報道発表資料(26年5月)

更新日 2016年06月07日

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、応募殺到の話題のプログラムが本格始動!~「文京ジュニア・アスリート・アカデミー(BJAA)」が開講しました!~

平成26年5月31日
いつ 平成26年5月31日(土曜日)午後3時30分~
どこで 文京総合体育館(アリーナ)(文京区本郷7-1-2)
だれが 主催:文京区・文京区体育協会 / 協力:順天堂大学
内容

2020年東京オリンピック・パラリンピックの大会成功に向けた機運が高まりを見せる中、文京区は順天堂大学や文京区体育協会との協働により「文京ジュニア・アスリート・アカデミー(BJAA)」を実施し、5月31日(土曜日)にその開講式が行われました。
「文京ジュニア・アスリート・アカデミー(BJAA)」は、子どもたちがスポーツを通じて様々な経験を重ね、将来アスリートとして活躍するという夢に向けた一歩を応援する事業です。「走」「跳」「投」を中心とした基礎動作のトレーニングや各種競技スポーツの体験、食育やメンタルトレーニングに関する知識習得など、アスリートを目指すための一連のプログラムを1期2年間で行い、子どもたちの多彩な才能を引き出します。
このたび第1期生の募集を行い、定員を大幅に上回る130人の応募の中から選考された41人の子どもたちが、今後2年間かけて、様々なプログラムに参加します。

【BJAA事業概要】

  • 期間 1期2年間 
  • 会場 区立スポーツ施設等
  • 指導 順天堂大学スポーツ健康科学部 他
    (指導責任者)越川一紀 先任准教授(陸上競技部監督・アテネオリンピック陸上日本選手団コーチ)
    青木和浩 先任准教授(体力トレーニング研究室)
  • 参加 区内在住・在学の小学4~6年生 41人(書類選考)

                4年生23人・5年生10人・6年生8人

  • 内容 年24回(月2回程度)の定期講習(土曜日の午後3時30分~・1回2時間程度)

【初回のプログラム】

  • 開講式の後には、初回のプログラムとして「走」「跳」「投」の基礎体力測定として「30m走」「立ち幅跳び」「立ち五段跳び」「ハンドボール投げ」を行いました。

【関係者のコメント】

  • この事業に参加した人が「文京区から育ったオリンピア」となれるよう応援していきたい。スポーツを愛する子どもたちが、このプログラムを通じて記録を伸ばし、それぞれの種目で活躍するという夢を実現してほしい。(文京区長 成澤廣修)
  • 2020年東京オリンピック・パラリンピックの大会成功に向けたムーブメントが起きる中、本事業は、保護者や地域の方にとっても、改めて健康スポーツの意義を知る機会となる。自己に眠る才能を、スポーツを通じて開花させてほしい。「夢はあなたの明日を創る」夢の実現に向かって頑張ってほしい。(順天堂大学スポーツ健康科学部学部長 島内憲夫)


開講式 立ち五段跳び


30m走

体験を通して学び、考え、発表する力を身につける総合的な学習の時間 地域人材と協力した、生涯学習講座を実施しました

平成26年5月30日
いつ 平成26年5月30日(金曜日)午後1時25分~午後3時30分
どこで 文京区立第九中学校(文京区本駒込3-28-9)
だれが 文京区立第九中学校1・2年生(特別支援学級の1・2年生も一緒です)
内容

文京区立第九中学校では、1・2年生の「総合的な学習の時間」に、地域の方々の協力による生涯学習講座を実施しました。この講座は、教科以外の専門的な分野について、地域の方から広く学ぶ姿勢を育てるとともに、体験の場を通じて、学び、考え、発表する力を身につけることを目的としています。
スポーツや文化・芸術など、幅広い分野で活躍する方をゲストティーチャーとして招き、全10講座を実施。このような取り組みは、区内の中学校でも珍しく、毎年、生徒たちにも大好評です。

【内容】

  • 対象 文京区立第九中学校1・2年生(207名)
  • 目的
    ・地域の多様な人材と協力し、教科指導を越えて、生涯にわたり学ぶ姿勢や態度を育てる総合的な場とする。
    ・体験を通して学び、考え、発表する力を身につける。
    ・日本文化の一端に触れる。
  • 場所 体育館・武道場・家庭科室・音楽室・視聴覚室・教室

  • 講座・講師 各分野の講師による体験学習(1講座20名前後)
    (1)スポーツチャンバラ(体育館) 田中 和行(元文京区スポーツ推進委員)
    (2)折り紙(教室) 中島 進(おりがみ会館)
    (3)着付け(視聴覚室) 平山・板垣(民族衣裳文化普及協会)
    (4)演劇ワークショップ(武道場) 西垣 耕造(東京演劇集団 風)
    (5)蕎麦打ち(調理室) 海野 哲寿 他6名(櫻流そば打ち研究会)
    (6)太極拳(音楽室) 豊川 紀子(元文京区体育指導委員)
    (7)フィットネス(体育館) 新井 るり子(テクノジムジャパン)
    (8)写真(教室) 平田 直樹(カメラマン)
    (9)囲碁(教室) 杉山 晃(日本棋院囲碁普及指導員)
    (10)ボイストレーニング 伊藤 朋子(プロジャズシンガー)


スポーツチャンバラ 着付け


折り紙

2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、応募殺到の話題のプログラムが本格始動!~「文京ジュニア・アスリート・アカデミー(BJAA)」が開講します!~【事前PR】

平成26年5月28日
いつ 平成26年5月31日(土曜日)午後3時30分~
どこで 文京総合体育館(アリーナ)(文京区本郷7-1-2)
だれが

主催:文京区・文京区体育協会/協力:順天堂大学

内容

2020年東京オリンピック・パラリンピックの大会成功に向けた機運が高まりを見せる中、文京区は順天堂大学や文京区体育協会との協働により「文京ジュニア・アスリート・アカデミー(BJAA)」を実施し、5月31日(土曜日)にその開講式を行います。
「文京ジュニア・アスリート・アカデミー(BJAA)」は、子どもたちがスポーツを通じて様々な経験を重ね、将来アスリートとして活躍するという夢に向けた一歩を応援する事業です。「走」「跳」「投」を中心とした基礎動作のトレーニングや各種競技スポーツの体験、食育やメンタルトレーニングに関する知識習得など、アスリートを目指すための一連のプログラムを1期2年間で行い、子どもたちの多彩な才能を引き出します。
このたび第1期生の募集を行い、定員を大幅に上回る130人の応募の中から選考された40人の子どもたちが、今後2年間かけて、様々なプログラムに参加します。

【BJAA事業概要】

  • 期間 1期2年間 

  • 会場 区立スポーツ施設等

  • 指導 順天堂大学スポーツ健康科学部 他
    (指導責任者)越川一紀 先任准教授(陸上競技部監督・アテネオリンピック陸上日本選手団コーチ)
    青木和浩 先任准教授(体力トレーニング研究室)

  • 対象 区内在住・在学の小学4~6年生 

  • 参加 40人(書類選考により決定)

  • 内容 年24回(月2回程度)の定期講習(土曜日の午後3時30分~・1回2時間程度)
    (1年目)基礎能力の向上~「走る」「投げる」「跳ぶ」を中心に~
     (1) あらゆるスポーツの基礎となる基本動作を中心としたトレーニング
     (2) コーディネーション能力(※)を高める
    (※)運動に必要な身体能力の調整
    (2年目)経験・発見~「自分で考え、自分で発見する」~
    様々な特徴の競技スポーツを体験し「やってみたい」と思うスポーツや「自分に向いている」スポーツを見つける
    (その他)2年間を通じて、食育やメンタルトレーニングの知識について学ぶとともに、国際理解を深めるための機会を設けます。(年に数回)

【開講式】

  • 日時 平成26年5月31日(土曜日)午後3時30分~ 
  • 会場 文京総合体育館(2階競技場)
  • 内容 関係者・来賓・指導者あいさつ、BJAA第1期生の誓いの言葉

  • その他 開講式終了後、第1回目のプログラムを行います。(30m走など、走・跳・投の基礎体力の測定)

体験を通して学び、考え、発表する力を身につける総合的な学習の時間 地域人材と協力した、生涯学習講座を実施します【事前PR】

平成26年5月28日
いつ 平成26年5月30日(金曜日)午後1時25分~午後3時30分
どこで 文京区立第九中学校(文京区本駒込3-28-9)
だれが

文京区立第九中学校1・2年生(特別支援学級の1・2年生も一緒です)

内容

文京区立第九中学校では、1・2年生の「総合的な学習の時間」に、地域の方々の協力による生涯学習講座を実施します。この講座は、教科以外の専門的な分野について、地域の方から広く学ぶ姿勢を育てるとともに、体験の場を通じて、学び、考え、発表する力を身につけることを目的としています。
スポーツや文化・芸術など、幅広い分野で活躍する方をゲストティーチャーとして招き、全10講座を実施します。体験学習の前後には、受講する講座に関する事前学習と事後学習及び発表会を行います。このような取り組みは、区内の中学校でも珍しく、毎年、生徒たちにも大好評です。

【内容】

  • 日時 平成26年5月30日(金曜日)午後1時25分~午後3時30分(5・6校時)
  • 対象 文京区立第九中学校1・2年生(207名)

  • 目的
    ・地域の多様な人材と協力し、教科指導を越えて、生涯にわたり学ぶ姿勢や態度を育てる総合的な場とする。
    ・体験を通して学び、考え、発表する力を身につける。
    ・日本文化の一端に触れる。

  • 場所 体育館・武道場・家庭科室・音楽室・視聴覚室・教室

  • 講座・講師 各分野の講師による体験学習(1講座20名前後)
    (1)スポーツチャンバラ(体育館) 田中和行(元文京区スポーツ推進委員)
    (2)折り紙(教室) 中島進(おりがみ会館)
    (3)着付け(視聴覚室) 平山・板垣(民族衣裳文化普及協会)
    (4)演劇ワークショップ(武道場) 西垣 耕造(東京演劇集団風)
    (5)蕎麦打ち(調理室) 海野 哲寿他6名(櫻流そば打ち研究会)
    (6)太極拳(音楽室) 豊川 紀子(元文京区体育指導委員)
    (7)フィットネス(体育館) 新井り子(テクノジムジャパン)
    (8)写真(教室) 平田直樹(カメラマン)
    (9)囲碁(教室) 杉山晃(日本棋院囲碁普及指導員)
    (10)ボイストレーニング 伊藤朋子(プロジャズシンガー)

【担当者のコメント】
教科の学習とはまた違う生徒たちの一面が見られます。明るくまじめに、そして少し戸惑いながらも、自分の選んだ講座に挑戦します。(2回目となる2年生は昨年とは違う講座に挑戦)他学年と一緒に普段は味わうことのできない体験をして、貴重で充実した時間となります。

子育てと女性支援の先進国スウェーデンの「ライフパズル展」が日本初公開!~「ライフパズル展2014」を開催~

平成26年5月16日
いつ 5月16日(金曜日)及び5月20(火曜日)~22日(木曜日)
だれが 主催:スウェーデン大使館/共催:文京区/協力:スウェーデンハウス株式会社・トヨタ自動車株式会社他
どこで 文京シビックセンター(地下2階区民ひろば・1階ギャラリーシビック)
内容

「仕事」「子育て」「介護」など、人生の上で起こる様々な出来事を調和させながら、やりがいと充実感を持って暮らすことを「ワークライフバランス」と呼んでいます。スウェーデンではこのことを「ライフパズル」と名付け、国民に伝えてきました。人生に起こるあらゆる場面や自分の役割、変化する生活の一場面を、バラバラになったパズルのピースと捉え、ピースを自由に、柔軟に組み合わせることで、自分のライフスタイルをいつでも再構築できるものです。
一人ひとりが、やりがいや自分のやりたいことなどを通じて、充実感を持ちながら生活を送るため、文京区はスウェーデン大使館との協働により、日本初公開の「ライフパズル展」を開催します。展示では、主に「女性の生き方」と「子育て」にスポットを当て、女性の社会参加・男性の育児参加・新しい家族や社会のあり方・男女平等などについて、スウェーデンの暮らしを紹介します。

【イベントなどの日程】

月日

時間

内容

会場

5月16日(金曜日)

12時00分~14時00分

トークショー「私がヒロがる私らしい生き方 ライフパズル」
(出演:スウェーデン大使館・柚井ウルリカ氏・sweducare・トヨタ自動車株式会社)

地下2階

区民ひろば

14時10分~14時50分

ブンネ楽器演奏ワークショップ(14時10分~14時50分)

5月20(火曜日)~

22日(木曜日)

10時00分~17時00分

展示「ライフパズル展」(注)22日は15時00分まで

1階ギャラリーシビック

5月20日(火曜日)

13時00分~14時00分

講演会「ライフパズルの中の高齢者福祉」
(舞浜倶楽部代表取締役社長グスタフ・ストランデル氏)

5月21日(水曜日)

11時00分~12時00分

講演会「女性として自分らしく生きること」
(ライフ・クリエーター柚井ウルリカ氏)

13時00分~15時00分

スウェーデンの私らしい子育ての啓発 “ポジティブ・ディシプリン”ワークショップ

5月22日(木曜日)

11時00分~12時00分

1歳半から演奏できるブンネ楽器ワークショップ

(注)1階ギャラリーシビックで行う講座・ワークショップは定員20名(先着順)

パネルディスカッションでは「家族の許可がないと遊びにも行けないような、どこか窮屈な生活をしている女性たちの姿を見ていて、自立・平等という観点から日本の社会が変わっていくには、どのようにしたらいいのかと感じている」といった男性の意見なども聞かれました。

パネルディスカッション ブンネ楽器ワークショップ

文京区議会、通年議会がスタート

平成26年5月15日
いつ 平成26年5月15日(木曜日)
だれが 文京区議会
内容

文京区議会では、通年議会を実施するための関係条例や規則が、平成26年5月1日に施行され、今年から通年議会の制度がスタートしました。このため、5月8日に区長が定例会を招集し、5月15日に、通年議会として初めての本会議となる「招集議会」を開きました。

【通年議会の内容】

  • 通年議会では、定例会の回数を年4回から年1回に改め、会期をおおむね1年間とし、会期内は議長権限でいつでも本会議を再開できるようになります。

  • この「招集議会」で定例会が開会し、会期を5月15日から翌年の4月30日までの351日間とすることが決定されました。定例会の会期中は、これまで年4回あった定例会の開会時期に合わせ、議長が「定例議会」として、6、9、11、2月に本会議を再開します。

  • 突発的な災害や、緊急を要する行政課題等が発生したときには、「臨時議会」として、議長の権限で本会議を再開できるため、これまでより迅速に対応することができます。

子育てと女性支援の先進国スウェーデンの「ライフパズル展」が日本初公開!~「ライフパズル展2014」を開催します~【事前PR】

平成26年5月14日
いつ 5月16日(金曜日)及び5月20(火曜日)~22日(木曜日)
だれが 主催:スウェーデン大使館/共催:文京区/協力:スウェーデンハウス株式会社・トヨタ自動車株式会社 他
どこで 文京シビックセンター(地下2階区民ひろば・1階ギャラリーシビック)
内容

「仕事」「子育て」「介護」など、人生の上で起こる様々な出来事を調和させながら、やりがいと充実感を持って暮らすことを「ワークライフバランス」と呼んでいます。スウェーデンではこのことを「ライフパズル」と名付け、国民に伝えてきました。人生に起こるあらゆる場面や自分の役割、変化する生活の一場面を、バラバラになったパズルのピースと捉え、ピースを自由に、柔軟に組み合わせることで、自分のライフスタイルをいつでも再構築できるものです。
一人ひとりが、やりがいや自分のやりたいことなどを通じて、充実感を持ちながら生活を送るため、文京区はスウェーデン大使館との協働により、日本初公開の「ライフパズル展」を開催します。展示では、主に「女性の生き方」と「子育て」にスポットを当て、女性の社会参加・男性の育児参加・新しい家族や社会のあり方・男女平等などについて、スウェーデンの暮らしを紹介します。

 

【スウェーデンが推進する「ライフパズル」】
男性の育児参加促進や、女性支援の充実、多様な生き方の応援など、子育てと女性支援の先進国であるスウェーデンが推進してきた国策が「ライフパズル」です。生きていく中で起きる環境の変化や自分の社会的役割をパズルのピースと考え、人生は自由に組み合わせることができると伝えています。「ワークライフバランス」から一歩進んだアイデアである「ライフパズル」は、スウェーデンの女性の活躍に大きく貢献してきました。日本初公開となる「ライフパズル展」は、スウェーデンの暮らしや最新の方法を学びながら、日本の子育てや育児参加などを考えていきます。

【イベントなどの日程】
月日 時間 内容 会場

5月16日(金曜日)

12時00分~14時00分

トークショー「私がヒロがる私らしい生き方 ライフパズル」
(出演:スウェーデン大使館・柚井ウルリカ氏・sweducare・トヨタ自動車株式会社)

地下2階

区民ひろば

14時10分~14時50分

ブンネ楽器演奏ワークショップ(14時10分~14時50分)

5月20日(火曜日)~22日(木曜日)

10時00分~17時00分

展示「ライフパズル展」

1階ギャラリーシビック

5月20日(火曜日)

13時00分~14時00分

講演会「ライフパズルの中の高齢者福祉」
(舞浜倶楽部代表取締役社長グスタフ・ストランデル氏)

5月21日(水曜日)

11時00分~12時00分

講演会「女性として自分らしく生きること」
(ライフ・クリエーター柚井ウルリカ氏)

13時00分~15時00分

スウェーデンの私らしい子育ての啓発 “ポジティブ・ディシプリン”ワークショップ

5月22日(木曜日)

11時00分~12時00分

1歳半から演奏できるブンネ楽器ワークショップ

(注)1階ギャラリーシビックで行う講座・ワークショップは定員20名(先着順)

子どもたちの全力プレーで、サッカーW杯日本代表にエールを送る!~夢を力に2014「がんばれ日本代表!」ジュニア交流サッカー大会を開催~

平成26年5月12日
いつ 平成26年5月18日(日曜日)午後1時~(開会式)
だれが 主催:文京区共催:北区
どこで 小石川運動場(文京区後楽1-8-23)
内容

6月に開催する「2014年サッカーワールドカップ ブラジル大会」を前に、文京区では、本大会に出場する日本代表チームを応援するため、昨年10月に開催したスポーツ祭東京のサッカー競技開催地を中心とした11自治体のU-12選抜チームによる「がんばれ日本代表!ジュニア交流サッカー大会」を開催します。
文京区は昨年11月に発足した「日本サッカーを応援する自治体連盟」に加入しており、この大会も文京区内に本部を構える(公財)日本サッカー協会などとの連携のもとで行われます。開会式では、(公財)日本サッカー協会理事で元日本代表の北澤豪氏が出席し、子どもたちから日本代表に宛てた、応援メッセージ入りのフラッグを受けとります。
あわせて、(公財)日本サッカー協会が、日本サッカーミュージアムがある、お茶の水・本郷・湯島周辺でシティドレッシング(超大型グラフィック等を掲出して街全体を装飾)を行うなど、街中が「SAMURAI BLUE」一色となります。

【大会概要】

  • 大会名 夢を力に2014~がんばれ日本代表!~ジュニア交流サッカー大会

  • 主催 文京区

  • 共催 北区

  • 主管 文京区少年サッカー連盟

  • 後援 (公財)日本サッカー協会

  • 協力 (公財)東京都サッカー協会・北区サッカー協会
    東京都水道局文京営業所・フクダ電子株式会社

  • 参加 文京区・台東区・北区・荒川区・八王子市・府中市・調布市・町田市・清瀬市・多摩市・日の出町

  • チームU-12(小学校6年生以下)・13チーム(文京区・北区は2チーム)
    各自治体の選抜チーム(選抜チームの編成が困難な場合は自治体が選んだ単独チーム)

  • 開会式 5月18日(日曜日)午後1時~小石川運動場(文京区後楽1-8-23)

  • 試合
    (1)予選リーグ 5月18日(日曜日)小石川運動場・赤羽スポーツの森公園競技場
    (2)決勝トーナメント 5月25日(日曜日)小石川運動場

  • その他 開会式では、子どもたちのメッセージが書かれた応援フラグを、(公財)日本サッカー協会理事で元日本代表の北澤豪氏に贈呈します。

【街全体が「SAMURAI BLUE」に染まる、日本最大級のシティドレッシング】

  • (公財)日本サッカー協会は、ワールドカップ終了までの期間、お茶の水・本郷・湯島周辺で「シティドレッシング」を実施します。
  • このプロジェクトでは、ザッケローニ監督就任後に日本代表選手としてプレーした全64選手の肖像が使用され、「JFAハウス」「東京医科歯科大学」「順天堂医院」「サッカー通り/金花商店街全域」に掲出されます。

4年ぶりに東京消防庁第五消防方面本部が参加する大規模訓練~「第五消防方面・文京区合同総合水防訓練」を実施しました~

平成26年5月9日
いつ 平成26年5月9日(金曜日)午前9時~午前10時30分
だれが 文京区・東京消防庁第五消防方面本部・区内町会(自治会)など
内容

近年、局地的な集中豪雨による都市型災害の危険性が高まっています。文京区では、毎年5月の水防月間に水防意識の啓発と技術向上を目指して、区内消防署や消防団などとともに合同水防訓練を実施していますが、本年は文京区・区内町会(自治会)・区内消防団に加え、4年ぶりに東京消防庁第五消防方面本部(小石川消防署・本郷消防署・豊島消防署・池袋消防署・王子消防署・赤羽消防署・滝野川消防署)なども参加する、総勢約200名の大規模な水防訓練を行いました。
訓練は、局地的な集中豪雨により神田川が増水したことにより、越水危険が発生するとともに、幹線道路のマンホールから水が噴出し、住宅や地下鉄施設等の浸水危険が発生したという想定で行いました。

【訓練の概要】

  • 日時 平成26年5月9日(金曜日)午前9時~午前10時30分

  • 会場 教育の森公園自由広場(文京区大塚3-29)

  • 参加 文京区
    東京消防庁第五消防方面本部
    (小石川消防署・本郷消防署・豊島消防署・池袋消防署・王子消防署・赤羽消防署・滝野川消防署)
    文京区内の町会(自治会)・災害時支援ボランティア・文京区内の消防団
    東京メトロ株式会社など約200名

  • 内容 「積土のう工法」「角落し工法」「鋼板防護工法」「連結水のう工法」
    「マンホール噴出防止工法」「ロープブリッジ救出訓練」など

【文京区長(成澤廣修)のコメント】

本日の訓練の様子を拝見し大変心強く感じた。実際に水害が発生した場合は、コンディションの悪い中での作業になるため、日頃から、このような水防工法の訓練を積み重ねることが重要である。今回のような訓練を通じて、いつ来るとも限らない災害に備えていきたい。


積土のう工法 ロープブリッジ救出訓練


鋼板防護工法

4年ぶりに東京消防庁第五消防方面本部が参加する大規模訓練~「第五消防方面・文京区合同総合水防訓練」を実施します~【事前PR】

平成26年5月8日
いつ 平成26年5月9日(金曜日)午前9時~午前10時30分
だれが 文京区・東京消防庁第五消防方面本部・区内町会(自治会)など
内容

近年、局地的な集中豪雨による都市型災害の危険性が高まっています。文京区では、毎年5月の水防月間に水防意識の啓発と技術向上を目指して、区内消防署や消防団などとともに合同水防訓練を実施していますが、本年は文京区・区内町会(自治会)・区内消防団に加え、4年ぶりに東京消防庁第五消防方面本部(小石川消防署・本郷消防署・豊島消防署・池袋消防署・王子消防署・赤羽消防署・滝野川消防署)なども参加する、総勢約200名の大規模な水防訓練を行います。
訓練は、局地的な集中豪雨により神田川が増水したことにより、越水危険が発生するとともに、幹線道路のマンホールから水が噴出し、住宅や地下鉄施設等の浸水危険が発生したという想定で行われます。

【訓練の概要】

  • 日時 平成26年5月9日(金曜日)午前9時~午前10時30分

  • 会場 教育の森公園自由広場(文京区大塚3-29)

  • 参加 文京区
    東京消防庁第五消防方面本部
    (小石川消防署・本郷消防署・豊島消防署・池袋消防署・王子消防署・赤羽消防署・滝野川消防署)
    文京区内の町会・自治会
    災害時支援ボランティア
    文京区内の消防団
    東京メトロ株式会社など約200名

  • 内容
    ・神田川の現場確認(文京区パトロール車)
    ・越水防止や都市型水防工法の訓練
    「積土のう工法」
    「角落し工法」(板を積み重ねて越水を防止する工法)
    「鋼板防護工法」
    「連結水のう工法」
    「マンホール噴出防止工法」
    (マンホールのふたの周囲に防護壁をつくって水の噴出を防止する工法)など
    ・ロープブリッジ救助訓練
    (水没車両に取り残された人を、ロープを使用して救助)

旅行専門学校の学生が、思い出の修学旅行を全面サポート!~修学旅行の事前学習で、駿台トラベル&ホテル専門学校の学生がアドバイスを送りました~

平成26年5月2日
いつ 平成26年5月2日(金曜日)午前8時30分~午前10時30分
だれが 文京区立第九中学校・駿台トラベル&ホテル専門学校
どこで 文京区立第九中学校(文京区本駒込3-28-9)
内容

文京区立第九中学校の3年生は、5月27日(火曜日)から29日(木曜日)までの3日間、奈良・京都方面への修学旅行を予定しています。修学旅行に向け、現在、事前学習に取り組むとともに、奈良公園及び京都市内で予定している班別自由行動のコース検討を進めています。
そのような中、修学旅行に対する意欲の向上と、事前学習におけるコース検討の充実を図るため、旅行の専門知識を有する「駿台トラベル&ホテル専門学校」の学生が、事前学習の場を訪れ、生徒たちに適切なアドバイスを送りました。

【内容】

  • 対象 3年生(3クラス・計95人)

  • 協力 駿台トラベル&ホテル専門学校(豊島区巣鴨1-15-2電話番号3946-2100)
    当日は、教員2名・学生6名が来校

  • 内容
    (1)専門学校の学生が各教室に2名ずつ入り、随時、各班のコース検討にアドバイス。
    (2)多目的室に設置するヘルプデスクに、専門学校の学生が待機。じっくりと相談したい(した方がよいと思われる)班は、ヘルプデスクで相談する。

【授業の様子】

  • 班ごとに事前に立てたスケジュールについて、専門学校の学生がアドバイスを送りました。「清水寺から三十三間堂までは時間がかかるから、スケジュールは余裕を持った方がいい」「タクシーで移動するにも、京都の道は混むから注意が必要」などのチェックを受け、生徒たちは時間配分などの修正を行っていました。

  • その他、ガイドブックでおいしそうなお店を一緒に探したり、行きたい場所の意見が分かれた班で調整役を任されたりするケースもありました。

【駿台トラベル&ホテル専門学校の塩治拓巳(えんや たくみ)さんのコメント】

旅行には「計画する楽しみ」「実際に行って体験する楽しみ」「振り返る楽しみ」の3つの楽しみがあります。私たちは修学旅行当日は一緒に行くことができないので、その楽しみの中の「計画する楽しみ」を少しでもお手伝いできたらと思っています。


ヘルプディスクでアドバイス 各教室で班別自由行動のスケジュールチェック

旅行専門学校の学生が、思い出の修学旅行を全面サポート!~修学旅行の事前学習で、駿台トラベル&ホテル専門学校の学生がアドバイスを送ります~【事前PR】

平成26年5月1日
いつ 平成26年5月2日(金曜日)午前8時30分~午前10時30分
だれが 文京区立第九中学校・駿台トラベル&ホテル専門学校
どこで 文京区立第九中学校(文京区本駒込3-28-9)
内容

文京区立第九中学校の3年生は、5月27日(火曜日)から29日(木曜日)までの3日間、奈良・京都方面への修学旅行を予定しています。修学旅行に向け、現在、事前学習に取り組むとともに、奈良公園及び京都市内で予定している班別自由行動のコース検討を進めています。
そのような中、修学旅行に対する意欲の向上と、事前学習におけるコース検討の充実を図るため、旅行の専門知識を有する「駿台トラベル&ホテル専門学校」の学生が、事前学習の場を訪れ、生徒たちに適切なアドバイスを送ることとなりました。
このような取り組みは区内でも珍しく、当専門学校の全面協力により、生徒たちにとって思い出の修学旅行を創ります。

【概要】

  • 日時 平成26年5月2日(金曜日)午前8時30分~午前10時30分

  • 場所 文京区立第九中学校(文京区本駒込3-28-9 電話番号3821-7178)
    3階3年各教室(1~3組)・多目的室

  • 対象 3年生(3クラス・計95人)

  • 時程 8時30分 全体集会で3年生生徒に紹介(武道場)
    8時40分 1校時開始(教室で班ごとのコース検討/アドバイス)
    (休憩)

  • 協力 駿台トラベル&ホテル専門学校(豊島区巣鴨1-15-2 電話番号3946-2100)
    当日は、教員1名・学生6名が来校(予定)

  • 内容

    (1)専門学校の学生が各教室に1名ずつ入り、随時、各班のコース検討にアドバイス。
    (2)多目的室に設置するヘルプデスクに、専門学校の学生が待機。じっくりと相談したい(した方がよいと思われる)班は、ヘルプデスクで相談する。

【学校長のコメント】
修学旅行の更なる充実・発展を願い、駿台トラベル&ホテル専門学校に協力依頼をしたところ、全面的にご協力いただけることになり、今回の協働学習が実現しました。この取組を通じて、思い出に残る修学旅行づくりをより一層進めるとともに、開かれた学校づくりや地域の教育力の活用といった面でも本校の力を高めていきたいと考えています。

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター14階南側

広報課

電話番号:03-5803-1128

FAX:03-5803-1331

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.