しいイベントは?」

 

 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター14階南側

広報課

電話番号:03-5803-1128

FAX:03-5803-1331

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.