報道発表資料(26年6月)

更新日 2016年06月07日

文京区を「女性が輝く社会づくり」の拠点に!~平成27年度に文京シビックセンター内に国連機関「UNWomen」の日本事務所を設置します!~

平成26年6月30日
いつ 平成27年度
どこで 文京シビックセンター内
内容

ジェンダー平等と女性のエンパワーメントのための国連機関である「UN Women」は、日本事務所を文京シビックセンター内に設置します。

全国初の自治体首長の育休取得や、全国初の妊産婦・乳児専用の救護所設置、男女平等参画推進条例の制定など、文京区が男女平等参画や女性支援に関する先駆的な施策を展開してきたことから、「UN Women」から文京区に対し事務所設置の依頼がありました。これまでも、本機関の事務局長であるプムズィレ・ムランボ=ヌクカ氏が「He For She」キャンペーンへの参加依頼のために文京区長を訪ねており、その際の対談などを経て、このたびの事務所設置に至りました。

今後は、平成27年度の設置に向けて、セキュリティなどのハード面や、区内女性団体や教育機関との連携、区内小・中学校における国際理解教育など、本機関との事業連携のあり方について協議を進めていきます。

報道発表資料(PDFファイル; 814KB)

【事務所開設に向けて】

  • 平成27年度に、文京シビックセンター内(文京区春日1-16-21)に事務所を開設する予定。
  • 事務所設置に向け、
    1. 文京区から女性の地位向上のための情報発信
    2. 区内の女性団体や大学などをはじめとする教育機関との連携
    3. 文京区での国際シンポジウムなどの開催
    4. 区内の小・中学校における国際理解教育の実施

などについて「UN Women」と協議していく。

 

文京シビックセンター内に国連機関「UNWomen」の日本事務所設置を発表 記者懇談会の様子

東日本大震災で被災した子どもたちを支援 東京都民生委員・児童委員 合唱チャリティーコンサートが開催されました

平成26年6月11日
いつ 平成26年6月11日(水曜日)正午~午後4時
どこで 文京シビックホール 大ホール
だれが 東京都民生児童委員連合会
内容

民生委員・児童委員は地域の相談相手として、高齢者や障害者、子育ての支援などを行うボランティアで、文京区でも146人の民生委員・児童委員が活動しています。(うち主任児童委員が9人)
このたび、東京都民生児童委員連合会では、これまで取り組んできた「東日本大震災子ども応援募金」のより一層の推進と、民生委員・児童委員の活動の周知を図るため、合唱チャリティーコンサートを開催しました。このコンサートは、東日本大震災で被災した遺児・孤児の支援のために開催されるもので、都内16区市の民生委員・児童委員協議会が参加しました。文京区民生委員・児童委員協議会も参加団体の一つとして、被災地の子どもたちへの支援を呼びかけました。

【事業内容】

  • 日時 平成26年6月11日(水曜日)正午~午後4時
  • 場所 文京シビックホール 大ホール
  • 主催 東京都民生児童委員連合会
  • 参加団体(出演順)
    (1部/正午~午後1時40分)
    (1)豊島区(2)中野区(3)江東区(4)文京区(5)立川市(6)練馬区(7)目黒区(8)世田谷区
    (2部/午後2時25分~午後4時)
    (9)国立市(10)国分寺市(11)江戸川区(12)昭島市(13)東村山市(14)葛飾区(15)小平市(16)杉並区

【関係者のコメント】

東京都民生児童委員連合会会長福田 豊衍(ふくだほうえん)

  • このたび被災東北3県を訪問し「東日本大震災子ども応援募金」を届けてきた。当募金も現在までに総額3千万円を超え、厚生労働大臣からも感謝状をいただいた。被災した子どもたちの支援を続けていくために「被災地に思いをはせ、決して忘れないこと」を心にとめ、この活動を続けていきたい。

文京区長成澤 廣修(なりさわひろのぶ)

  • このコンサートが末永く息の長い活動となるよう願っている。孤独死や児童虐待に関する事件などが起こる中、地域での見守りネットワークをしっかり整備していくことなどが重要であり、そのためには、民生委員・児童委員との連携が不可欠であると感じている。

 

厚生労働大臣からの感謝状 16団体が出演

「I(愛) am(編む) a man(男子)」来たれ!編み物男子!~ふれあいサロン事業「男子ニット部」の参加者を募集しています~

平成26年6月11日
いつ 実施日:平成26年7月6日から27日までの日曜日(全4回)/申込〆切:6月22日(必着)
だれが 文京区区民課(駒込地域活動センター)
どこで ふれあいサロン駒込(文京区本駒込3‐22‐4駒込地域活動センター内)
内容

「ふれあいサロン事業」は、住み慣れた地域でいきいきと暮らし続けることができる環境づくりを推進するため、区民の方々が交流できる各種イベントや教室等を実施しています。現在区内では、湯島・汐見・駒込の3地区で「ふれあいサロン」が開設されており、子どもから高齢者まで、誰もが気軽に参加できるプログラムが実施されています。
7月6日から27日までの日曜日(全4回)には、ふれあいサロン駒込で「男子ニット部」を行い、現在、その参加者を募集しています。講座は、区内在住・在勤・在学の編み物初心者の男性を対象に、季節を問わず使えるニットタイを制作します。丁寧な指導で、初心者の方でも気軽に参加できる講座として人気です。

  • 日時 平成26年7月6日から27日までの日曜日(全4回)午後1時30分~午後3時30分
  • 会場 ふれあいサロン駒込(文京区本駒込3‐22‐4駒込地域活動センター内)
  • 対象 区内在住・在勤・在学者の、編み物初心者の男性(男性に同伴の場合のみ女性の参加可)
  • 内容 全4回の連続講座で、ニットタイを制作
  • 講師 霞ヶ丘技芸学院
  • 定員 10名(抽選)
  • 参加費 2,000円(初回に納入)
  • 申込 往復はがきに(1人1枚)に、講座名・住所・氏名・年齢・電話番号と返信用にもあて先を明記し、駒込地域活動センターへ
  • 〆切 平成26年6月22日(日曜日)必着


昨年度の様子(ネットウォーマーを作成) 昨年度の「男子ニット部」の様子


ふれあいサロン駒込で「男子ニット部」開催の様子

東日本大震災で被災した子どもたちを支援 東京都民生委員・児童委員合唱チャリティーコンサートが開催されます【事前PR】

平成26年6月10日
いつ 平成26年6月11日(水曜日)正午~午後4時
どこで 文京シビックホール 大ホール
だれが 東京都民生児童委員連合会
内容

民生委員・児童委員は地域の相談相手として、高齢者や障害者、子育ての支援などを行うボランティアで、文京区でも146人の民生委員・児童委員が活動しています。(うち主任児童委員が9人)
このたび、東京都民生児童委員連合会では、これまで取り組んできた「東日本大震災子ども応援募金」のより一層の推進と、民生委員・児童委員の活動の周知を図るため、合唱チャリティーコンサートを開催します。このコンサートは、東日本大震災で被災した遺児・孤児の支援のために開催されるもので、都内16区市の民生委員・児童委員協議会が参加します。文京区民生委員・児童委員協議会も参加団体の一つとして、被災地の子どもたちへの支援を呼びかけます。

【事業内容】

  • 日時 平成26年6月11日(水曜日)正午~午後4時
  • 場所 文京シビックホール 大ホール
  • 主催 東京都民生児童委員連合会
  • 参加団体(出演順)
    (1部/正午~午後1時40分)
    (1)豊島区(2)中野区(3)江東区(4)文京区(5)立川市(6)練馬区(7)目黒区(8)世田谷区
    (2部/午後2時25分~午後4時)
    (9)国立市(10)国分寺市(11)江戸川区(12)昭島市(13)東村山市(14)葛飾区(15)小平市(16)杉並区

【東日本大震災子ども応援募金】

  • 東日本大震災で親を亡くし遺児・孤児となった子どもたちを支援するため、東京都民生児童委員連合会が継続的に取り組んでいる活動です。見舞金的なものではなく、より長期的な被災者支援の必要性を考慮しながら、こうした子どもたちの養育・教育を支援するために、適切な団体が運営している育英基金等へ寄託しています。
  • 多くの地域住民の協力により、現在までの募金総額は3千万円を超えました。集まった募金は、東京都民生児童委員連合会で取りまとめ、本会の正副会長などが、被災地である岩手県・宮城県・福島県の支援窓口で直接渡しています。

【民生委員・児童委員の活動】

  • 民生委員・児童委員は民生委員法や児童福祉法によって設置された、地域の方に最も身近な相談・支援者です。
  • 地域住民が地域で安心して自立した生活が送れるよう、区や関係機関などとのパイプ役として活動しています。
  • 高齢者・障害者・子育て世帯などの福祉に関する相談に応じ、区や関係機関等の様々な情報を周知して必要なサービスが受けられるよう支援します。

サッカーW杯開幕!ブラジルや対戦国の料理で大会を楽しもう!~区立小・中学校で「ワールドカップ応援給食」を実施します~【事前PR】

平成26年6月5日
いつ 平成26年6月13日(金曜日)ほか
どこで 文京区立小・中学校全校(小学校20校・中学校10校)
だれが 文京区スポーツ推進課
内容

「2014年サッカーワールドカップ ブラジル大会」の開催期間中、文京区立小・中学校の全校で「ワールドカップ応援給食」を実施します。ワールドカップ開催国ブラジルの一般家庭で食べる代表的な料理「フェイジョアーダ(黒豆と肉を使った煮込み料理)」や「パステウ(ひき肉を小麦粉生地で包んで揚げた軽食)」のほか、グループリーグで対戦する各国の代表的な料理が、学校給食で子どもたちに提供されます。
この取り組みを通じ、その国について学んだり食文化に触れたりすることで、楽しみながらサッカーワールドカップを楽しみます。

  1. 実施日・対象国
    (1)6月13日(金曜日)の開幕日には、ほぼ全校で、開催国のブラジル料理を提供。
    (2)その他、日本代表のグループリーグの試合開催日に合わせて、対戦国(コートジボワール・ギリシャ・コロンビア)の料理を、各校の状況に応じて提供。※詳細は、別紙予定表を参照(Excelファイル; 44KB)
  2. 実施校
    文京区立小・中学校全校(小学校20校・中学校10校)
  3. 提供される各国の料理(例)
    (1)フェイジョアーダ(ブラジル料理)
    ブラジルの一般家庭料理の代表。黒豆と肉を使った煮込み料理で、ご飯の上にかけて食べる。給食ではいんげん豆と豚肉を使用。
    (2)パステウ(ブラジル料理)
    ひき肉を小麦粉生地で包んで揚げた、ブラジルの代表的な軽食。子どもから大人まで人気の料理。
    (3)ペペスープ(コートジボワール料理)
    肉や魚、野菜を煮込んだ家庭料理。本場ではペペ(ナイジェリアでなどで使われる香辛料)を使用。
    (4)ムサカ(ギリシャ料理)
    オリーブオイルでソテーした(または揚げた)ナスのスライス、マッシュポテト、ラムひき肉を炒めたもの、ベシャメルソースを順に重ねてオーブンで焼いた、グラタンに似た料理。
    (5)アロス・コン・ポジョ(コロンビア料理)
    ラテンアメリカやカリブ海の島々などに定着する、米と鶏肉を主材料とした料理。(チキンピラフ)

 

フェイジョアーダ(ブラジル料理) ムサカ(ギリシャ料理) 


アロス・コン・ポジョ(コロンビア料理)

アフガニスタンの特別支援に関する教師教育に協力~「教師教育における特別支援教育強化プロジェクト」の研修員が文京福祉センターを視察~

平成26年6月4日
いつ 平成26年6月4日(水曜日)午後3時~午後5時
どこで 文京福祉センター(文京区音羽1-22-14)
だれが 文京福祉センター(文京区音羽1-22-14)
内容

6月4日(水曜日)、独立行政法人国際協力機構(JICA)の「教師教育における特別支援教育強化プロジェクト」の短期研修に参加するアフガニスタンの研修員が、文京福祉センターを視察に訪れました。アフガニスタンでは、20年以上に及ぶ戦争と地雷の被害などにより学齢期の障害を持った子どもは20万人近くにのぼると言われています。同国の憲法や教育法では、全ての子どもや青年に対して無償の教育を提供することを義務付けている一方、訓練を受けた教師の不足なども指摘されています。このたびのプロジェクトは、障害のある子どもに対する教師の理解が改善し、子どものニーズに合わせた学校現場の実践が向上することを目標とするものです。
7名の研修員が施設を訪問し、文京福祉センターの事業概要などについて説明を受けました。

【内容】

  • 訪問日 平成26年6月4日(水曜日)午後3時~午後5時
  • 場所 文京福祉センター(文京区音羽1-22-14)
  • 人数 研修員7名
  • 協力本プロジェクトは大阪教育大学と作新学院大学の協力により実施

【視察の様子】

  • アフガニスタンの文部省の教師教育部門の講師などを務める7名の研修員が視察に訪れました。
  • 文京福祉センターの概要(障害者部門・高齢者部門・施設貸出)について説明を行った後、文京区を紹介するDVD(英語版)を上映しました。
  • その後、児童発達支援などの施設を見学し、各種訓練器具の使い方などについて施設担当者から説明を受けました。
  • 研修員からは、各器具の使い方の他、日本の介護保険制度に関する質問が出されました。また、日本とアフガニスタンの障害者支援制度の違いについての意見交換も行われました。
  • 研修員の代表からは、「このたびの視察で説明を受けた日本での取り組みを、アフガニスタンでも行えるよう頑張りたい」といった、感謝と決意のコメントをいただきました。

 

文京福祉センターの概要説明 訓練器具などの説明

世界最高峰のプレーをシビックセンターの大画面で観戦しよう!~「2014FIFAワールドカップ ブラジルパブリックビューイング」を実施します~

平成26年6月3日
いつ 平成26年6月15日(日曜日)午前10時~/平成26年6月25日(水曜日)午前5時~
どこで 文京シビックセンター地下2階区民ひろば(15日)/文京シビックホール大ホール(25日)
だれが

文京区スポーツ振興課

内容

日本サッカー協会が本拠を置く文京区は、文京シビックセンターや文京シビックホールで「2014FIFA ワールドカップ ブラジル パブリックビューイング」を実施します。
6月15日(日曜日)の「コートジボワール 対 日本」と、6月25日(水曜日)の「日本 対 コロンビア」を入場無料で開催し、世界最高峰の大会で魅せるハイレベルな戦いを大画面で観戦します。
なお、平成25年11月に発足した「日本サッカーを応援する自治体連盟」に加入している文京区は、2020年の東京オリンピック・パラリンピック推進事業の一環として、サッカーを通じてスポーツの楽しさなどを広く伝える取り組みを行っています。

【実施概要】

  1. 日程など
    (1)「コートジボワール 対 日本」
    ・日時 平成26年6月15日(日曜日)午前10時~
    ・会場 文京シビックセンター地下2階区民ひろば
    (2)「日本 対 コロンビア」
    ・日時 平成26年6月25日(水曜日)午前5時~(午前4時30分開場)
    ・会場 文京シビックホール大ホール(定員1,200人)
  2. 対象 どなたでも(当日、直接会場へ)
  3. 入場 無料
  4. その他
    ・会場内の飲食やアルコールの持ち込み、場所取りや深夜からの並びは不可
    ・6月25日(水曜日)は、文京シビックセンター内の駐車場は利用不可
    ・自転車は臨時駐輪場を設置

アフガニスタンの特別支援に関する教師教育に協力~「教師教育における特別支援教育強化プロジェクト」の研修員が文京福祉センターを視察~【事前PR】

平成26年6月3日
いつ 平成26年6月4日(水曜日)午後3時~午後5時
どこで 文京福祉センター(文京区音羽1-22-14)
だれが

文京福祉センター(文京区音羽1-22-14)

内容

6月4日(水曜日)、独立行政法人国際協力機構(JICA)の「教師教育における特別支援教育強化プロジェクト」の短期研修に参加するアフガニスタンの研修員が、文京福祉センターを視察に訪れます。アフガニスタンでは、20年以上に及ぶ戦争と地雷の被害などにより学齢期の障害を持った子どもは20万人近くにのぼると言われています。同国の憲法や教育法では、全ての子どもや青年に対して無償の教育を提供することを義務付けている一方、訓練を受けた教師の不足なども指摘されています。このたびのプロジェクトは、障害のある子どもに対する教師の理解が改善し、子どものニーズに合わせた学校現場の実践が向上することを目標とするものです。
当日は7名の研修員が施設を訪問し、現在の文京福祉センターの事業概要などについて説明を受けます。

【内容】

  • 訪問日 平成26年6月4日(水曜日)午後3時~午後5時
  • 場所 文京福祉センター(文京区音羽1-22-14)
  • 内容 文京福祉センターの概要説明・施設等の参観など
  • 人数 研修員 7名
  • 協力 本プロジェクトは大阪教育大学と作新学院大学の協力により実施

【アフガニスタンの障害児教育の現状】

  • アフガニスタンでは、20数年に及ぶ戦争と地雷の被害、文化に起因する姻戚婚などにより、推定される障害者数は数十万人に及ぶとされ、このうち、学齢期の障害を持った子どもは20万人近くに上ると言われている。こうした子どものうち4分の3が学校に通っておらず、残りの4分の1は一般校に通うも、その多くは適切な指導が受けられない状況で落第や退学につながっている。
  • アフガニスタン憲法と教育法は、教育省が全ての子どもと青年に対して、無償の教育を提供することを義務付けている一方、訓練を受けた教師の不足や、特別なニーズを持った子どもを教えるための教材の不足などが指摘されている。
  • このような状況を受け、独立行政法人国際協力機構(JICA)は、2003年から特別支援教育の支援を開始し、カブール教育大学の特別支援教育学部設立の支援などを行ってきた。

あじさいの多様な彩りを堪能‥「第30回 文京あじさいまつり」開催

平成26年6月2日
いつ 平成26年6月7日(土曜日)から15日(日曜日)まで
どこで 白山神社境内(文京区白山5-31-26)および白山公園(文京区白山5-31)
だれが 主催:文京あじさいまつり実行委員会、文京区観光協会 後援:文京区ほか
内容

6月7日から15日までの9日間、白山神社と白山公園を会場にして「第30回 文京あじさいまつり」が開催されます。会場には約3,000株のあじさいが植えられ、多様な彩りが堪能できる都内有数のあじさいの名所となっています。あじさいが咲き誇る富士塚は期間中のみ公開。また、第30回目の節目の年の開催を記念し、紫陽花富士(あじさいの鉢を富士山の形に見立てて設置)の展示や記念Tシャツの販売等が予定されています。また、土・日曜日には、コンサートや模擬店の出店、写生会のほか、歯痛止め信仰で知られる白山神社で「歯ブラシ供養」(8日、15日)などの催しも行われます。

【あじさいの名所のはじまり】

昭和50年、先代の宮司が6月の「歯の衛生週間」の頃に咲く花ということで富士塚(築山)に約200株のあじさいを植えたことがはじまり。昭和53年度の白山公園改修時に、区は約1,000株のあじさいを植栽。神社と公園が一体となるよう整備し、現在に至っています。

【主なイベント情報】

歯痛止め信仰で知られる白山神社にて、珍しい「歯ブラシ供養」が8日と15日に行われます。その他のイベントは以下のとおり。
  1. 子どもあじさい写生会、模擬店、区内小学生鼓笛隊等による紫陽花コンサート:期間中の土・日曜日
  2. 文京区観光PR:7、8日
  3. 災害時に使うロープワーク:8日・15日
  4. 歯科相談コーナー:8、15日
  5. 福山市及び白山市観光PRと物産展:14、15日
  6. お買い物スタンプラリー:期間中
  7. お茶接待:土・日曜日を除く期間中
  8. あじさい神輿渡御:15日

【文京区観光ガイドが案内する『江戸のパワースポット白山・駒込を歩く』】

6月7日(土曜日)13時30分から2時間程度、文京区観光ガイドが目赤不動や駒込富士神社などの名所・旧跡等を案内します。定員20人(先着順)で参加無料。文京区観光協会テント前にて13時15分まで受付。

【白山神社】天暦年間(947~957)に加賀一宮白山神社を現在の本郷一丁目の地に勧請したと伝えられる由緒ある古社。明暦元年(1655)に現在地へ移りました。縁結びの神として崇められている神社ですが、江戸時代より歯痛を止める神様としても庶民から信仰されています。


5月31日撮影 早咲きの株 昨年度の富士塚のあじさい

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター14階南側

広報課

電話番号:03-5803-1128

FAX:03-5803-1331

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.