報道発表資料(25年6月)

更新日 2013年07月03日

長年培ってきた豊かな経験や知識を、地域社会に活かすための実践講座 ~ミドル・シニアの実践講座(高齢者施設ボランティア講座)が始まりました~

平成25年6月29日
いつ 平成25年6月29日(土曜日)午前9時30分~午後4時30分
どこで シルバーホール(文京シビックセンター4階)
だれが 文京区高齢福祉課
内容

ボランティア活動への関心があっても、実際の活動参加につながらないケースが少なくない中で、この講座はボランティア活動に関心のあるミドル・シニア(概ね50歳以上)の方が、長年培ってきた豊かな経験や知識を地域活動に活かしながら、豊かな高齢期を送るきっかけにしていただくために実施するものです。
6月29日(土曜日)に実施した初日のプログラムには33名の方が参加しました。午前中の講義では、ミドル・シニア世代が心と体の健康を保つためには、ボランティア活動などを通じて社会的なつながりを持つことが大事であることが話されました。また、講座への参加動機を参加者同士で共有する中では、親の介護や地域貢献、仲間づくりといった声が多く聞かれましたが、ボランティア経験に有無に関わらず「文京区や世の中のために何か役に立ちたい」という共通の想いがありました。さらに、午後からの実技講習では車いすの基本的な操作方法や特徴などを習い、実際にシビックセンター内で車いす介助を経験しました。
今後も本講座は継続して行われ、最終日(7月13日)には、実際に高齢者施設でのボランティア実習が予定されています。

【実習プログラム】

  • 1日目ボランティアに関する講演・実技演習
  • 日時 平成25年6月29日(土曜日)午前9時30分~午後4時30分
  • 場所 シルバーホール(文京シビックセンター4階)
  • 内容 講演
    1. 「心と体の健康~人と人とのつながりから~」
      東京都健康長寿医療センター研究所博士(心理学) 鈴木宏幸氏講演
    2. 「ボランティア~そこから生まれるもの~」
      特別養護老人ホーム文京大塚みどりの郷施設長 奈良高志氏
      実技講習「知っているようで知らない?車いす体験と介助の方法」
      高齢者あんしん相談センター富坂センター長(理学療法士) 望月修氏


講座(心と体の健康) シビックセンター内での車いす体験

長年培ってきた豊かな経験や知識を、地域社会に活かすための実践講座 ~ミドル・シニアの実践講座(高齢者施設ボランティア講座)が始まります~【事前PR】

平成25年6月27日
いつ 平成25年6月29日(土曜日)午前9時30分~午後4時30分
どこで シルバーホール(文京シビックセンター4階)
だれが 文京区高齢福祉課
内容

文京区高齢者等実態調査では、ボランティア活動への関心があっても、実際の活動参加につながらないケースが多いことがわかりました。この講座はボランティア活動に関心のあるミドル・シニア(概ね50歳以上)の方が、長年培ってきた豊かな経験や知識を地域活動に活かしながら、豊かな高齢期を送るきっかけにしていただくために実施するものです。
全3日間の講座では、車いすの簡単な操作や認知症に関する知識、相手の話の聞き方など、ボランティア活動にすぐに役立つ講演や演習が行われるほか、実際に高齢者施設でボランティア活動を体験するプログラムも設けています。なお、本事業はミドル・シニアの地域貢献と生きがいづくりを目指す、平成25年度の区の重点施策の一つです。

 

【実習プログラム】

  • 1日目(ボランティアに関する講演・実技演習)
    • 日時 平成25年6月29日(土曜日)午前9時30分~午後4時30分
    • 場所 シルバーホール(文京シビックセンター4階)
    • 内容
      講演(1) 「心と体の健康~人と人とのつながりから~」
      東京都健康長寿医療センター研究所博士(心理学) 鈴木宏幸氏
      講演(2)「ボランティア~そこから生まれるもの~」
      特別養護老人ホーム文京大塚みどりの郷施設長 奈良高志氏
      実技講習「知っているようで知らない?車いす体験と介助の方法」
      高齢者あんしん相談センター富坂センター長(理学療法士) 望月修氏
  • 2日目(傾聴や認知症、ボランティア心得に関する講義等)
    • 日時 平成25年7月6日(土曜日)午前9時30分~午後4時30分
    • 場所 シルバーホール(文京シビックセンター4階
    • 内容
      講義(1)「傾聴入門~『傾聴』の楽しさ、大切さを学びましょう」
      講義(2)「認知症サポーター養成講座」
      講義(3)「より良いボランティア活動をするためのコツ」
  • 3日目(ボランティア実習)
    • 日時 平成25年7月13日(土曜日)午前9時30分~午後4時30分
    • 場所 区内特別養護老人ホーム及び高齢者在宅サービスセンター計9施設

【事業の特徴】

  • 本講座修了者に高齢者施設を紹介し、その後のボランティア活動にもつなげます。
  • 区内の高齢者施設を運営する法人や社会福祉協議会等と協働、開催し、高齢者の実態に即した講座を実施します。

【高齢福祉課のコメント】
ミドル・シニア世代の方に、ぜひこの講座を活用していただき、地域活動のこと、ボランティア活動のこと、介護のこと、そしてご自身やご家族のことを考えるきっかけにしていただきたいと思います。

全日本男子バレーボール元代表 齋藤信治氏がやってくる 「トップアスリートによる一日校長先生」を実施しました

平成25年6月25日
いつ 平成25年6月25日(火曜日)午前9時30分~午後1時30分
どこで 文京区立明化小学校(文京区千石1‐13‐9)
内容

「スポーツ祭東京2013」や2020年のオリンピック・パラリンピックの招致機運が高まる中、全日本男子バレーボール元代表の齋藤信治氏が、区立明化小学校に一日校長先生としてやってきました。全校集会では、バレーボールを始めたきっかけや全日本代表選手として出場したオリンピックの経験談などを話し、チャレンジすること、夢に向かってあきらめないことを子どもたちへのメッセージとして送りました。
その他、4年生を対象としたバレーボール教室や、6年生との給食を楽しむなど、子どもたちと多くの時間を共にしました。実際のスパイクを目の前にして子どもたちからは大きな声援が上がり、子どもたちにとっても貴重な体験となりました。

 

【事業のねらい】

  • 児童・生徒がトップアスリートの考え方や生き方に直接触れることにより、スポーツへの関心を高め、夢に向かって努力したり困難を克服したりする意欲を培い、児童・生徒の生きる力を高め、学校生活の活性化を図る。
  • オリンピック・パラリンピックの理念や価値について理解を深める契機とし、2020年オリンピック・パラリンピックの招致機運を高める。

【齋藤信治氏のコメント(全校集会)】
高校生からバレーボールを始めて、全日本代表選手として北京オリンピックにも出場することができました。うまくいかないこともありましたが、チャンスがあればそこにかけてみようという想いで、あきらめずにチャレンジし続けた結果、オリンピック出場という夢が叶いました。北京オリンピックで勝つことはできませんでしたが、何事もあきらめないことの大切さと、その厳しさを、バレーボールというスポーツから教わりました。みんなも自分の夢に向かって進んでいってほしいです。

 

全校集会での講和 バレーボール教室

全日本男子バレーボール元代表 齋藤信治氏がやってくる 「トップアスリートによる一日校長先生」を実施します【事前PR】

平成25年6月21日
いつ 平成25年6月25日(火曜日)午前9時30分~午後1時30分
どこで 文京区立明化小学校(文京区千石1‐13‐9)
内容

「スポーツ祭東京2013」や2020年のオリンピック・パラリンピックの招致機運が高まる中、全日本男子バレーボール元代表の齋藤信治氏が、区立明化小学校に一日校長先生としてやってきます。全校集会やバレーボール教室など、子どもたちと多くの時間を共にしながら、オリンピックでの経験や夢に向かうことの大切さを子どもたちに伝えます。
トップアスリートの考え方や生き方に直接触れることによって、スポーツへの関心を高めるとともに、夢に向かって努力する姿勢や困難を克服する意欲を培い、子どもたちの「生きる力」を高めていきます。

 

【事業のねらい】

  • 児童・生徒がトップアスリートの考え方や生き方に直接触れることにより、スポーツへの関心を高め、夢に向かって努力したり困難を克服したりする意欲を培い、児童・生徒の生きる力を高め、学校生活の活性化を図る。
  • オリンピック・パラリンピックの理念や価値について理解を深める契機とし、2020年オリンピック・パラリンピックの招致機運を高める。

【一日校長先生(トップアスリート)】

  • 氏名齋藤信治(さいとうのぶはる)氏(全日本男子バレーボール元日本代表選手)
  • プロフィール
    1973年生まれ(39歳)身長205cm(ニックネーム:ノブコフ205)
    ポジションはミドルブロッカー
    2008年北京オリンピックに出場。全日本男子チームとしては1992年バルセロナオリンピック以来、16年ぶりのオリンピック出場を勝ち取った時のレギュラー選手。

【内容】

  • 顔合わせ(9時30分)

  • 教室巡視(9時35分~10時20分)

  • 打ち合わせ(10時20分~10時40分)

  • 全校集会(10時40分~11時15分)※講話(オリンピックの経験や夢に向かうことの大切さ)など

  • 学校設置者への表敬訪問(11時20分~11時30分)

  • バレーボール教室(11時30分~12時10分)※4年生

  • 給食(12時15分~12時55分)※6年生

  • 校庭で子どもたちと交流(12時55分~13時15分)

  • 終了(13時30分)

両都市の交流促進と発展を目指して ~北京市昌平区訪問代表団が文京区長を表敬訪問しました~

平成25年6月18日
いつ 平成25年6月18日(火曜日)午後2時~5時
どこで 文京シビックセンター16階応接室
だれが 文京区アカデミー推進課・北京市昌平区訪問団
内容

平成19年11月に北京市昌平区長が文京区長を表敬訪問して以降、文京区と北京市昌平区は、市民レベルの活動やスポーツ事業など、様々な分野を通じて、両都市の友好関係と相互交流を図ってきました。
このたび、北京市昌平区の訪問団が文京区長を表敬訪問し、両都市の友好交流の輪を広げるとともに、両都市の産業振興発展のため、文京区の代表的な地場産業である医療関連産業の視察を行いました。

【内容】

  • 訪問日平成25年6月18日(火曜日)
  • 内容
    (1)文京区長表敬訪問(14時10分 応接室)
    (2)医療関連企業の視察(15時30分 文京区本郷3-39-15日本医療機器協会)
    ※視察先の日本医療機器協会では、両都市の医療関連産業についての情報交換と意見交換を行いました。
  • 代表団北京市昌平区投資促進局局長(楊嵩氏)を団長とする計5名

【文京区長のコメント】
京区と昌平区とは教育機関の多さなど、お互いの共通点を生かしながら交流を続けてきたが、草の根でつなげてきたこの交流を絶やすことなく続けていきたい。さらには自治体同士のつながりのみならず、青少年やスポーツ・文化など、様々な分野に交流の幅が広がっていくことを期待している。


【北京市昌平区代表訪問団(楊嵩氏)のコメント】
昌平区には43の大学、112の科学研究所が集まり、これは文京区との共通点でもある。今回は文京区の経験からいろいろなことを学びたい。両都市の交流により、住民の豊かな生活につながることを願っている。


文京区長と訪問団団長の楊嵩氏 日本医療機器協会の視察

両都市の交流促進と発展を目指して~北京市昌平区訪問代表団が文京区長を表敬訪問します~【事前PR】

平成25年6月17日
いつ 平成25年6月18日(火曜日)午後2時~5時
どこで 文京シビックセンター16階 応接室
だれが 文京区アカデミー推進課・北京市昌平区訪問団
内容

平成19年11月に北京市昌平区長が文京区長を表敬訪問して以降、文京区と北京市昌平区は、市民レベルの活動やスポーツ事業など、様々な分野を通じて、両都市の友好関係と相互交流を図ってきました。
このたび、北京市昌平区の訪問団が文京区長を表敬訪問し、両都市の友好交流の輪を広げるとともに、両都市の産業振興発展のため、文京区の代表的な地場産業である医療関連産業の視察を行います。

【内容】

  • 訪問日 平成25年6月18日(火曜日)
  • 内容
    (1)文京区長表敬訪問(14時10分 応接室)
    (2)医療関連企業の視察(15時30分 文京区本郷3-39-15日本医療機器協会)
  • 代表団 北京市昌平区投資促進局局長(楊嵩氏)を団長とする計5名

【北京市昌平区について】

  • 北京市北西部に位置し、面積は1,344平方キロメートル(文京区の約103倍)、人口は約90万人。
  • 北京市のハイテク産業基地と位置付けられ、ハイテクや医薬産業の集積を進めています。その他、観光業・コンベンション業・流通サービス業・都市型現代農業にも力を入れています。
  • 中国政法大学など11の大学のほか、北京大学研究院などの科学研究機構が集積しています。
  • 万里の長城に最も近い北京市の区。長城にある難攻不落の関所「居庸関」や、明の時代の皇帝13人の陵墓がある「明の十三陵」(世界遺産)が有名。また温泉が豊富にあり、中国の温泉のふるさととも言われています。

【文京区と北京市昌平区との主な交流】

  • 平成19年11月昌平区長が文京区を訪問
  • 平成21年5月昌平区副区長を団長とする代表団が文京区を公式訪問(今後の交流について意見交換)
  • 平成22年1月昌平区の中学生が北京市青少年訪日団のメンバーとして文京区を訪問(文林中学校・茗台中学校の生徒と交流)
  • 平成22年4月昌平区の国際温泉産業発展会議に文京区長を団長とする代表団を派遣
  • 平成23年10月昌平区の教育関係職員で構成された訪問団が文京区を訪問
  • 平成24年8月日中友好交流都市中学生卓球交歓大会に参加(男女各1名が昌平区生徒とチームを組み参加)

文京区議会副議長、監査委員が決まる

平成25年6月13日
いつ 平成25年6月13日(木曜日)
だれが 文京区議会
内容 6月13日(木曜日)に開催された平成25年第1回区議会定例会において、岡崎義顕(おかざきよしあき 53歳 公明党)氏が、副議長に選任されました。
また、議員選出の監査委員には、高山泰三(たかやまたいぞう 36歳、改革ぶんきょう)氏が選任されました。※年齢は6月13日(木曜日)現在。

区内の中高生が演劇を通じて平和の大切さを呼びかけます!文の京 区民平和のつどい(文京区非核平和都市宣言30周年記念事業)演劇会を開催

平成25年6月11日
いつ 平成25年6月15日(土曜日)午前11時~正午
どこで 文京シビックホール小ホール
だれが 文京区総務課・京華学園演劇部
内容

文京区では、非核平和都市宣言(昭和58年7月13日)をしてから30周年を迎える本年、区民の方々と平和の大切さを改めて考えるため、様々な記念事業を実施します。
6月15日(土曜日)には、京華学園演劇部による演劇会が開催され、過去の戦争の実感が乏しい現代の高校生の視点から「平和」を考え、その大切さを呼びかけます。
文京区は、かねてより平和宣言都市として、様々な事業を通じて平和の大切さを呼びかけてきましたが、このたびのような、区内中高生の演劇会は今回が初めてです。今後も8月に長崎市・公益財団法人長崎平和推進協会との共催による「戦災・原爆資料展」・被爆者体験講話や映画会を開催する予定です。

【演劇会】

  • 日時 平成25年6月15日(土曜日)午前11時~正午(開場:10時30分)

  • 会場 文京シビックホール小ホール

  • 内容 「修学旅行」 畑澤聖悟・作 伊藤弘成・潤色
    現代の高校生が修学旅行で沖縄を訪問します。彼らにとって、沖縄戦の話、ひめゆり部隊の話などを聞いても、なかなか過去の戦争の実感を得ることができません。そんな修学旅行の一夜、女子生徒の一室におけるドタバタを小気味よいテンポで演じます。

  • 出演 京華学園演劇部
    【プロフィール】全国2,500校が参加する全国大会に5回出場し、最優秀賞・優秀賞などを受賞。文化庁・東京都・厚生労働省などからの招聘公演や各地の児童館での公演など幅広い活動を行っています。

  • 入場料 無料

  • 申込不要。当日、直接会場へ。

【記念事業の今後のスケジュール】

  • 戦災・原爆資料展8月1日(木曜日)~5日(月曜日)

  • 被爆者体験講話・映画会「NAGASAKI・1945アンゼラスの鐘」8月2日(金曜日)3日(土曜日) (長崎市・公益財団法人長崎平和推進協会共催)

【文京区総務課のコメント】
京華学園演劇部の元気いっぱいな演技を通じて、争いの空しさ、平和の大切さを呼びかけます。若者からお年寄りまで、全員が楽しめ、考えさせられる内容となっていますので、是非ご覧ください。

体験を通して学び、考え、発表する力を身につける総合的な学習の時間 地域人材と協力した、生涯学習講座が実施されました

平成25年6月7日
いつ 平成25年6月7日(金曜日)午後1時30分~3時30分
どこで 文京区立第九中学校(文京区本駒込3-28-9)
だれが 文京区立第九中学校1・2年生(特別支援学級の1・2年生も一緒です)
内容

文京区立第九中学校では、1・2年生の「総合的な学習の時間」に、地域の方々の協力による生涯学習講座を実施しました。この講座は、教科以外の専門的な分野について、地域の方から広く学ぶ姿勢を育てるとともに、体験の場を通じて、学び、考え、発表する力を身につけることを目的としています。
スポーツや文化・芸術など、幅広い分野で活躍する方をゲストティーチャーとして招き、全10講座を実施しました。各講座、生徒たちが楽しめる様々なプログラムが組まれ、常に笑顔が絶えない楽しい雰囲気で実施されました。地域の大人たちとのふれあいもあり、参加した生徒にとっては、普段の授業では得ることのできない貴重な体験となりました。

【内容】

  • 日時 平成25年6月7日(金曜日)午後1時30分~3時30分(5・6校時)

  • 対象 文京区立第九中学校1・2年生

  • 目的

    • 地域の多様な人材と協力し、教科指導を越えて、生涯にわたり学ぶ姿勢や態度を育てる総合的な場とする。
    • 体験を通して学び、考え、発表する力を身につける。
    • 日本文化の一端に触れる。

スポーツチャンバラ 着付け

体験を通して学び、考え、発表する力を身につける総合的な学習の時間 地域人材と協力した、生涯学習講座が実施されます【事前PR】

平成25年6月6日
いつ 平成25年6月7日(金曜日)午後1時30分~3時30分
どこで 文京区立第九中学校(文京区本駒込3-28-9)
だれが 文京区立第九中学校1・2年生(特別支援学級の1・2年生も一緒です)
内容

文京区立第九中学校では、1・2年生の「総合的な学習の時間」に、地域の方々の協力による生涯学習講座を実施します。この講座は、教科以外の専門的な分野について、地域の方から広く学ぶ姿勢を育てるとともに、体験の場を通じて、学び、考え、発表する力を身につけることを目的としています。
スポーツや文化・芸術など、幅広い分野で活躍する方をゲストティーチャーとして招き、全10講座を実施します。体験学習の前後には、受講する講座に関する事前学習と事後学習及び発表会を行います。このような取り組みは、区内の中学校でも珍しく、毎年、生徒たちにも大好評です。

【内容】

  • 日時 平成25年6月7日(金曜日)午後1時30分~3時30分(5・6校時)
  • 対象 文京区立第九中学校1・2年生
  • 目的
    • 地域の多様な人材と協力し、教科指導を越えて、生涯にわたり学ぶ姿勢や態度を育てる総合的な場とする。
    • 体験を通して学び、考え、発表する力を身につける。
    • 日本文化の一端に触れる。
  • 場所 体育館・武道場・調理室・音楽室・視聴覚室・木工室・校庭・教室

  • 講座・講師各分野の講師による体験学習(1講座20名前後)
  1. スポーツチャンバラ 田中和行(元文京区スポーツ推進委員)
  2. 折り紙中島進(おりがみ会館)
  3. 着付け民族衣裳文化普及協会スタッフ
  4. 演劇ワークショップ 西垣構造(東京演劇集団風)
  5. 蕎麦打ち 櫻流そば打ち研究会スタッフ
  6. 太極拳 豊川紀子(元文京区体育指導委員)
  7. フィットネス 新井るり子(テクノジムジャパン)
  8. 写真 丹野晃(カメラマン)
  9. 囲碁 杉山晃(日本棋院囲碁普及指導員)
  10. ちぎり絵 太田三千代(ハクビ講師)

【担当者のコメント】
教科の学習とはまた違う生徒たちの一面が見られます。明るくまじめに、そして少し戸惑いながらも、自分の選んだ講座に挑戦します。他学年と一緒に普段は味わうことのできない体験をして、貴重で充実した時間となります。

あじさいで涼を感じる…「第29回 文京あじさいまつり」開催

平成25年6月5日
いつ 平成25年6月8日(土曜日)から16日(日曜日)まで
どこで 白山神社境内(文京区白山5-31-26)および白山公園(文京区白山5-31)
だれが 主催:文京あじさいまつり実行委員会、文京区観光協会後援:文京区ほか
内容

6月8日から16日までの9日間、白山神社と白山公園を会場にして「第29回 文京あじさいまつり」が開催されます。会場は、西洋アジサイやガクアジサイ、オークリーフアジサイなど、約20種、約3,000株のあじさいが植えられており、多様な彩りが堪能できる都内有数のあじさいの名所となっております。あじさいが咲き誇る富士塚は期間中のみ公開。土・日曜には、コンサートや模擬店の出店、写生会のほか、歯痛止め信仰で知られる白山神社にて「歯ブラシ供養」(9日・16日)などの催しも行われます。


【あじさいの名所のはじまり】
昭和50年、先代の宮司が6月の「歯の衛生週間」の頃に咲く花ということで富士塚(築山)に約200株のあじさいを植えたことがはじまり。昭和53年度の白山公園改修時に、区は約1,000株のあじさいを植栽。神社と公園が一体となるよう整備し、現在に至っています。

 

【主なイベント情報】
歯痛止め信仰で知られる白山神社にて、珍しい「歯ブラシ供養」が9日と16日に行われます。その他のイベントは以下のとおりです。

  1. 子どもあじさい写生会・模擬店・子どもの本フェア・区内小学生鼓笛隊等による紫陽花コンサート(期間中の土・日)
  2. 文京区観光PR(8・9日)
  3. 災害時に使うロープワーク(9日)
  4. 歯科相談コーナー(9・16日)
  5. 福山市観光PRと物産展(15・16日)
  6. お買い物スタンプラリー(期間中)
  7. お茶接待(土・日曜を除く期間中)
  8. あじさい神輿渡御(16日)

【文京区観光ガイドが案内する『白山・駒込パワースポット巡り』】
6月8日(土曜日)13時30分から2時間程度、文京区観光ガイドが目赤不動や駒込富士神社などの名所・旧跡等を案内します。定員20人(先着順)で参加無料。文京区観光協会テントにて13時から受付。

 

【白山神社】
天暦年間(947~957)に加賀一宮白山神社を現在の本郷一丁目の地に勧請したと伝えられる由緒ある古社。明暦元年(1655)に現在地へ移りました。縁結びの神として崇められている神社ですが、江戸時代より歯痛を止める神様としても庶民から信仰されています。


多様なアジサイの彩りが堪能できる 富士塚のあじさいは年1回まつり期間だけの公開(昨年度の様子)

文京区議会議長が決まる

平成25年6月3日
いつ 平成25年6月3日(月曜日)
だれが 文京区議会
内容

6月3日(月曜日)に開催された平成25年第2回区議会定例会において、渡辺 雅史(わたなべまさし 48歳改革ぶんきょう)氏が、議長に選任されました。

お問い合わせ先

〒112-8555 東京都文京区春日1丁目16番21号

文京シビックセンター14階南側

広報課

電話番号:03-5803-1128

FAX:03-5803-1331

メールフォームへ

より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください

質問:このページの情報は役に立ちましたか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

質問:このページの情報は見つけやすかったですか?

以下の選択肢であてはまるものにチェックを入れてください。

ページの先頭へ戻る

文京区役所

〒112-8555東京都文京区春日1-16-21

電話番号:03-3812-7111(代表)

開庁時間:月~金曜(祝日、年末年始を除く)、午前8時30分~午後5時00分

※一部窓口によって、開設時間が異なります。上記の代表電話から担当課へお問い合わせください。

【交通アクセス】【施設案内】

copyright  Bunkyo City. All rights reserved.