報道発表資料(25年9月)

更新日 2018年01月30日

空き屋を活用した、地域の人たちの顔が見える居場所づくり~気軽に集まり交流できるみんなの居場所「こまじいのうち」がオープンします【事前PR】~

平成25年9月30日
いつ 平成25年10月1日(火曜日)午前11時~
だれが 駒込地区町会連合会
どこで 文京区本駒込5‐11‐4
内容

文京区の駒込地区町会連合会では、孤立しがちな一人暮らしの高齢者や子育て中のお母さん、青少年の居場所のあり方など、地域が抱える様々な課題があることを受け、誰もが気軽に集まり交流することのできる、みんなの居場所「こまじいのうち」を開設します。
「こまじいのうち」は、駒込地区にお住いの方からの「空き家を地域の中で活用してもらいたい」という申し出を受け、その空き屋を活用するとともに、駒込地区12町会による分担金や東京都の「地域の底力再生事業助成」を活用し、地域の方たちの力で運営されていきます。
10月1日(火曜日)にオープニングパーティーを行った後は、高齢者や子育て中の母親、子どもたちなど、幅広い年代ごとのプログラムも計画されており、懐かしい昭和の雰囲気あふれる民家「こまじいのうち」は、赤ちゃんから高齢者まで、誰もが気軽に憩える地域みんなの「居間」を目指します。

 

【概要】

  • 所在地 文京区本駒込5‐11‐4
  • 開設 平成25年10月1日(火曜日)
  • 開館時間 プログラムの時間帯
  • 休館日 日曜日・月曜日
  • 運営 駒込地区町会連合会(実行委員会)
    ※ 実行委員会は5~9月に計5回開催され、町会長・各種団体・ボランティアなど、毎回約30名の方が出席し、事業開始に向け準備が進められてきました。
  • 事業予定 (高齢者向けプログラム)
    • 囲碁・将棋・健康麻雀(認知症予防)・みんなで作る健康料理・健康相談・まちかど談話室
      (子育て中のお母さん向けプログラム)
    • 育児何でも相談・栄養士による「離乳食講習会」
      (青少年向けプログラム)
    • 学習支援教室・ゲーム大会・かんたん料理教室
      (ふれあいサロン)
    • 世代を超えた交流会や講習会
  • オープニングパーティー 平成25年10月1日(火曜日)午前11時~午後3時
    (内容)駒込地区町会連合会会長あいさつ、来賓あいさつ、茶話会
  • 運営費 駒込地区12町会の分担金や寄付金の他、東京都の「地域の底力再生事業助成」を活用

【空き屋の提供者秋元康雄氏(神明西部町会副会長)のコメント】
この居場所「こまじいのうち」を地域の中で活用してもらい、地域の交流の場として盛り上げていきたい。また、ボランティアとしての参加も大歓迎ですので一度見に来てください。

「災害応援に関する相互協定」の実効性を高める具体的な支援を継続・拡充~文京区では豪雨により被害を受けた島根県津和野町に職員を派遣します~

平成25年9月30日
いつ 平成25年10月1日(火曜日)~
だれが 文京区職員課
内容

7月28日に島根県や山口県を襲った豪雨により被害を受けた島根県津和野町に対し「津和野町と文京区における相互協力及び災害応援に関する協定書」(平成24年10月1日)を締結している文京区では、災害発生直後から物資の支援や義援金の受付など、本協定の実効性を高める具体的な救援対策を様々な形で行ってきました。
このたび、本協定に基づく支援のさらなる拡充を図り、被災地の一日も早い復興に資するため、平成25年10月1日より1~6か月間、職員(土木職)を派遣します。

 

【職員の派遣】

  • 派遣内容 平成25年10月1日~平成26年3月31日 係長級土木職1名
    平成25年10月1日~平成25年10月31日 係長級 土木職1名
    主任主事 土木職1名
  • 現地での主な業務町道復旧に伴う支援事務

【これまでの区の救援対策】

  • 支援物資扇風機30台・カセットコンロ20台・カセットコンロ用ボンベ200本・下着セット100枚
  • 現地調査津和野町へ職員2名を派遣(現地の情報収集・区の救援対策の協議)(7月31日~8月2日)
  • 島根県津和野町豪雨災害義援金(区民・区職員・文京区議会)
    受付期間 平成25年7月29日~9月30日まで
    受付場所文京シビックセンター(1階受付カウンター・2階区民サービスコーナー)
    地域活動センター(9か所) 森鴎外記念館
  • 文京区長が津和野町を訪問(8月29日~30日)
    被災現場の視察 ・義援金(区民等・職員・区議会)を手渡し

※どのPC環境でもご覧いただけるように、「鴎」を新字で表記しています。

文京区で「スポーツ祭東京2013」を観戦しよう!~「スポーツ祭東京2013」サッカー競技が始まりました~

平成25年9月29日
いつ 平成25年9月29日(日曜日)午前10時~
だれが 文京区スポーツ振興課
どこで 小石川運動場(文京区後楽1-8-23)・文京スポーツセンター(文京区大塚3-29-2)
内容

「スポーツ祭東京2013」の開幕とともに、9月29日(日曜日)、小石川運動場でサッカー競技が始まり、出場チームに対する大きな声援などで大変盛り上がっています。※文京区(小石川運動場)でのサッカー競技は9月30日(月曜日)まで。
1回戦の長崎県と鳥取県の試合では、近隣の後楽幼稚園の子どもたちがエスコート・キッズを務めました。また、会場には区立小学校4~6年全クラスで作成した「国体応援のぼり」が掲げられているほか、「文の京ゆかりの文人銘菓」や文京区の観光グッズが販売されるなど、全国から集まる選手や関係者が気持ちよく競技に取り組み、観戦できるよう、「おもてなし」の心でお迎えしています。

 

【競技内容】

  • サッカー(少年男子 / 1・2回戦)
    期日:平成25年9月29日(日曜日)~30日(月曜日)・会場:小石川運動場(文京区後楽1-8-23)
    試合:(29日・1回戦)午前10時 長崎県×鳥取県 正午 山梨県×熊本県 午後2時 宮崎県×神奈川県
    (30日・2回戦)午前10時 大阪府×愛媛県 正午 愛知県・新潟県の勝者×青森県・北海道の勝者
     午後2時 東京都・宮城県の勝者×徳島県・島根県の勝者

【文京区の「おもてなし」活動】

  • サッカー会場の小石川運動場は平成24年4月に「スポーツ祭東京2013」の開催に向けて、JFA(日本サッカー協会)公認の人工芝に全面リニューアルされました。
  • 近隣の後楽幼稚園の子どもたちが、エスコート・キッズの大役を務めました。
  • スポーツドリンクなどの飲み物とかき氷を無料で配布しています。また、文京区ゆかりの文人にちなんだ「文の京ゆかりの文人銘菓」や文京区の観光グッズが販売され「歴史と文化と緑のまち」文京区の魅力を全国に発信しています。
  • 9月29日(日曜日)には、各会場を出発し歴史と文化のまち「文京区」を観光ガイドの案内で辿るガイドツアーが開催されます。
  • 区立小学校4~6年全クラスが作った「国体応援のぼり」が会場に掲げられ、出場選手たちを応援します。
  • 午後2時からの宮崎県と神奈川県の試合には、河野俊嗣宮崎県知事も応援に駆けつけました。


長崎県と鳥取県の試合1長崎県と鳥取県の試合2


後楽幼稚園の子どもたちがエスコート・キッズに挑戦区の観光グッズなどを販売


国体応援のぼり河野俊嗣宮崎県知事も応援に駆けつけました

「スポーツ祭東京2013」の開幕に向けて、エスコート・キッズも準備万端!~後楽幼稚園の子どもたちがサッカー競技のエスコート・キッズを務めます~

平成25年9月27日
いつ 平成25年9月29日(日曜日)30日(月曜日)午前9時50分
だれが 文京区立後楽幼稚園
どこで 小石川運動場(文京区後楽1-8-23)
内容

9月28日(土曜日)に開幕が迫った「スポーツ祭東京2013」、文京区では29日(日曜日)と30日(月曜日)にサッカー競技、10月4日(金曜日)から7日(月曜日)までレスリング競技が行われます。
サッカー競技の開幕では、会場となる小石川運動場の近隣にある区立後楽幼稚園の子どもたちがエスコート・キッズの大役を務めます。子どもたちは、おそろいのユニフォームで立派に選手をエスコートできるよう、本番に向けて練習を重ねてきました。9月27日(金曜日)には本番前最後の練習が行われ、うれしさや緊張など、子どもたちの気持ちが、いろいろな表情に表れていました。
文京区では「スポーツ祭東京2013」で、全国から集まる選手やお客様が気持ちよく大会に参加できるよう「おもてなし」の心でお迎えします。

 

【エスコートキッズ】

  • 日時 平成25年9月29日(日曜日)午前9時50分(1回戦長崎県×鳥取県)
    平成25年9月30日(月曜日)午前9時50分(2回戦大阪府×愛媛県)
  • 会場 小石川運動場(文京区後楽1-8-23)
  • 参加 文京区立後楽幼稚園全園児(4・5歳児)

【本番前、最後の練習】

  • 9月27日(金曜日)、会場の小石川運動場で、入場の音楽を鳴らすなど本番さながらの雰囲気で練習を行いました。

  • 大舞台でも、エスコート・キッズの大役が立派に果たせるよう練習に取り組み、練習後には園長先生から合格をいただきました。

  • 本番では、みんなおそろいのオリジナルユニフォーム(Tシャツ)を着用します。


音楽に合わせて入場背筋を伸ばして整列


当日着用するオリジナルのユニフォーム

文京区で「スポーツ祭東京2013」を観戦しよう!~文京区全体で「スポーツ祭東京2013」を盛り上げていきます!~

平成25年9月27日
いつ 平成25年9月28日(土曜日)~10月14日(日曜日)
だれが 文京区スポーツ振興課
どこで 小石川運動場(文京区スポーツ振興課文京区後楽1-8-23)・文京スポーツセンター(文京区大塚3-29-2)
内容

「スポーツ祭東京2013」が9月28日(土曜日)に開幕します。文京区では29日(日曜日)と30日(月曜日)にサッカー競技、10月4日(金曜日)から7日(月曜日)までレスリング競技が行われます。特にレスリングは、2020年東京オリンピックの正式競技に決定するなど、数ある競技の中でも注目度の高い競技で、世界レベルの日本のレスリングの迫力を間近で感じることができる貴重な機会です。
また、文京区では「スポーツ祭東京2013」の開催期間中、その成功に向け、多くの区民の方と大会運営を支えていくとともに、全国から集まる選手や関係者が気持ちよく競技に取り組み、観戦できるよう、一人ひとりが「おもてなし」の心でお迎えします。

【競技内容】

  • サッカー(少年男子 / 1・2回戦)
    期日:平成25年9月29日(日曜日)~30日(月曜日) ・会場:小石川運動場(文京区後楽1-8-23)
    試合:(29日・1回戦)午前10時 長崎県×鳥取県 正午 山梨県×熊本県 午後2時 宮崎県×神奈川県
    (30日・2回戦) 午前10時大阪府×愛媛県 正午 愛知県・新潟県の勝者×青森県・北海道の勝者
    午後2時 東京都・宮城県の勝者×徳島県・島根県の勝者
  • レスリング(男子 / フリースタイル・グレコローマン / 成年7階級・少年8階級)
    期日:平成25年10月4日(金曜日)~7日(月曜日) ・会場:文京スポーツセンター(文京区大塚3-29-2)
    試合:(4~5日)フリースタイル全階級(5日は準々決勝以上)
    (6~7日)グレコローマン全階級(7日は準決勝以上)

 

【文京区の「おもてなし」活動】

  • 文京区や文京区体育協会・文京区スポーツ推進委員会をはじめとする20団体で構成する「スポーツ祭東京2013文京区実行委員会」が大会の運営をサポート。開催期間中は延べ370名を超すスタッフが従事します。
  • サッカー会場の小石川運動場は平成24年4月に「スポーツ祭東京2013」の開催に向けて、JFA(日本サッカー協会)公認の人工芝に全面リニューアルされました。
  • 各会場ではスポーツドリンクなどの飲み物とかき氷が無料で配布されます。また売店も設置され、文京区ゆかりの文人にちなんだ「文の京ゆかりの文人銘菓」や文京区の観光グッズが販売され「歴史と文化と緑のまち」文京区の魅力を全国に発信します。その他、スポーツ用品やゆりーとグッズ(いずれもレスリング会場のみ)も販売されます。
  • 9月29日(日曜日)と10月5日(土曜日)には、各会場を出発し、歴史と文化のまち「文京区」を観光ガイドの案内で辿るガイドツアーが開催されます。
  • 区立小学校4~6年全クラスが作った「国体応援のぼり」計113本が各会場に掲げられ、出場選手たちを応援します。
  • 文京シビックセンターの壁面には「スポーツ祭東京2013」のペイントが描かれるなど、町中で盛り上げています。


小石川運動場はJFA公認の人工芝小学生が作った「国体応援のぼり」


文京シビックセンターに描かれたゆりーと君

かけがえのない命を守るために、私たちができることを考える~「うつ病・自殺対策講演会及び映画上映」を開催します~

平成25年9月26日
いつ 平成25年9月28日(土曜日)午後1時15分~
だれが 文京保健所予防対策課
どこで 文京シビックホール(小ホール)
内容

日本全国では、平成24年の自殺者数は3万人を下回りましたが、平成10年の急増以降、平成23年まで14年間連続で3万人を超える状況にあり、社会的に大きな問題となっています。自殺の背景には失業、経済・生活問題、健康問題、家族問題等様々な社会的な問題が複雑に関係しており、国、地方公共団体、医療機関、事業主、学校、民間の団体等が連携し、対策に取組む必要があるとされています。東京都は9月を自殺対策強化月間と定め、自殺防止を呼びかける「自殺防止!東京キャンペーン」を行います。
文京区では、自殺の現状を広く周知するとともに、子どもから大人まで、自殺に追い込まれそうな人たちが様々な場面で出すサインを、関わりを持つ人たちが的確にキャッチできるよう、全庁的に自殺対策に取組んでいます。その一環として、自殺対策強化月間に合わせ、広く区民の方に対して自殺予防の情報提供と普及啓発を図るため、講演会と映画上映を行います。NPO法人ライフリンク副代表の根岸親(ねぎしちかし)氏による講演の他、自殺を図った人の多くに見受けられる「うつ病」に関する映画を上映します。かけがえのない命を守り、つなぐため、私たち一人ひとりができることを考える貴重な機会です。

 

【講演会・映画上映】

  • 日時 平成25年9月28日(土曜日)午後1時15分~(開場:午後0時45分)
  • 会場 文京シビックホール(小ホール)
  • 内容
    講演「自殺に追いこまれることのない社会を目指して」
    (講師)NPO法人 自殺対策支援センターライフリンク副代表 根岸親氏
    映画「ツレがうつになりまして。」
    (原作)細川貂々 (主演)宮崎あおい・堺雅人 (監督)佐々部清
  • 申込当日、直接会場へ(定員300名)

【文京区の自殺対策の取り組み】

  1. 連携 ・自殺対策連絡会 ・自殺のない社会づくり市区町村会 ・関係機関との連携
  2. 個別支援 ・心の悩みを持つ方の家族及び区民を対象とした支援(精神保健相談・保健師による訪問相談・所内相談・電話相談)・暮らし、介護、仕事などの悩みを持つ方の支援(各課による相談)
  3. 人材育成 ・こころといのちのゲートキーパー養成講座(区民・職員・教職員等) ・文京お届け講座
  4. 普及・啓発 ・ホームページ ・区報 ・ポスター ・リーフレットなど

【文京区の自殺者数】

  • 過去10年では、おおよそ35~50人で推移し、性別では女性より男性の方が多い。

  • 年齢別では、男性は30歳代と50歳代、女性は20歳代と50~60歳代に多い傾向。

※どのPC環境でもご覧いただけるように、「崎」を新字で表記しています。

おいしゅうございます!文京区で厳選されたお店を巡ります。~「食の文京ブランド100選」食べ歩きラリーを開催します~

平成25年9月25日
いつ 平成25年10月1日(火曜日)~11月30日(土曜日) ※応募締切:12月7日(土曜日)必着
どこで 「食の文京ブランド100選」推奨店(文京区内)
だれが 主催:食の文京ブランド100選実行委員会
内容

文京区内の「食の文京ブランド100選」推奨店のうち、対象となる61店舗で、500円以上の飲食・お買物をしてシールを集めると、抽選で600名余の方に素敵な賞品(宿泊券・お食事券等)が当たる「食べ歩きラリー」を開催します。
5店舗分のシールを一口として、専用の応募ハガキに貼付して応募(郵送または文京区観光協会へ直接持参)してください。当選者には素敵なプレゼントをお贈りします。

 

【シールを5つ集めて応募!】

  • 文京区の数あるお店から選りすぐった「食の文京ブランド100選」推奨店。このうち、本ラリー対象店でお買い物や飲食をすると、1回の会計(500円以上)でシールを1枚ゲットできます!このシール5枚一口で応募できます。ただし、一口分のシールは、5枚とも違う店舗のものに限ります。

  • 応募ハガキの配付は11月30日(土曜日)まで、応募締切は、12月7日(土曜日)必着。

  • 対象店や賞品の詳細(宿泊券・お食事券ねど)は文京区観光協会ホームページで公開中。

  • 応募ハガキ・対象店を掲載したチラシ、及び食の100選のパンフレット「おいしゅうございまっぷ」は、文京区観光協会窓口(文京シビックセンター1階観光インフォメーション内)及び地域活動センター、ラリー対象店にて配布。

 

【食の文京ブランド100選とは】

  • 「食の文京ブランド100選」は、食のブランド100選実行委員会(構成団体:文京区観光協会、東京商工会議所文京支部、文京区商店街連合会)が、観光振興・地域活性化及び消費活性化を目的に、「食」の面から区内の数あるお店の中から100店を推奨。食生活ジャーナリストの岸朝子氏を選考委員長に迎え、本年1月に第2弾を発表。(第1弾は21年1月発表)

  • 各グルメサイトなどで高評価を得ている店など、名店と呼ばれるにふさわしい店が数多く含まれ、文京区の魅力としての「食」をアピールしている。「食べ歩きラリー」には、このうち61店が協力。


食べ歩きラリーのチラシとおいしゅうございまっぷ

平成26年度から認証保育所保育料について所得に応じた負担軽減を図ります

平成25年9月18日
いつ 平成26年度から
だれが 文京区保育課
内容

文京区では、現在、認証保育所を利用する世帯に対し、月額一律2万円の保育料助成を行っていますが、平成26年度から世帯所得に配慮した助成制度に変更します。

 

【制度の概要】
文京区では、幅広い子育て支援施策の一環として、認証保育所を利用する世帯に対し、一律の保育料助成を行ってきましたが、世帯所得に配慮した保育料の負担軽減を図るため、助成額を月額1万円から5万円までの5段階の設定とします。
【助成区分】
月額2万円を基本としますが、所得に応じて以下の区分とします。

助成
前年の世帯所得にかかる所得税額 助成月額
非課税世帯(住民税は課税) 5万円
90,000円未満の世帯 4万円
90,000円以上353,000円未満の世帯 3万円
353,000円以上2,000,000円未満の世帯 2万円
2,000,000円以上の世帯 1万円

※第三子以降の助成については、現行どおり、上記に月額2万円を追加して助成します。

【助成方法】
保護者からの申請に基づき、保護者が指定する口座に助成金を振り込みます。申請受付は26年3月以降開始する予定です。

 

【参考】
文京区では、待機児童ゼロを目指し、認可保育所の開設を中心とする保育サービスの拡充に取り組んでいます。
現時点で予定している開設計画は以下の施設です。

 

開設施設
開設時期 保育所名 所在地
25年10月 グローバルキッズ後楽二丁目園 後楽2‐20‐15
25年11月 グローバルキッズ後楽二丁目園分園 後楽2‐6‐1
25年12月 アスク本駒込保育園 本駒込2‐1‐23
26年4月 ベネッセチャイルドケアセンター千石 千石4‐45‐3

ベストセラー作家、林真理子氏が、最後の将軍徳川慶喜と正室美賀子の生涯をたどる~徳川慶喜没後100年記念講演会「徳川慶喜と正妻美賀子の生活」を開催~

平成25年9月14日
いつ 平成25年9月14日(土曜日)午後2時~午後3時30分
だれが 徳川慶喜没後100年記念フォーラム文京・文京区
どこで 講談社本館講堂(文京区音羽2-12-21)
内容

本年は、徳川幕府第15代将軍徳川慶喜が、大正2年11月22日に亡くなって100年という記念すべき年にあたります。慶喜は小石川水戸藩邸に生まれ、小石川区の小日向第六天町の邸で亡くなった、文京区にとって非常にゆかりの深い人物です。文京区ではその軌跡を顕彰するとともに、文京区の魅力を全国に向けて発信するため、区内協力団体を中心とした実行委員会を組織し、様々な形で「徳川慶喜没後100年記念事業」を実施します。
9月14日(土曜日)には「野心のすすめ」「下流の宴」などのベストセラー作家、林真理子氏が最新作「正妻‐慶喜と美賀子‐」をテーマに講演が行われ、慶喜ゆかりの地である文京区で、慶喜と美賀子の数奇な生涯をたどりました。

 

【林真理子氏講演会「徳川慶喜と正妻美賀子の生活」】

  • 日時 9月14日(土曜日)午後2時~3時30分
  • 会場 講談社本館講堂(文京区音羽2‐12‐21)
  • 講師 林真理子氏(作家)
  • 内容

    • 「野心のすすめ」「下流の宴」などのベストセラー作家、林真理子氏の最新作「正妻慶喜と美賀子」をテーマにした講演。徳川最後の将軍・慶喜、京都公家出身の妻・美賀子、江戸の大物火消・新門辰五郎の娘で慶喜の妾となったお芳。この三人の劇的な人生を描く壮大な大河小説の執筆の裏側も交えながら、その時代背景や、作品の中では語られていない慶喜の素顔などを解説していただきました。
    • 慶喜の生涯に対する関心が高く、定員400名のところ、約1700名もの応募があり、会場は満席でした。
  • 文京区では、今後も様々な形で徳川慶喜没後100年記念事業を実施していきます。


林真理子氏の講演の様子

「まちとつながる仕事」を考え、創り上げます!~新たな公共プロジェクト「文京社会起業講座」がスタートしました~

平成25年9月13日
いつ 平成25年9月13日(金曜日)午後6時45分~
だれが 文京区区民課(文京区新たな公共プロジェクト事務局)
どこで 東京大学 福武ホール(文京区本郷7-3-1)など
内容

文京区では、新たな公共の担い手専門家会議からの提言「文京区と新たな公共の担い手との協働の推進」(平成24年4月)の実現に向けて、対話等を通じて多様な主体が関わり合いながら、地域課題の解決を図る担い手を創出する「新たな公共プロジェクト」を進めています。
このプロジェクトの一環として、「地域に役立つ仕事をしたい」「もっとビジネスで社会に役立ちたい」という思いを持つ方が、文京区で新しい事業を、共に考え創り上げていくための「文京社会起業講座」がスタートし、9月13日(金曜日)に公開シンポジウムが開催されました。


【文京社会起業講座】

文京区×東京大学(産学連携本部)ソーシャルイノベーション公開シンポジウム
「社会の変化は、新しい仕事を求めている!」~目の前の課題をビジネスチャンスにするオープン・イノベーションの実践方法~

  • 趣旨 社会や地域の様子が大きく変化する中、新たな課題を嘆くのではなく、課題に共に取り組むことで画期的な解決策やそこに眠る事業の芽を見つけ育てていく。そのようなオープン・イノベーションの手法で、新しい仕事を生み出すにはどうしたらいいかを共に考えるシンポジウム
  • 内容 第1部 パネルトーク「変わる社会が新しい仕事を生み出す」
    影山 知明氏(クルミドコーヒー店主、ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京ファウンダー)
    ナカムラ ケンタ氏(日本仕事百貨代表、株式会社シゴトヒト代表取締役)
    各務 茂夫氏(東京大学教授、産学連携本部イノベーション推進部長)

第2部 東京大学・文京区からの挑戦(東大・文京区で新しい仕事を始める人を育成する取り組みなどの紹介)
コーディネーター 菅原 岳人氏(東京大学産学連携本部助教)
総合ファシリテーター 広石 拓司氏(株式会社エンパブリック代表)

 

【公開シンポジウムの様子】

  • 当初の定員を超える180名の方の申込がありました。

  • 参加者全員が、今回の参加動機をパネルに書いて掲げると「新しい仕事をつくりだす方のパワーに触れたい」「文京区とワクワクする」など様々なコメントがあり、地域の中で何かアクションを起こしたいという、参加者の熱い思いが伝わってきました。


一人ひとりの熱い参加動機第1部のパネルトーク(右から影山氏・ナカムラ氏・各務氏・広石氏)

ベストセラー作家、林真理子氏が、最後の将軍徳川慶喜と正室美賀子の生涯をたどる~徳川慶喜没後100年記念講演会「徳川慶喜と正妻美賀子の生活」を開催【事前PR】~

平成25年9月13日
いつ 平成25年9月14日(土曜日)午後2時~午後3時30分
だれが 徳川慶喜没後100年記念フォーラム文京・文京区
どこで 講談社本館講堂(文京区音羽2-12-21)
内容

本年は、徳川幕府第15代将軍徳川慶喜が、大正2年11月22日に亡くなって100年という記念すべき年にあたります。慶喜は小石川水戸藩邸に生まれ、小石川区の小日向第六天町の邸で亡くなった、文京区にとって非常にゆかりの深い人物です。文京区ではその軌跡を顕彰するとともに、文京区の魅力を全国に向けて発信するため、区内協力団体を中心とした実行委員会を組織し、様々な形で「徳川慶喜没後100年記念事業」を実施します。
9月14日(土曜日)には「野心のすすめ」「下流の宴」などのベストセラー作家、林真理子氏が最新作「正妻‐慶喜と美賀子‐」をテーマに講演を行います。慶喜と美賀子の生活はどのようなものだったのか、慶喜ゆかりの地である文京区で、慶喜と美賀子の数奇な生涯をたどります。

【林真理子氏講演会「徳川慶喜と正妻美賀子の生活」】

  • 日時 9月14日(土曜日)午後2時~3時30分
  • 会場 講談社本館講堂(文京区音羽2‐12‐21)
  • 講師 林真理子氏(作家)
  • 定員 400名(事前申込 締切済)
  • 内容 「野心のすすめ」「下流の宴」などのベストセラー作家、林真理子氏の最新作「正妻 慶喜と美賀子」をテーマにした講演。徳川最後の将軍・慶喜、京都公家出身の妻・美賀子、江戸の大物火消・新門辰五郎の娘で慶喜の妾となったお芳。この三人の劇的な人生を描く壮大な大河小説の執筆の裏側も交えながら、慶喜終焉の地である文京区で、慶喜と美賀子の生活と数奇な生涯をたどる。

 

【その他、徳川慶喜没後100年記念事業(主要事業)】

  • 企画展「徳川慶喜生誕・終焉の地ぶんきょう」

    (第一会場)11月29日(金曜日)~12月5日(木曜日)/文京シビックセンター1階アートサロン
    慶喜とその時代の文京区を描いて、改めてふるさと文京を見つめなおす
    11月29日午後4時~オープニングイベント「靖国神社宮司徳川康久氏(慶喜のひ孫)の講話
    (第二会場)12月9日(月曜日)~12月20日(金曜日)/国際仏教学大学院大学

  • 史跡めぐり (第1回)9月28日(土曜日)まち歩き「新・儒学の道‐徳川慶喜公を偲んで」
    (第2回)10月29日(火曜日)バスツアー「徳川家ゆかりの地・水戸を訪ねて」(水戸市協力)
    (第3回)12月6日(金曜日)バスツアー「久能山東照宮と日本平」(静岡市美術館協力)

  • 記念冊子「徳川慶喜生誕・終焉の地ぶんきょう」(9月発行予定)

「まちとつながる仕事」を考え、創り上げます!~新たな公共プロジェクト「文京社会起業講座」がスタートします~

平成25年9月12日
いつ 平成25年9月13日(金曜日)~平成26年2月27日(木曜日)
だれが 文京区区民課(文京区新たな公共プロジェクト事務局)
どこで 東京大学 福武ホール(文京区本郷7-3-1)など
内容

文京区では、新たな公共の担い手専門家会議からの提言「文京区と新たな公共の担い手との協働の推進」(平成24年4月)の実現に向けて、対話等を通じて多様な主体が関わり合いながら、地域課題の解決を図る担い手を創出する「新たな公共プロジェクト」を進めています。
このプロジェクトの一環として、「地域に役立つ仕事をしたい」「もっとビジネスで社会に役立ちたい」という思いを持つ方が、文京区で新しい事業を、共に考え創り上げていくための「文京社会起業講座」がこの秋からスタートします。その皮切りとして9月13日(金曜日)に開催される公開シンポジウムは、文京区が平成23~24年にかけて行ってきた東京大学産学連携本部との共同研究(社会起業家育成アクションラーニング・プログラム)の実績と、新たな公共の担い手専門家会議からの提言の具現化プロジェクトが相まって実現するものです。

 

【活動段階の異なる人を一連のスキームでサポートできる全国的にも珍しい取組です】
「新たな公共プロジェクト」は、地域活動を新たに始める方の掘り起こしや、文京区をフィールドに新たな活動を始める団体の事業構築支援など、地域活動に関心のある方から実際に活動をしている方まで、活動段階の異なる方を一連のスキームでサポートできる仕組みであり、これは全国的にも大変珍しい取り組みです。

 

【文京社会起業講座】
文京区×東京大学(産学連携本部)ソーシャルイノベーション公開シンポジウム
「社会の変化は、新しい仕事を求めている!」~目の前の課題をビジネスチャンスにするオープン・イノベーションの実践方法~

  • 趣旨 社会や地域の様子が大きく変化する中、新たな課題を嘆くのではなく、課題に共に取り組むことで画期的な解決策やそこに眠る事業の芽を見つけ育てていく。そのようなオープン・イノベーションの 手法で、新しい仕事を生み出すにはどうしたらいいかを共に考えるシンポジウム
  • 日時 9月13日(金曜日)午後6時45分~9時
  • 会場 東京大学 福武ホール
  • 内容
    第1部 パネルトーク「変わる社会が新しい仕事を生み出す」
    影山 知明氏(クルミドコーヒー店主、ソーシャルベンチャー・パートナーズ東京ファウンダー)
    ナカムラ ケンタ氏(日本仕事百貨代表、株式会社シゴトヒト代表取締役)
    各務 茂夫氏(東京大学教授、産学連携本部イノベーション推進部長)
    第2部 東京大学・文京区からの挑戦(東大・文京区で新しい仕事を始める人を育成する取り組みなどの紹介)
    コーディネーター 菅原 岳人氏(東京大学産学連携本部助教)
    総合ファシリテーター 広石 拓司氏(株式会社エンパブリック代表)

 

地域活動応援講座

  • 趣旨 コミュニティ運営スキルを体験型講座で学ぶ
  • 内容
    1. ファシリテーション講座
      9月26日(木曜日)午後6時45分~/文京シビックセンター会議室
    2. 参加者が満足し、継続するプロジェクト運営のコツ
      10月10日(木曜日)午後6時45分~/文京シビックセンター会議室

社会起業アクション・ラーニング講座(全7回)

  • 趣旨 地域課題の解決から継続・発展するビジネスを地域でアクションしながら生み出していく講座
  • 内容
    1. アクション・プランニング編(10月24日・11月7日・11月14日)※プロジェクト事業計画作成など
    2. コミュニティ・チャレンジ編(11月28日・12月15日・2月11日・2月27日)※メンターミーティング、公開プレゼンなど

47都道府県から来る代表選手を「おもてなし」の心でお迎えします~区立小学校生徒が「国体応援のぼり」を作成しています~

平成25年9月11日
いつ 平成25年5月~9月
だれが 文京区スポーツ振興課
内容

9月28日(土曜日)より第68回国民体育大会・第13回全国障害者スポーツ大会が「スポーツ祭東京2013」として開催され、文京区でも9月29~30日にサッカー競技(少年男子)が、10月4~7日にはレスリング競技が開催されます。
大会の開催に向けて、文京区立小学校の4~6年生の全クラスでは、全国から集まる各都道府県の代表選手を応援する「国体応援のぼり」を作成しました。各都道府県の代表選手が文京区で気持ち良く競技に取り組めるよう、のぼり1枚1枚に子どもたちが「おもてなし」の気持ちが込めて作りました。全校から集まったのぼり(計113枚)は、文京区で行われるサッカー競技・レスリング競技の大会当日にそれぞれの会場に飾られます。
その他、各会場では「文の京ゆかりの文人銘菓」販売や「国体応援ガイドツアー」が行われるなど、文京区は代表選手をはじめ全国から来る方々を「おもてなし」の心でお迎えします。

【概要】

  • 内容 各都道府県代表選手への応援メッセージを記載
  • 作成 区立小学校(20校)4~6年生全クラス(1クラス1枚)
  • 枚数 計113枚
  • 作成期間 平成25年5~9月
  • 掲出 サッカー(小石川運動場)・レスリング(文京スポーツセンター)に大会当日に掲出

【その他】

「文の京(ふみのみやこ)ゆかりの文人銘菓」を販売(問い合わせ:文京区アカデミー推進課観光担当 電話:03-5803-1174)
  • 文京区内の名店が創作した文京区ゆかりの文人にちなんだお菓子です。
  • サッカー会場の小石川運動場(29日のみ)と、レスリング会場の文京スポーツセンターの出店エリアで販売します。
文の京(ふみのみやこ)国体応援ガイドツアー(問い合わせ:文京区観光インフォメーション 電話:03-5803-1941)
  • 観光ガイドの案内で、歴史と文化のまち「文京区」の魅力を辿ります。
  • 国体会場(小石川運動場・文京スポーツセンター)を出発するガイドツアーです。
    (1) 礫川の寺社を訪ねる(小石川運動場→牛天神北野神社、伝通院、源覚寺等)
    (日時)9月29日(日曜日)午後1時30分から(午後1時から受付)
    (2) 文京の坂と歴史を巡る(文京スポーツセンター→高橋泥舟・山岡鉄舟旧居跡、伝通院、澤蔵司稲荷等)
    (日時)10月5日(土曜日)午後1時30分から(午後1時から受付)
  • (1)(2)とも午後1時から受付。定員30名(先着順)。申し込みは、当日直接各会場の観光協会テント前へ。

※どのPC環境でもご覧いただけるように「高」で表記しています。


文京区の小学生が作成した 「国体応援のぼり」とスポーツ祭東京2013マスコットキャラクター「ゆりーと」

芸術文化の普及と文化活動の促進を図る、区民のための文化祭~「文京区秋の文化祭」の出展作品を募集しています~

平成25年9月4日
いつ (書道展)9月13日(金曜日)まで/絵画展(日本画・洋画)10月4日(金曜日)まで
だれが 文京区アカデミー推進課(協賛:文京区華道茶道連盟・文京区書道連盟・文京美術会)
内容

文京区では、芸術文化の普及と文化活動の一層の促進を目的として、毎年秋に「文京区秋の文化祭」を開催しています。10月から11月にかけて華道展・書道展・絵画展(日本画・洋画)などを開催しており、各展ともに多くの作品が寄せられています。
今年も秋の開催に向けて、区民や区内で活動するサークルの方を対象に、各分野の展示作品の募集を受け付けています。多くの方からの申し込みをお待ちしています。

【作品募集概要】

書道展(会期:10月11日~16日)

  • 作品種別 : 漢字(少時数含む) ・かな ・調和体 ・刻字 ・てん刻(書体は自由)
  • 規格 : 額装・刻字/仕上がり寸法(額を含む)が一辺95cm以内で、かつ縦横の和が150cm以内(必ず裏打ち)
  • 軸装 / 作品の寸法が小画仙紙(半切)以内、軸の仕上がり幅は55cm以内で仮表装以上のもの(仮巻は不可)
  • てん刻 / てん刻作品専用の額(たて39cm×よこ30cm)またはそれ以内のサイズの額を使用すること(必ず裏打ち)
  • 申込締切 : 9月13日(金曜日)必着

絵画展(会期:日本画/10月22日~27日 洋画/11月2日~7日)

  • 作品種別 : 日本画(着色画・水墨画等) ・洋画(油彩画・水彩画・版画等)
  • 規格 : 日本画6号~50号 / 洋画8号~20号
  • 額仕立てのもの(10号以下はガラス使用可。10号を超える作品はアクリル使用か、何も使用しない。額縁の太さは10cm以内)
  • 仕上がり寸法(額縁を含む)は、日本画1367mm×1110mm洋画927mm×806mm以内
  • 申込締切 : 10月4日(金曜日)必着
共通事項 ・対象 : 文京区民及び区内で活動するサークルの方(1人1点)・出品料 : 1,000円

【「文京区秋の文化祭」実施概要】

  • 華道展 10月4日(金曜日)~6日(日曜日)

  • 書道展 10月11日(金曜日)~16日(水曜日)

  • 茶会 10月5日(土曜日)~6日(日曜日)午前10時~(各日先着150名)/席料一席200円
    会場/アカデミー文京茶室「同心庵」(文京シビックセンター地下1階)

  • 絵画展 (日本画)10月22日(火曜日)~27日(日曜日) (洋画)11月2日(土曜日)~7日(木曜日)
    会場文京シビックセンター1階 ギャラリーシビック・アートサロン
    時間午前10時~午後6時(いずれも最終日は午後5時まで) 入場無料

 

華道展絵画展


書道展

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター14階南側

広報課

電話番号:03-5803-1128

FAX:03-5803-1331

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.