報道発表資料(26年1月)

日本を代表するバレエ団と事業協定を締結しました!~文京区・公益財団法人文京アカデミー・公益財団法人橘秋子記念財団が3者による事業協定を締結~

平成26年1月28日

平成26年1月28日
いつ 平成26年1月28日(火曜日) 午後1時~2時
どこで 文京シビックセンター16階応接室
だれが 文京区・公益財団法人文京アカデミー・牧阿佐美バレヱ団
内容

平成26年1月28日(火曜日)、文京区・公益財団法人文京アカデミー・公益財団法人橘秋子記念財団は3者による事業協定を締結し、「牧阿佐美バレヱ団」は新たに文京シビックホールでの活動を行っていくこととなりました。
この協定は、文京区民をはじめ全国の方が芸術文化に親しみ、新しい文化を創造するための環境づくりを推進していく観点から、3者が相互に連携し、芸術文化活動を展開していくための役割や協働の関係を明らかにすることで、文京区から芸術文化の一層の発信・発展を築いていくためのものです。
締結式には、公益財団法人橘秋子記念財団の植木浩理事長、成澤廣修文京区長、文京アカデミーの根岸創造理事長ほか関係者が出席しました。

 

【協定の概要】

  • 文京区民が芸術文化に親しみ、新しい文化を創造するための環境の醸成とその基盤の強化を図る観点から、双方の連携と協力により、芸術文化の振興または普及を図るための活動について基本的な事項を定めることを目的とします。
  • 文京シビックホールでの公演の実施、または区民等を対象とした芸術文化の支援を行います。

【協定の実績等】

  • 文京シビックホールは、平成13年に東京フィルハーモニー交響楽団、平成18年に鼓童、平成22年にシエナ・ウインド・オーケストラと事業協定を結び、音楽と伝統芸能を中心に文化芸術振興につとめてきました。
  • 新たに日本トップレベルの「牧阿佐美バレヱ団」が加わることにより、舞台芸術分野において一層の充実を図り、「文の京(ふみのみやこ)」から世界レベルの公演を発信することが可能となります。

【事業協定締結記念公演】
牧阿佐美バレヱ団「プリンシパル・ガラ」
日時:平成26年4月21日(月曜日)午後7時開演 会場:文京シビックホール大ホール
(概要)日本のバレエ・シーンを代表するトップダンサーと注目の若手が繰り広げる華麗な技の競演。多彩なバレエの魅力を凝縮した名作ハイライト・コンサート。
橘秋子記念財団との協定に関する参考資料(PDFファイル; 570KB)


協定書にサインする様子 締結式での意見を交わす関係者


左から文京アカデミー理事長根岸創造氏、橘秋子記念財団理事長植木浩氏、文京区長

文京区は男女が共に働きやすい職場環境づくりを応援します~「ワーク・ライフ・バランス推進企業認定授与式」を実施しました~

平成26年1月23日

平成26年1月23日
いつ 平成26年1月23日(木曜日) 午後1時~2時
どこで 文京区男女平等センター 研修室A(文京区本郷4-8-3)
だれが 男女協働・子ども家庭支援センター担当課
内容

1月23日(木曜日)午後1時から、文京区男女平等センターで、「ワーク・ライフ・バランス推進企業認定授与式」を行いました。区は、昨年5~8月に男女が共に働きやすい職場環境づくりやワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の実現に向けた取組みを行う文京区内の企業を募集。新規・更新を含め14社から応募があり、審査の結果その全ての企業を認定しました。授与式では、文京区長から各社の代表者に認定書が授与されました。

 

【認定企業14社】

(新規)・平井歯科医院 ・白山ひかり保育園 ・国立大学法人 東京医科歯科大学 ・医療法人社団 龍岡会

(更新)・サイボウズ(株) ・(株)富士通マーケティング ・(株)ノビテク ・一般財団法人日本興亜スマイルキッズ ・学校法人順天堂 ・永島医科器械(株) ・(株)ジーエムシー ・(株)全日本ガードシステム ・高橋工業(株) ・(株)マルヨシ

 

【認定企業代表のコメント】
文京区内にはワーク・ライフ・バランスや男性の育児参加を推進する企業やNPOが数多くいます。「イクメン」という言葉が社会全体で認知されてきており、この取り組みが文京区から全国に広がっていくようなムーブメントを起こしていきたい。(サイボウズ株式会社代表取締役社長 青野慶久氏)


新規認定企業関係者 文京区長から認定書を授与(写真はサイボウズ株式会社)


各認定企業の取り組みを紹介

文京区は男女が共に働きやすい職場環境づくりを応援します~「ワーク・ライフ・バランス推進企業認定授与式」を実施します。【事前PR】~

平成26年1月23日

平成26年1月23日
いつ 平成26年1月23日(木曜日) 午後1時~2時
どこで 文京区男女平等センター 研修室A(文京区本郷4-8-3)
だれが 男女協働・子ども家庭支援センター担当課
内容

1月23日(木曜日)午後1時から、文京区男女平等センターで、「ワーク・ライフ・バランス推進企業認定授与式」を行います。区は、昨年5~8月に男女が共に働きやすい職場環境づくりやワーク・ライフ・バランス(仕事と生活の調和)の実現に向けた取組みを行う文京区内の企業を募集。新規・更新を含め14社から応募があり、審査の結果その全ての企業を認定しました。授与式では、文京区長から各社の代表者に認定書を授与します。

 

【認定企業14社による取組み】

  • サイボウズ(株):時間と場所を選ばない新しい働き方「ウルトラワーク」の運用や、ワーク重視、ライフ重視(短時間勤務制度含む)など、社員がライフステージの変化に応じて働き方を選択できる、選択型人事制度を提供
  • (株)富士通マーケティング:法定以上の育児・介護制度(育児短時間勤務:小学校6年生まで、介護休業:最長3年まで取得可)
  • (株)ノビテク:勉強会「イクメン講座」で、男性社員への育児参加の啓蒙
  • 平井歯科医院:職場体験受入、ボランティア活動による地域・子育てへの積極的な参加
  • 白山ひかり保育園:併設介護施設との行事協力、防災訓練等による連携と日常的な地域清掃活動
  • 一般財団法人日本興亜スマイルキッズ:土日と連結し最大9連休となる特別連続休暇(有給)を全従業員に付与(年休取得率はほぼ100%)
  • 学校法人順天堂:自治体連携による病後児保育ルーム「みつばち」運営と、区民参加型講座「順天堂たまごクラブ」の開催による地域子育て貢献
  • 永島医科器械(株):法定以上の介護休業・介護短時間勤務制度(最長4ヶ月取得可能)
  • 国立大学法人東京医科歯科大学:学内保育施設「わくわく保育園」の設置や、女性支援部の設置による働きやすい職場作りと意識の向上
  • (株)ジーエムシー:男女差のないキャリアアップ支援と高齢者雇用促進で働き続けられる職場風土を構築
  • (株)全日本ガードシステム:自社業務のノウハウを活用し、防災対策を積極的に地域町会と連携し、地域に貢献
  • 高橋工業(株):両立支援・キャリアアップ支援等について毎月発行の社内報で周知
  • 医療法人社団龍岡会:30分単位で取得可能な短縮勤務体制の運用と、選択可能な勤務シフト体制の提供
  • (株)マルヨシ:入学・卒業祝金、定期健康診断に伴う二次検査費用の全額補助、人間ドック半額補助などによる経済支援

【認定企業はメリットを付与】
今回認定した企業には、以下のメリットが付与されます。

  1. 企業の取組みについて、区のホームページや情報誌等で広く紹介します。
  2. 中小企業融資あっせんの利率を優遇します(中小企業のみ:別途融資の審査あり)
  3. 総合評価落札方式で加点をします。(工事請負契約対象)

文京区内18大学の学長が「大学間の相互連携」について話し合いました。~平成25年度文京区内大学学長懇談会を開催しました~

平成26年1月20日

平成26年1月20日
いつ 平成26年1月20日(月曜日)午前11時~午後1時
どこで スカイホール(文京シビックセンター26階)
だれが 文京区長・区内18大学の総長・学長など代表者
内容

文京区長と、文京区内にある18大学の総長・学長の懇談会が1月20日(月曜日)に、スカイホールで開かれました。出席者は、区内の18大学の代表者と区長及び教育委員長ほか幹部職員8人。この懇談会は、昭和54年度から開催しており、今回で29回目を迎えます。
文京区内には、多くの特色ある大学があり、区とそれらの大学は幅広い事業連携を展開してきました。今後、大学との連携をより充実したものにしていくためには、さらに大学間の横のつながりを強めていくことが必要であることから、このたびの懇談会では「大学間の相互連携」をテーマに意見交換が行われました。2020年の東京オリンピック・パラリンピックの開催を前に、今後、各大学が持つ得意分野を持ち寄った事業展開を考える良い機会となりました。

 

【文京区内の学長が出席】

  • 文京区には大学を始めとする多くの教育機関が存在する、自他ともに認める文教地区です。そのイメージは、文京区のキャッチフレーズである「文の京(ふみのみやこ)」の由来にもなっています。
  • 学長懇談会は、こうした文京区特有の貴重な資産である数々の大学と区とが十分な連携を図り、より多くの分野で協働しながら地域社会に貢献することを目的に、年に1回開催されており、今回で29回目を迎えます。

【参加する大学(18大学)】
跡見学園女子大学、お茶の水女子大学、国際仏教学大学院大学、順天堂大学、拓殖大学、中央大学、筑波大学、貞静学園短期大学、東京大学、東京医科歯科大学、東邦音楽大学、東洋大学、東洋学園大学、日本医科大学、日本社会事業大学、日本女子大学、文京学院大学、放送大学
※このうち、13校(跡見学園女子大学、お茶の水女子大学、順天堂大学、中央大学、筑波大学、貞静学園短期大学、東京大学、東京医科歯科大学、東邦音楽大学、東洋大学、日本医科大学、日本女子大学、文京学院大学)との間で、包括的な「相互協力協定」を締結し、連携事業を展開。

 

【懇談会のテーマは「大学間の相互連携について」】
平成25年度は、福祉・教育・文化・防災等、様々な分野にわたる事業を、区と大学との連携で行いました。来年度は、区と大学のみならず、大学間での相互連携を一層強化できるような取り組みについて具体的に検討していく予定であり、今回の学長懇談会では、「大学間の相互連携について」というテーマで意見交換を交わし、今後の連携のあり方について、各大学の考え方を共有しました。

 

【懇談会での意見等】

  • 平成26年度を初年度とする文京区基本構想実施計画では、生涯学習のみならず産業振興やスポーツ振興など、様々な分野で大学連携事業を盛り込んでいく予定です。今後も大学間連携を含め、その広がりを考えていく所存です。(文京区長 成澤廣修)

  • 各大学の代表者からは、今年度の区や他大学との連携実績の報告や来年度以降の大学連携事業への期待について、発言がありました。また、2020年の東京オリンピック・パラリンピック開催に向けて、大会を支援する人材の育成や大学の専門性を生かして大会に協力するための大学間連携のあり方などについて、意見が出されました。さらに、東京オリンピック・パラリンピックの機会を捉えて、文教のまちである文京区を世界にアピールしたいとの声もありました。


学長懇談会で発言する文京区長 大学間の相互連携について意見を交換する参加者


文京区内にある18大学が参加しました

歌手の松崎しげるさんのステージなど、新成人の新たな門出をお祝いしました~平成26年成人の日記念「はたちのつどい」を開催しました~

平成26年1月13日

平成26年1月13日
いつ 平成26年1月13日(祝・月曜日)午前11時~正午
どこで 文京シビックホール大ホール(文京区春日1‐16‐21)
だれが 文京区区民課
内容

1月13日の成人の日に、文京シビックホール大ホールで、平成26年成人の日記念「はたちのつどい」を開催しました。「はたちのつどい」は、新成人と文京区による実行委員会「はたちのつどいを考える会」が、長い時間をかけて、その内容を検討してきました。文京区長などからの祝辞をはじめ、湯島天神太鼓保存会による祝い太鼓や、歌手の松崎しげるさんの成人の日記念ライブが行われました。

 

【参加者】

  • 対象者 平成5年4月2日~平成6年4月1日生まれの文京区在住者
    1,672人(男性905人・女性767人)※平成26年1月1日現在
  • 参加者 1,020人(男性531人・女性489人)

【式典での祝辞・新成人のコメント】

  • 皆さん新成人を迎える社会には、様々な厳しい現実が待ち受けています。けれども、未来に向けて前向きに取り組む新成人を、文京区は応援しつづけたいと思います。(文京区長 成澤廣修)
  • 社会経済状況には様々な課題が山積していますが、幅広い視野を持ってそれらの課題に柔軟かつ的確に対処していく力を身につけていただきたい。(文京区議会議長 渡辺雅史)
  • 2月に東京都知事選挙が予定されていますが、皆さん一人ひとりの投票が私たちの生活にいかに大きな影響を及ぼすか改めて考えていただき、素晴らしい日本をつくるため、貴重な一票を大切にしていただきたい。(選挙管理委員会委員長 柳内克夫)
  • 私たちは、今日ここに成人を迎えたという自覚と、自分の周囲にいる人々すべてに感謝の気持ちをもち、元気と勇気を与えられる存在になるよう、未来へ一歩一歩、確実に歩んでいくことを誓います。(新成人代表 西村朱香・和田朋美)

【東京都知事選挙に向けた選挙啓発も行いました。】
選挙啓発の模擬投票として、新成人の「一言投票」と「BUNレンジャー人気投票」を行い、102票の投票がありました。その他、チラシや啓発品を配布するなど、東京都知事選挙に向けた選挙啓発を行いました。

 

【成人の日記念ライブ「松崎しげるin文京」を開催!】
式典後のアトラクションでは、歌手の松崎しげるさんによる記念ライブが行われ、新成人を応援する力強い歌を贈りました。


約1,000人の新成人が参加 新成人代表のあいさつ(はたちのつどいを考える会)


先生からのメッセージ(区立小学校卒業時の担任より) 都知事選挙を前に模擬投票

歌手の松崎しげるさんのステージの他、都知事選挙に向けた選挙啓発も行います~平成26年成人の日記念「はたちのつどい」を開催します~【事前PR】

平成26年1月8日

平成26年1月8日
いつ 平成26年1月13日(祝・月曜日)午前11時~正午(開場:午前10時)
どこで 文京シビックホール大ホール(文京区春日1‐16‐21)
だれが 文京区区民課
内容

1月13日の成人の日に、文京シビックホール大ホールで、平成26年成人の日記念「はたちのつどい」を開催します。今年の「はたちのつどい」の対象者は、平成5年4月2日~平成6年4月1日生まれの文京区在住者、1,672人(平成26年1月1日現在)です。
「はたちのつどい」は、新成人と文京区による実行委員会「はたちのつどいを考える会」が、長い時間をかけて、その内容を検討してきました。文京区長などからの祝辞をはじめ、湯島天神太鼓保存会による祝い太鼓や、歌手の松崎しげるさんの成人の日記念ライブが行われます。


【新成人自らが「はたちのつどい」をプロデュース】

  • 文京区では、「はたちのつどい」に多くの新成人が参加するとともに、参加者から喜ばれ、会を意義深いものとするために、その事業内容を検討する「はたちのつどいを考える会」を平成13年度から設置しています。
  • 「はたちのつどいを考える会」には新成人5名と区の若手職員2名が参加し、8月から検討を行ってきました。
  • 「はたちのつどい」のポスターやプログラムに記された「祝成人式」等の書は、「はたちのつどいを考える会」に参加した新成人、早川奈瑠美さんによるものです。

【東京都知事選挙に向けた選挙啓発も行います】

  • 新成人の一言投票・BUNレンジャー人気投票(模擬投票)/10時~10時50分
    • 選挙啓発の模擬投票として、新成人の「一言投票」と「BUNレンジャー人気投票」を行います。(「BUNレンジャー人気投票」の結果は式の途中にステージ上で発表)
    • このような模擬投票を通じて、新成人に向けて、2月9日(日曜日)に予定されている東京都知事選挙での投票を呼びかけます。

【その他、新成人を祝福する様々なコーナーを設置】

  • 先生からのメッセージコーナー/10時~13時
    新成人の区立小学校卒業時の担任の先生から、祝福のメッセージが贈られます。

  • 記念撮影コーナーなど/10時~13時
    記念写真の個人撮影用のスペースをロビーや終了後の舞台上に設けます。また、写真を無料でプリントアウトできるコーナーや、着付け直しコーナーも設置します。

【成人の日記念ライブ「松崎しげるin文京」を開催!】
式典後のアトラクションでは、歌手の松崎しげるさんによる記念ライブが行われ、新成人に熱いエールを贈ります。(11時30分~)


ポスターやプログラムに記された「祝成人式」等の書は、新成人の方(早川奈瑠美さん)によるものです。 選挙啓発の模擬投票として、「新成人の一言投票」と「BUNレンジャーの人気投票」を行います。

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター14階南側

広報課

電話番号:03-5803-1128

FAX:03-5803-1331

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.