報道発表資料(27年4月)

跡見学園女子大学と文京区が、文京ゆかりの文人・森鴎外「舞姫」自筆草稿の取得と公開について合同記者会見を行いました

 

平成27年4月28日
いつ 平成27年4月28日(火曜日)
どこで 跡見学園女子大学
内容

跡見学園女子大学と文京区は、平成23年5月に相互協力に関する包括的協定を締結し、生涯学習講座、インターンシップ事業など多くの連携事業を展開しています。森鴎外関連では、鴎外の作品を題材にした朗読コンテストや文学講演会「鴎外の都市(東京)改造論」、特別公開講座「鴎外と漱石-その交流、その文学」などを実施しています。

『舞姫』の自筆草稿は、個人蔵として長らく保管されており、研究者でも目にすることが困難とされてきましたが、跡見学園が創立140周年・大学開学50周年を迎えることから、記念事業として取得しました。

今後、跡見学園との連携により、文京区立森鴎外記念館において公開していく予定です。

 

  報道発表資料(PDFファイル; 274KB)

 

 ※どのPC環境でもご覧いただけるよう「鴎」を新字で表記しています。

  

 跡見学園女子大学と文京区の合同記者会見の様子  森鷗外「舞姫」の自筆草稿

花の魅力とまちの魅力あふれる「第46回文京つつじまつり」いよいよ開催

平成27年4月8日
いつ 平成27年4月11日(土曜日)~ 5月6日(休日・水曜日)
どこで 根津神社(文京区根津1-28-9)
だれが  主催:文京つつじまつり実行委員会・文京区観光協会後援:文京区ほか
内容

「第46回文京つつじまつり」が、4月11日(土曜日)から5月6日(休日・水曜日)まで、文京区の根津神社にて開催されます。期間中は、約100種類3000株のつつじが植えられた「つつじ苑」が公開されるほか、根津権現太鼓や各種演芸の催し、甘酒茶屋などの出店があります。

文京つつじまつりは「文京花の五大まつり」の一つで、昨年は約65万人(主催者発表)の来場者で賑わいました。4月8日現在、早咲きのつぼみが色付き始めており、早咲きから遅咲きへと多様なつつじが順に彩ります。

 

【主なイベント情報】

  • つつじ苑開苑:まつり期間中の午前9時から午後5時30分まで。つつじ苑入苑:寄進料200円
  • 三十六歌仙絵の拝観:4月11日~5月6日(社殿にて各日2回 正午、午後2時各20分間)
  • 神輿渡御:4月12日
  • 根津権現太鼓・演芸:4月26日、29日、5月3日~5日
  • 浦安舞:5月3日
  • かっぽれパレード:4月29日
  • 植木市・骨董市など:期間中毎日
  • 甘酒茶屋:4月16日~5月6日
  • 伝統工芸会:展示会4月11日~5月6日(4月20、25、26日は休み)、実演・体験 5月1日~6日(会場:不忍通りふれあい館文京区根津2-20-7)

 

【根津神社とつつじ苑の歴史】

  • 根津神社は、宝永3年(1706)まで団子坂上の北側にあり、現在の境内は甲府中納言家徳川綱重(五代将軍綱吉の兄)の屋敷でした。この地のつつじはこの屋敷時代に始まりました。

現在のつつじは戦後に植えたもので、約100種類3000株にものぼります。多様な種類のつつじは咲く時期が異なるため、全てを見るには会期中に間をおいて2、3度の来訪がおすすめです。

  • 根津神社は、権現造りの本殿・拝殿・幣殿・唐門・楼門・西門・透塀が国の重要文化財に指定されています。

 

【森鴎外記念館では、まつりパンフ提示で2割引サービスを実施】

  • 根津神社周辺は、いわゆる「谷根千」と呼ばれる人気の高いエリアです。テレビ番組や情報誌、ウェブサイト等に度々特集が組まれるなど、注目度が高いこのエリアには、千駄木に文京区立森鴎外記念館があります。この記念館では、まつり期間中(4月11日~5月6日)のみ、文京つつじまつりのパンフレットまたはマップの提示で、同館の観覧料・同館内のカフェのドリンク2割引サービスを実施します。

 

【「第46回文京つつじまつり」に関するお問い合わせ先】

  • 文京つつじまつり実行委員会(根津神社)電話 03-3822-0753 

 

 ※どのPC環境でもご覧いただけるよう「鴎」を新字で表記しています。

 

昨年のつつじ苑の様子1  昨年のつつじ苑の様子2 

  

昨年のつつじ苑の様子3  4月8日のつつじ苑の様子

安全で安心な予防接種事業の実現に向けて~子育て応援ワクチンナビ・里帰り先での予防接種費用の公費負担を開始しました~

平成27年4月8日
いつ 平成27年4月1日(水曜日)~
 だれが 文京区予防対策課
内容

子どもの予防接種については、定期接種化される予防接種が年を追うごとに増えており、接種スケジュールの組み立てが難しくなっています。また、ヒブ・肺炎球菌ワクチンが定期接種化されたこと等により、定期接種のスタート時期が生後2月からと早まっており、近年里帰り先で接種を開始されるケースが増加しています。

このような状況の中、文京区では4月1日より、子育て応援ワクチンナビ及び里帰り先での予防接種費用の公費負担を導入しました。これにより、接種もれ等を防止し安全な接種環境を実現するとともに、予防接種にかかる経済的負担の軽減を図ります。

 

【子育て応援ワクチンナビ(予防接種スケジュール管理モバイルサービス)】

  • 概要子どもの予防接種スケジュールを自動で作成・配信するサービス。
  • 利用登録外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。 文京区『子育て応援ワクチンナビ』 (外部ページにリンク)にアクセス(無料/パソコン・携帯電話・スマートフォン可)

子どもの生年月日・ニックネーム・メールアドレスなどを登録

  • 主な機能
    • 専用の予防接種スケジュールを自動作成(スケジュール変更にも対応)
    •  接種時期が近づくと事前にメールを配信
    •  感染症流行状況・区からのお知らせなどの周知(掲示板機能)
    •  区の医療機関の検索・かかりつけ医設定

 

【里帰り先での予防接種費用の公費負担】

  • 概要里帰り等の理由により、23区内の指定医療機関(BCGは文京区内の指定医療機関)以外で定期予防接種を接種した場合、接種費用を助成。
  • 対象ヒブ・小児用肺炎球菌・DPT・DPT-IPV(四種混合)・ポリオ・BCG・MR・麻しん・風しん・水痘(みずぼうそう)・日本脳炎・DT・子宮頸がん予防

※平成27年4月1日接種分から対象

  • 申請期間 接種日から6ヶ月以内
  • 助成額全額(ただし予防接種ごとに上限額あり)
  • 申請   予防接種後、文京区予防対策課へ申請

 

子育て応援ワクチンナビ(画像イメージ) 

中小企業向け融資あっせん制度の本人負担率を軽減し、区内における創業を促進!~すべての創業希望者にすべての取扱金融機関で、創業支援資金の本人負担金利「実質0%」を実現しました~

平成27年4月1日
いつ 平成27年4月1日(水曜日)~
だれが  文京区経済課
内容

文京区では、区内中小企業が事業経営の安定や経営基盤の強化を図る際に必要となる事業資金の融資を低利で受けられるよう、中小企業向けの融資あっせんを行っています。平成27年度からは本制度をさらに利用しやすくするために、契約利率を2.2%から1.9%に引き下げ、融資メニュー全体の本人負担率の軽減を図りました。とりわけ、区内での創業を希望する場合の「創業支援資金」については、契約利率を2.2%から1.7%へさらに引き下げ、区の利子補給と同率の1.7%とすることで、実質的な本人負担金利を0%としました。本人負担金利0%はすべての取扱金融機関との連携により実現したものです。融資限度額は800万円で、代表者が区民の場合の融資限度額は1,000万円となります。

この他、第二創業に対応した融資あっせんメニューの拡充や創業相談窓口の設置など、様々な機関と連携しながら区内における創業支援事業の拡充を図り、地域の活性化・雇用の確保などにつなげていきます。

 

【中小企業向け融資あっせん制度】

中小企業向け融資あっせん制度は、事業資金の借り入れが容易でない中小企業者のために、区が金融機関と協定を結び、融資を受けやすくするものです。事業経営の安定や経営基盤の強化を図る際に必要となる事業資金の融資を低利で受けられるよう、取扱金融機関に対して区が融資をあっせんします。金融機関で融資が実行された場合には、区が利子の一部を補給します。

中小企業向け融資あっせん制度の詳細

【創業支援資金の本人負担金利を「実質0%」に】

  • 対象文京区内で創業しようとする場合または区内で創業し1年未満の場合
  • 使途運転・設備
  • 融資限度額800万円以内(代表者が区民の場合は1,000万円以内)
  • 返済期間6年(72か月)以内(元金据置12か月以内を含む)
  • 利率/年契約利率1.7%/利子補給1.7%/本人負担0%
  • 申込東京商工会議所文京支部(電話:5842-6731)へ(申込書と必要書類を提出)
  • その他上記の他、第二創業(※)に関する融資あっせんメニューを拡充(事業活性化資金)

※第二創業:既に営んでいる中小企業・小規模事業者において、後継者が事業転換や新分野への挑戦を行うこと。

 

【総合的な創業支援を展開】

文京区は平成27年2月に産業競争力強化法に基づく創業支援事業計画を策定し、「交流」「相談」「人材育成」「情報受発信」の4つの機能を備えた創業支援事業を民間事業者と連携して実施し、区内における創業を促進し、地域の活性化・雇用の確保を図っていきます。

  • 創業相談窓口の設置(東京商工会議所文京支部)
  • 創業支援セミナーの実施(オーソドックス編・テーマ特化編)
  • 専門相談員による創業相談会の実施
  • 創業希望者と創業経験者との交流事業の実施

 

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター14階南側

広報課

電話番号:03-5803-1128

FAX:03-5803-1331

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.